Kリーグ

ソン・フンミン

韓国サッカー発展を阻む「兵役」の現実。日韓格差は広がる? ソン・フンミンもキャリアの危機に

韓国では成年男子に2年間の「兵役」という義務が課される。サッカー選手をはじめとするアスリートにとってはキャリアの全盛期を軍隊に捧げなければならないことを意味する。特に韓国サッカー界では、兵役による影響が競技そのものの発展を阻害しているのが現状だ。アスリートにとって大きな問題になる兵役と、今後どのように向き合っていくべきなのだろうか。実際に海兵隊で約2年間を過ごした経験を持つ韓国人ジャーナリストが論ずる。(取材・文:キム・ドンヒョン【韓国】)

KリーグオールスターはU-22ベトナム代表に完封負けを喫した

韓国リーグオールスター、U-22ベトナム代表に完封負け。自国メディアは「恥さらし」と痛烈批判

7月下旬、ベトナム-韓国修好25周年記念事業の一環として、Kリーグオールスター対U-22ベトナム代表の一戦がハノイで開催された。韓国側はベトナム市場開拓、ベトナム側は代表チーム強化を主眼としたマッチメークであったが、格上と見られたKリーグオールスターに対しU-22ベトナム代表が勝利。終始主導権を握られての敗戦に、韓国メディアは厳しい批判の声をあげている。(取材・文:宇佐美淳【ベトナム】)

20170722_vietnamkorea_getty

ベトナムに近づく韓国サッカー界。Kリーグオールスター遠征…スター選手が架け橋に

昨年は日本のJリーグとの交流が目立ったベトナムサッカー界だが、今年になって隣国・韓国との関係を強化し始めている。韓越国交樹立25周年を迎え、ベトナムからスター選手のKリーグ移籍したり、U-22ベトナム代表とKリーグオールスターの親善試合が企画されたり、急速に関係を深めている。積極的に交流を進める両国の意図とはどんなものなのだろうか。(取材・文:宇佐美淳)

新着記事

↑top