ラツィオ

開幕戦ゴールの本田。「非難」を乗り越え、ミラン復活に導くか。その先に超一流の領域がある

開幕戦ゴールの本田。「非難」を乗り越え、ミラン復活に導くか。その先に超一流の領域がある

ACミランの本田は、セリエA開幕戦となったホームでのラツィオ戦で先制ゴールを決めた。インザーギ監督の初陣での初得点は大きな成果だが、課題も見えた。数多い非難の声を乗り越え、ミランを復活へと導く存在となるか。

20140831_hondagetty

ミラン・本田、右ウイングで先発濃厚。相手は実力伯仲のラツィオ。チームの救世主となるか、実力が試される

セリエA開幕戦に向けて、地元紙はACミランの本田圭佑を右ウイングの位置で先発に予想している。対戦するラツィオはEL出場権獲得を狙う直接のライバル。プレシーズンに見せたパフォーマンスは本物か、実力伯仲の相手に本田の力が試される。

実は高かった攻守にわたる貢献度。失点招いた本田の途中交代、セードルフ采配は完全に裏目に

実は高かった攻守にわたる貢献度。失点招いた本田の途中交代、セードルフ采配は完全に裏目に

途中交代させられた本田圭佑が監督に疑問を投げかけた。それもそのはず、この日の本田は機能していた。ミランはその後痛恨の失点。本田とバロテッリの交代が試合の分岐点になってしまった。

ラツィオ戦の本田に現地評価は割れる。「慣れてきている」「存在感なく『幽霊』」「今までよりいい」

本田圭佑についてイタリアの三大紙の評価が分かれている。まずまずの評価が下される一方で、存在感のなさを指摘する厳しい声もあった。

賛否両論の本田評、現地では擁護論も。「カカと大差ない。トップ下で交互にプレーすべき」

賛否両論の本田評、現地では擁護論も。「カカと大差ない。トップ下で交互にプレーすべき」

途中交代となったラツィオ戦、本田圭佑の評価は分かれた。「ネガティブ」と『5点』を付ける記者もいたが、『6点』を付ける記者も。得意なポジションでプレーしていないことへは擁護論も出た。

セードルフ監督は擁護するが――。「追加点欲しかった」、本田を途中交代させた悲しき理由

セードルフ監督は擁護するが――。「追加点欲しかった」、本田を途中交代させた悲しき理由

23日、アウェイでのラツィオ戦を1-1のドローで終えたミラン。本田圭佑は先発に復帰したが、追加点の欲しい場面で交代となった。試合後にセードルフ監督は本田を擁護したが…。

20140309_honda1

23日ラツィオ対ミラン、現地紙は驚きの本田・左サイドを予想。追い詰められた指揮官による奇策は成功するか?

23日、ラツィオとのアウェイ戦に挑むACミラン。現地のガゼッタ・デロ・スポルト紙は予想スタメンを発表し、本田圭佑を驚きの左サイドでの先発とした。トップ下にはポーリ、右にはカカと予想している。

ミラン指揮官が解任論を否定「誰も次の2試合が私の未来を決定するとは言っていない」。本田の右サイド固定も強調

ミラン指揮官が解任論を否定「誰も次の2試合が私の未来を決定するとは言っていない」。本田の右サイド固定も強調

ミランのセードルフ監督は22日、ラツィオ戦を前日に控え、記者会見を行った。指揮官への風当たりも強くなり、解任論への質問も出たが、本人はそれを完全否定。本田の起用法にも言及した。

新着記事

↑top