リーグアン

フットボールマネーを追え!【08】選手人気とシャツ売上の相関関係、そしてなくならないバッタ屋

フットボールマネーを追え!【08】選手人気とシャツ売上の相関関係、そしてなくならないバッタ屋

クラブ経営に欠かせないレプリカシャツの売上。1年で100万枚以上を売るクラブもあるというからその額はかなり大きくなる。果たしてどんな選手が人気で、そこに強さとの相関関係はあるのか。

フットボールマネーを追え!【07】アディダスとナイキ、火花を散らす2社。マンUはシャツ契約で100億円以上の利益

フットボールマネーを追え!【07】アディダスとナイキ、火花を散らす2社。マンUはシャツ契約で100億円以上の利益

あらゆるスポーツにおいて御馴染みのブランド、アディダスとナイキ。この2社はご存知の通り、サッカーでも激しい争いを繰り広げている。ゲームシャツが飛ぶように売れることも相まって、クラブには胸スポンサーから莫大な契約金が入ってくる。

「ダメチーム」から「ドリームチーム」へ。イブラ不在のPSG、今季不調もバルサ撃破で一気に格上げ

「ダメチーム」から「ドリームチーム」へ。イブラ不在のPSG、今季不調もバルサ撃破で一気に格上げ

チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節、PSGはホームでバルセロナを3-2で破った。リーグ戦は低調なスタートとなり、ズラタン・イブラヒモビッチも負傷離脱というなかでの金星に地元でも驚きの声が上がっている。

コートジボワール代表DF、同僚の退場処分を阻止しようと主審からレッドカードを振り落す

コートジボワール代表DF、同僚の退場処分を阻止しようと主審からレッドカードを振り落す

リーグ1のギャンガンに所属するコートジボワール代表DFベンジャミン・アングアが、27日に敵地で行われたリーグ第8節のモンペリエ戦で、同僚のマリ代表GKママドゥ・サマッサが一発退場に科された場面で、主審のレッドカードを阻止しようと手で払い落とすという大胆な行動を取った。28日の英大衆紙ミラーなど複数メディアが報じた。

フットボールマネーを追え!【06】クラブの収益源“胸スポンサー”。しのぎを削る中東3社。オイルマネー背景に存在感高める

フットボールマネーを追え!【06】クラブの収益源“胸スポンサー”。しのぎを削る中東3社。オイルマネー背景に存在感高める

欧州クラブの収益源において重要な存在であるユニフォームの胸スポンサー。各クラブは莫大な金額で契約を結んでいる。その中でも近年、勢いを強埋めているのがエミレーツ、カタール、エティハドの中東3社だ。

10ヵ月分の怒りを爆発させたイブラヒモビッチ。久々の代表公式戦で大暴れ! 肘打ち見舞う

10ヵ月分の怒りを爆発させたイブラヒモビッチ。久々の代表公式戦で大暴れ! 肘打ち見舞う

リーグ1のPSG(パリ・サンジェルマン)に所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、8日に敵地で行われたオーストリアとの2016年欧州選手権予選グループG第1節で大暴れした。9日の英メディアが報じた。

20140529deschamps_getty

もはやリベリーは必要ない? 若手中心でリスタートしたフランス代表。「ポグバマニア」なる熱狂的ファンも

2年後の自国開催となるユーロへ予選なしで挑むフランス代表。若手の力で8強入りを果たしたブラジルW杯では大きな可能性を示したが、親善試合のみというハンデを乗り切るため、デシャン監督は更なる底上げに着手している。

最新FIFA公式サッカーゲーム「FIFA 15」で最強なのはメッシ! 続いてクリロナ

最新FIFA公式サッカーゲーム「FIFA 15」で最強なのはメッシ! 続いてクリロナ

FIFA(国際サッカー連盟)の公式ライセンスゲーム「FIFA 15」の販売会社EA(エレクトロニック・アーツ)は7日、選手の能力値ランキングのトップ50を発表し、ラ・リーガのバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが100点中93点で最強の選手となった。

主力放出に激怒。モナコファンがシーズンチケットを払い戻しを要求

主力放出に激怒。モナコファンがシーズンチケット払戻を要求

モナコのサポーター団体が、今夏の移籍市場でクラブが昨季の躍進を支えた主力のコロンビア代表FW2選手、ハメス・ロドリゲスとラダメル・ファルカオを放出したことに不満を示し、大挙してシーズンチケットの払い戻しを計画している事が明らかとなった。3日の英メディアが報じた。

フットボールマネーを追え!【03】Jリーグが見習うべき欧州スタジアムの『おもてなし』。工夫は観客を呼び、“どんぶり勘定”はリーグ衰退を招く

フットボールマネーを追え!【03】Jリーグが見習うべき欧州スタジアムの『おもてなし』。工夫は観客を呼び、“どんぶり勘定”はリーグ衰退を招く

クラブ財政の主となるマッチデー収入に直結するスタジアムの『おもてなし』能力。プレミアリーグやブンデスリーガは完璧な事業計画とともに観客のニーズに応えるべく、様々な工夫や成長を続けている。その一方で、セリエAは“どんぶり勘定”によって経営を難しくさせ、リーグ自体の競争力も低下を続けている。

新着記事

FChan TV

↑top