監督

アギーレ新監督に期待するトルシエ時代の再燃。今の日本サッカーに必要なのは“バトル”ではないか?

アギーレ新監督に期待するトルシエ時代の再燃。今の日本サッカーに必要なのは“バトル”ではないか?

毎週週替わりのテーマを肴に複数の識者が議論を交わす『J論』。今週のテーマは「日本代表アギーレ新監督に期待すること、不安に思ってしまったこと」。8月11日に行われた就任記者会見では強い意欲を語った新指揮官だが、新生日本代表の前に問題は山積している。会見から見えてきたこと、そして不安要素とは......。今回登場する博識の党首・大島和人がアギーレ氏から感じ取るのは衝突と論争の気配だという。しかし、それは決してネガティブなニュアンスではない。

専門家が指摘する日本代表のメンタル面での問題。今後の日本サッカーに必須な育成年代からの“心の強化”

専門家が指摘する日本代表のメンタル面での問題。今後の日本サッカーに必須な育成年代からの“心の強化”

ワールドカップ・ブラジル大会の日本代表の戦いぶりを見て、多くの人が不完全燃焼で大会を終えた印象を受けたはずです。事実、選手たちからも「自分たちのサッカーが見せることができなかった」というような発言がありました。メンタルトレーニングコーチとして多くのアスリートをサポートする大儀見浩介氏は、メンタル面での重要性を説いています。今後、日本サッカーが成長するために、メンタルの部分ではどんなアプローチをしたらいいのでしょうか。

選手選考、戦術、規律、育成――。代表を追う記者が4テーマから読み解く、ザックとアギーレ監督の違い

選手選考、戦術、規律、育成――。代表を追う記者が4テーマから読み解く、ザックとアギーレ監督の違い

8月11日、来日会見を行い船出したアギーレ体制での日本代表。当然、まだ見えない部分も多々あるが、現段階で読み解くことができる部分もある。果たして、前監督と新監督は何が違うのか? 代表を取材し続ける記者が迫る。

金銭問題? スポンサーの“嫌韓”? 韓国でも大きな衝撃を与えた鳥栖のユン前監督解任劇。決別の真相は未だ謎のまま

金銭問題? スポンサーの“嫌韓”? 韓国でも大きな衝撃を与えた鳥栖のユン前監督解任劇。決別の真相は未だ謎のまま

J1で首位に立つなど、結果を残しながらシーズン途中に解任したサガン鳥栖のユン・ジョンファン前監督。この事態は、ユン前監督の母国・韓国でも大きく報道されている。果たして、この人事の真相はどこにあるのだろうか?

イケメンすぎると話題のセレッソ大阪新監督。7人の子を持つビッグダディだった!

イケメンすぎると話題のセレッソ大阪新監督。7人の子を持つビッグダディだった!

ブラジルワールドカップ開催による約2ヶ月の中断期間を経て、今週末からJ1リーグが再開される。もっとも、その前の7月15日には、ACLの出場により未消化となっていた試合を、サンフレッチェ広島、横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、セレッソ大阪の4チームが消化。一足先に、リーグ戦再開となっている。

中村俊輔もびっくり! セルティック新監督候補に6歳の子供が志願、履歴書送付

中村俊輔もびっくり! セルティック新監督候補に6歳の子供が志願、履歴書送付

今夏、新監督を探していたスコットランド1部リーグのセルティックに6歳の子供が自らの履歴書を送付し、志願していたことが話題となった。21日の英メディアが報じた。

元Jリーガー・西村卓朗の新たな挑戦 第10回 1部昇格をかけた厳しい戦いの中で見えたこと

元Jリーガー・西村卓朗の新たな挑戦 第10回 1部昇格をかけた厳しい戦いの中で見えたこと

サッカー批評誌上で2007年から5年間「哲学的思考のフットボーラー 西村卓朗を巡る物語」という連載を行っていた西村卓朗氏。現役引退後、VONDS市原の監督として新たな一歩を踏み出しました。

部活動に“顧問”は必要か? ある教師の悲痛な叫びから考える、教師も生徒も疲弊する顧問強制問題

部活動に“顧問”は必要か? ある教師の悲痛な叫びから考える、教師も生徒も疲弊する顧問強制問題

日本の多くのスポーツの土台となっている、学校教育における部活動。ある教師はそこに疑問を投げかけた。部活動における顧問制度がなぜ強制されるのか、と。顧問をすることで教師はほとんど休みがなくなる。なぜこのような問題が起こってしまうのか。

日本人チームを躍動させる決断力の磨き方

日本人チームを躍動させる 決断力の磨き方

強い組織をつくるマネジメント術

20130811_okazaki

Win-Winだった岡崎の獲得。抜群のコスパを誇るマインツの躍進に見る、お金がなくても強いチームの秘密

安定した経営で興隆を極めるブンデスリーガ。圧倒的な資金力を誇るバイエルンが独走状態だが、コストパフォーマンスの面を見ると“陰の王者”が存在する。巧みな経営、マネジメントで健闘するクラブの秘密に迫る。

TV放映権料1位はマンUだが――。データで読むプレミアリーグ、最もコスパの良いクラブは?

TV放映権料1位はマンUだが――。データで読むプレミアリーグ、最もコスパの良いクラブは?

いま世界でもっともリッチなリーグであるイングランド・プレミアリーグ。莫大な放映権収入が各クラブに分配され、選手の年俸も非常に高額である。プレミアクラブのコストパフォーマンスを検証する。

マンUが捨て去った「長期展望」の伝統。モイーズが犯したピッチでの失敗、選手の離心を招いた拙い人心掌握術

マンUが捨て去った「長期展望」の伝統。モイーズが犯したピッチでの失敗、選手の離心を招いた拙い人心掌握術

マンチェスター・ユナイテッドがデイビッド・モイーズ監督をわずか10ヵ月で解任。ピッチ内外に及んだ失敗は短命に値するものだった。一方で、クラブが誇りを持っていた「長期展望」の伝統を捨て去ったことも事実だ。

マンU不振、モイーズだけの責任か? 賛否両論の監督解任だが、現地識者が声を揃える“選手の裏切り”

マンU不振、モイーズだけの責任か? 賛否両論の監督解任だが、現地識者が声を揃える“選手の裏切り”

マンチェスター・ユナイテッドがモイーズ監督を解任した。成績不振は明らかだが、シーズン途中、しかも6年契約の1年目ということもあり、現地識者の意見は割れた。だが、声を揃えることもある。選手の“裏切り”だ。

周囲の反応が拍車をかけた! モイーズ監督解任騒動。レゴブロックも便乗

周囲の反応が拍車をかけた! モイーズ監督解任騒動。レゴブロックも便乗

マンチェスター・ユナイテッドが22日、デイビッド・モイーズ監督を解任した。就任10ヵ月でのスピード解任となり、奇しくも25日に51歳の誕生日を迎える前に就任51試合での更迭となった。

新着記事

↑top