マリオ・ゲッツェ

「W杯ベスト美人はゲッツェの彼女で決まり」決勝点決めたゲッツェ、勝利の女神とハグ

ブラジル・ワールドカップ決勝戦、ドイツ対アルゼンチンの試合で延長後半に決勝ゴールを決めたFWマリオ・ゲッツェに勝利の女神が舞い降りた。

ドイツを優勝に導いた理想と現実の“バランス”。アルゼンチンを上回った“総合力”

ブラジルW杯決勝は、延長線にもつれこむ接戦となったが、ドイツがゲッツェのゴールで競り勝った。メッシという稀代の天才を擁するアルゼンチンを突き放すことができたのはなぜか? そして大会を通じて見えたドイツの強さとは?

明暗を分けた選手層。シュールレとゲッツェ、交代選手が試合を決めたドイツ。低調なパフォーマンスに終始したアルゼンチン

ブラジルW杯決勝。勝敗を分けたのは交代出場選手のプレーだった。ドイツはシュールレとゲッツェが試合を決め、アルゼンチンはアグエロとパラシオが低調なパフォーマンスに終わった。

良くも悪くもペップ・バイエルンの“模倣”となったドイツ代表。ポゼッションスタイルは実現もW杯では「危険な綱渡り」

ペップ・バイエルンのポゼッションスタイルを模倣したドイツ代表。カメルーンとのテストマッチではカウンターへの弱さも露呈した。本大会まで残り1試合と限られた時間で精度を上げる事ができるのだろうか。

22試合で22通りの布陣、無限の流動性。ペップ・バイエルンは本当に複雑なのか?

ペップ・バイエルンのサッカーは見ていて楽しい。だが、どこか“複雑”に思えなくもない。一つとして同じ布陣で戦うことなく、無限にポジションチェンジを繰り返す。複雑に思っても無理はないかもしれないが、彼らから発せられるのはシンプルなメッセージだ。

ドルトムントを圧倒した“スーパー・バイエルン”。ブーイングを静寂に変えた“裏切り者”ゲッツェ

先週末、バイエルンがライバルであるドルトムントを一蹴した。アウェイで3-0。ゲッツェの“強奪”により新たな因縁も生まれ、スタジアムには喜怒哀楽が渦巻いていた。

新着記事

↑top