ネイマール

20140118_nei

なぜネイマールは機能しメッシは守備をするようになったのか? バルサと数学の意外な関係性

グアルディオラが去ったバルセロナは、一時の輝きを失ったと言われたが、それでも、現在バルセロナはリーガを独走している。書籍『バルセロナの哲学はフットボールの真理である』では、一貫したフィロソフィーの根幹に迫っている。同書の監修者である村松尚登氏が解説する。

ブラジルの至宝、ネイマールはいかにしてサントスに才能を見出されたのか?

ブラジルの至宝、ネイマールはいかにしてサントスに才能を見出されたのか?

ブラジルサッカーの未来を背負うネイマール。天才と呼ぶに相応しい選手だが、王国では才能のある選手は珍しくない。その中から将来セレソンになれる選手はごくわずか。才能はいかにして磨かれたのか。最新号の『サッカー批評issue66』(双葉社、1月10日発売)では、“10番”の源泉、サントスを訪ねている。その一部を紹介する。

2014年、世界のサッカーを動かす50人

2014年、世界のサッカーを動かす50人

2014年、世界のサッカーシーンを動かす人物は誰なのか。フットボールチャンネルでは編集部内でのアンケートを元に50人を選出した。(文中敬称略)

優勝以外は無意味、頂点のみを目指す王国・ブラジル。W杯で懸念される唯一の不安材料とは?

優勝以外は無意味、頂点のみを目指す王国・ブラジル。W杯で懸念される唯一の不安材料とは?

W杯を開催国として迎えるブラジル。狙うは当然優勝だが、ノルマも優勝。王国にとって頂点以外は意味を持たない。スコラーリのサッカーは手堅く、守備は安定。ネイマールもオーラが出てきた。だが、不安材料もある。優勝したときの共通点が今のチームにはまだない。

新着記事

↑top