大迫勇也

ギリシャ戦ハーフタイム速報。相手退場で「バイタルエリアが空いた」。後半は「風下のなり、ロングボールに注意」

ギリシャ戦ハーフタイム速報。相手退場で「バイタルエリアが空いた」。後半は「風下のなり、ロングボールに注意」

ブラジル・ナタルで行われている日本対ギリシャ。前半はどのような出来だっただろうか。現地取材する記者に聞いた。

20140619_zac_getty

ギリシャ戦プレビュー。撃破のポイントは「前線からのプレス」。コートジボワール戦最大の敗因を修正できるかがカギを握る

勝利が絶対条件となったギリシャ戦。この試合で勝利のカギとなるのが“前線からのプレス→ショートカウンター”の成否だ。コートジボワール戦では機能せず、最大の敗因となったが中4日での修正が必須となった。

20140615_osako_getty

大迫、1トップで先発も不発「全ては勝てなかったことが悔しい」

14日22時(日本時間15日10時00分)に行われた日本代表対コートジボワール代表戦。試合直後に大迫勇也が語った。

20140615_daihyo_getty

日本対コートジボワール。同じ形で2失点。大会前の課題がそのまま敗因に【どこよりも早い採点】

6月15日(日本時間)、日本対コートジボワールの一戦が行われ、1対2で日本は敗れた。ザックジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

仮想コートジボワールとして最適だったザンビア。大久保1トップ、ザックの構想外で先発争いはさらに混迷

仮想コートジボワールとして最適だったザンビア。大久保1トップ、ザックの構想外で先発争いはさらに混迷

なんとか逆転勝利したザンビア戦。守備での不安は残ったが、仮想コートジボワールとして適した相手だったのではないか。注目の1トップ争いはさらに混迷の様相。ザックは大久保の1トップをあまり考えていないのかもしれない。

20140607_ookubo_getty

日本対ザンビア。守備に大きな不安。1トップ争いは大久保がリードか【どこよりも早い採点】

6月6日(現地時間)、日本対ザンビアの一戦が行われ、4対3で日本が勝利した。ザックジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

ザンビア戦直前プレビュー。長谷部、長友、酒井高は欠場濃厚。“秘密兵器”齋藤学の起用はあるか?

ザンビア戦直前プレビュー。長谷部、長友、酒井高は欠場濃厚。“秘密兵器”齋藤学の起用はあるか?

日本代表は日本時間7日8時30分、ザンビア代表とW杯前最後となるテストマッチを行う。長谷部、長友、酒井高の欠場の可能性が高まるが、過去2試合で出場機会が無かった齋藤学の起用はあるのだろうか。

【W杯】コスタリカ戦での“調整”は予定通り。決定打に欠いた大迫と柿谷、収穫は大久保の存在感

コスタリカ戦での“調整”は予定通り。決定打に欠いた大迫と柿谷、収穫は大久保の存在感

キプロス戦に続いてテストと調整だったコスタリカ戦。果たして試合勘で不安視されていた選手たちの仕上がり具合はどうだったのか。また、この試合から見えてくるザンビア戦の展望とは?

コスタリカに快勝も残る本田への不安。ワントップだけでなく、前線全体のテコ入れをする可能性も

コスタリカに快勝も残る本田への不安。ワントップだけでなく、前線全体のテコ入れをする可能性も

6月2日(現地時間)、日本対コスタリカの一戦が行われ、3対1で日本が勝利した。先制された日本だったが、後半に3得点。逆転勝ちした。コンディションの向上が見られたこの試合、注目すべきは1トップを含めた攻撃陣の人選だ。

新着記事

FChan TV

↑top