パレルモ

本田&アバーテの右サイド、アンカーのデ・ヨング。武器を封じられたミラン。求められる“プランB”の確立

パレルモに0-2と敗れたミラン。ユベントス戦以来、6試合ぶりの敗戦となったが、パレルモによる徹底した分析と対策がミランのキーマン、デ・ヨング、アバーテ、本田を抑え込んだ。

“本田はなぜ消えた?”現地記者が的確な指摘。インザーギ監督への批判も「戦術が洗練されていない」

セリエA第10節が現地時間の2日に行われ、ミランはホームでパレルモに0-2と敗北を喫した。なぜミランはなすすべなく敗れたのか。そして本田のパフォーマンスはどうだったのか。現地記者に聞いた。

7日間で3試合目。過密日程にも「唯一の例外」。パレルモ戦先発有力の本田、外から中への動きがカギを握る

中3日で迎えるパレルモ戦、地元メディアは本田圭佑の先発を予想している。結果の出ないFW陣にあって、唯一継続した活躍を見せているため期待は高い。チームを勝利に導くパフォーマンスを発揮できるだろうか。

2戦連続ノーゴールの本田、パレルモ戦は強引なチャンスメイクができるか。地元紙は休養の可能性も示唆

中3日で迎えるセリエA第10節パレルモ戦、地元紙は本田圭佑が休養を与えられる可能性も示唆した。2試合連続ノーゴールに終わったこともあって疲れの影響も指摘されている。

ACミラン、セードルフ監督は37歳。最年少は誰? 4大リーグの青年監督たち

セリエA第21節、ACミランがMF本田圭佑による決勝アシストによってカリアリを下した試合は、日本のニュースを席巻した。視点をベンチに向けてみると、両クラブともに30代の監督が指揮を執る「青年監督対決」だったことが分かった。

新着記事

↑top