ピエール=エメリク・オーバメヤン

20141103_aubame

自動降格圏のドルトムントにまた災難。オーバメヤンの“足”が・・・

ブンデスリーガ第10節でバイエルン・ミュンヘンに敗れ5連敗となり、ついに自動降格圏の17位まで落ちてしまったボルシア・ドルトムント。そのドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンが災難に見舞われた。2日のドイツ紙『ビルド』が報じている。

「CLでの狂喜再び」。完璧な試合運びでアーセナルを下したドルトムント。地元紙は早くも2季ぶり決勝進出に期待

「CLでの狂喜再び」。完璧な試合運びでアーセナルを下したドルトムント。地元紙は早くも2季ぶり決勝進出に期待

欧州チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節、ドルトムントはアーセナルを2-0で下した。ユルゲン・クロップ監督は、試合後にほぼ完璧な試合運びだったことを明かしたが、地元紙も一様に高い評価を与えている。

「ゲーゲン・プレッシング+ 0トップ」。再び欧州を席巻へ、得点シーンに凝縮されたドルトムントの新戦術

「ゲーゲン・プレッシング+ 0トップ」。再び欧州を席巻へ、得点シーンに凝縮されたドルトムントの新戦術

2-0でアーセナルを下したドルトムント。今季、レバンドフスキに変わってインモービレを獲得したクロップ監督は、どのような変化を加えたのだろうか? この試合から、新たな戦術が見えてきた。

“ドルトムントらしい勝利”。カギは攻撃的CB。積極的な縦方向への意識がスピードある前線を生かす

“ドルトムントらしい勝利”。カギは攻撃的CB。積極的な縦方向への意識がスピードある前線を生かす

欧州チャンピオンズリーグ第1節、ドルトムントはホームにアーセナルを迎え、2-0で勝利した。香川真司は欠場となったものの、ドルトムントらしい内容での勝利には“攻撃的センターバック”の存在があった。

20140321_krop

今季もCLベスト8、強さ維持しているが――。なぜドルトムントは今なお香川真司の復帰を望むのか?

ゼニトを退け、CLベスト8入りを決めたドルトムント。未だ強さを維持しているが、それでも香川真司の復帰を望む声は強い。マンチェスターでの不遇は当然影響しているが、それ以上の理由がある。

新着記事

↑top