清水エスパルス

「オレンジ」がJ2に落ちる日。断崖絶壁の清水で大榎監督は活路を見出したのか?

「オレンジ」がJ2に落ちる日。断崖絶壁の清水で大榎監督は活路を見出したのか?

2014年のJ1リーグも、いよいよ12月7日に最終節を迎えようとしている。優勝、残留などそれぞれ目指す場所は違えども、12月6日の15時30分から始まるゲームで、クラブの命運が分かれるのは同じ。現在15位の清水を追う田中芳樹は、シーズン途中からクラブを背負うことになったレジェンド監督の目線で現状を紐解く。

【番記者が追う】残留争い強いはずが――。昇格10年目で最大のピンチ、大宮に何が起こったのか?

【番記者が追う】残留争い強いはずが――。昇格10年目で最大のピンチ、大宮に何が起こったのか?

J1も残りあと1試合となった。残留をめぐる争いも最後の試合の結果に託されることとなった。15位・清水に勝ち点で3の差をつけられ、窮地に陥った16位・大宮。例年、勝負強さを見せ、残留争いは強かったはずだが、今季は最大のピンチに。一体、何が起こったのか?

【天皇杯準決勝プレビュー】「横浜決戦」を懸け、いざ出陣

【天皇杯準決勝プレビュー】「横浜決戦」を懸け、いざ出陣

天皇杯準決勝は、11月26日の19時に開催。組み合わせの関係上、日産スタジアムでの決勝戦がJ1対J2になることはすでに決定している。それぞれのリーグの代表として、12月13日のファイナルに進むチームはどこか。

C大阪、南野のザルツブルク移籍を発表。「またセレッソに貢献出来るような選手に」

熾烈極まるJ1残留争い。優位に立つ仙台と清水、追い詰められた大宮とC大阪。各クラブ生き残り条件は?

混戦続くJリーグ。優勝争い同様、熱い盛り上がりを見せているのが残留争いだ。32節を終え、名古屋と甲府が脱出。残りは4クラブに絞られた。果たして勝ち抜けの条件はどうなっているのか? 勝ち点、残り試合から整理する。

“運命の選択権”を手にした清水。「J2経験なし」クラブの誇りは守れるか? 熾烈な残留争いに臨む

“運命の選択権”を手にした清水。「J2経験なし」クラブの誇りは守れるか? 熾烈な残留争いに臨む

2014年のJ1も残り3試合。セレッソ大阪が降格圏の17位に沈み、清水エスパルスは残留圏ギリギリの15位に位置している。最終節までもつれる可能性もある熾烈な残留争いを制するのはどのチームなのだろうか。

20141103_oshima_getty

川崎F 、V戦線脱落。得点演出も致命的ミスの大島「技術や判断を見つめ直す」。ブレない信念の下、真の強者を目指す

優勝争いに加わりながら大事なところで勝ちきれない川崎フロンターレ。この日の清水エスパルス戦も後半終盤に失点を喫して逆転負け。失点のきっかけを作った川崎の司令塔・大島僚太は、誰よりも責任を感じている。

20141031_data1

【J1第31節プレビュー】優勝、そして残留を懸けたサバイバルゲーム

最終節に近づくにつれ、1試合の重みが増していくリーグ終盤戦。勝者と敗者の明暗をこれまで以上にはっきりと映し出す、トーナメントのような戦いが続く。緊張感のあるゲームを勝ち抜き、目標にたどり着くチームはどこになるのか。今回もデータを基に、混戦のJ1を読み解いていきたい。

20141019_honda_getty

厳しい戦い続く清水、横浜FMの攻撃止められず敗北。J1残留へもう負けられない。求められるアグレッシブな姿勢

16位と残留争いを強いられている清水エスパルス。公式戦ここ2試合はともに勝利し、浮上のきっかけを掴みかけていた。しかし、この日の横浜F・マリノス戦では勝点を積み上げることができなかった。

【天皇杯準々決勝プレビュー】ラウンド8。天下取りに一歩近づくチームは

【天皇杯準々決勝プレビュー】ラウンド8。天下取りに一歩近づくチームは

佳境に差し掛かるリーグ戦と同様に、日本一のクラブを決めるトーナメントもここから徐々に激しさを増していく。開催は10月11日と15日。今回は準々決勝の全4試合のプレビューをお送りする。

リーダーの風格漂う家長昭博。責任感あるプレーで大宮を残留へ導けるか

リーダーの風格漂う家長昭博。責任感あるプレーで大宮を残留へ導けるか

J1残留を目指す大宮アルディージャにあって、家長昭博の質の高いプレーは群を抜いている。相手の寄せにも全く動じず攻撃を司り、試合を決めるゴールも奪う。誰よりも頼れる天才レフティーがチームを勝利へ導く。

【J1第27節プレビュー】繰り返される「下克上マッチ」

【J1第27節プレビュー】繰り返される「下克上マッチ」

リーグ戦は残り8試合。ラストスパートを図る各チームの熱が、順位の変動にも良く表れている。

20140928_izumi_getty

大宮が見せつけた確かな残留力。大卒ルーキー泉澤に継承される粘りのDNA

NACK5スタジアムがオレンジ色に染まった大宮アルディージャと清水エスパルスの一戦。試合前の順位は大宮が17位、清水は15位。大宮が勝てば順位が入れ替わるという試合だった。

20140926_oomiyasimizu

【J1第26節プレビュー】実力伯仲のライバル対決。順位逆転なるか

残り9試合となり、2位と勝点6差で浦和が首位。4連勝中と好調を維持しており、19節から守ってきたトップの座は、そう簡単には揺るぎそうにない。優勝へのカウントダウンも聞こえ始めた一方で、ACL出場権や賞金圏内、残留を懸けた戦いは今なお混戦模様。5位のG大阪は、勝点1差で4位の鳥栖とホームで戦う。17位の大宮は勝点3差で15位の清水と、12位の新潟は勝点2差で11位の名古屋と対戦。今節は、順位で逆転が可能な上記3つの「直接対決」を取り上げる。

新着記事

↑top