Home » サガン鳥栖 » Page 56

サガン鳥栖の記事一覧

豊田が代表にいる意味――。アギーレ、大型FW選出の意図。攻撃での大きな可能性

11月の連戦に向けたアギーレジャパンのメンバーが発表された。代表に復帰した選手の一人がサガン鳥栖の豊田陽平。彼の選出は何を意味するのか?

【J1第31節プレビュー】優勝、そして残留を懸けたサバイバルゲーム

最終節に近づくにつれ、1試合の重みが増していくリーグ終盤戦。勝者と敗者の明暗をこれまで以上にはっきりと映し出す、トーナメントのような戦いが続く。緊張感のあるゲームを勝ち抜き、目標にたどり着くチームはどこになるのか。今回もデータを基に、混戦のJ1を読み解いていきたい。

【J1第28節プレビュー】それぞれの生き残りを懸けて

首位の浦和が7ポイント差を付けて快走。これ以上離されるわけにはいかない後続の中で、G大阪と川崎Fが激突する。その他にも、ACL出場圏内を争う鳥栖は残留争いを繰り広げるC大阪と、F東京は大宮と対戦。今節は、目標への生き残りを懸けた上記3カードを取り上げる。

【J1第26節プレビュー】実力伯仲のライバル対決。順位逆転なるか

残り9試合となり、2位と勝点6差で浦和が首位。4連勝中と好調を維持しており、19節から守ってきたトップの座は、そう簡単には揺るぎそうにない。優勝へのカウントダウンも聞こえ始めた一方で、ACL出場権や賞金圏内、残留を懸けた戦いは今なお混戦模様。5位のG大阪は、勝点1差で4位の鳥栖とホームで戦う。17位の大宮は勝点3差で15位の清水と、12位の新潟は勝点2差で11位の名古屋と対戦。今節は、順位で逆転が可能な上記3つの「直接対決」を取り上げる。

完敗の浦和戦でみえた柏の課題。鳥栖戦で求められるピッチ内での意識の共有

前節、柏レイソルは浦和レッズに完敗した。劣勢にもかかわらず自分たちからボールを奪い行く場面は少なかった。ベンチからの指示を守ったものの結果は敗戦。名将のプランを遂行するだけでなく、時には選手自身が考え、決断することも必要だ。

基本は優勝より残留!? 夏の大型移籍に象徴されるJクラブの悲しいリアリズム

7月18日に開いたJリーグ夏の移籍市場は8月15日に閉じた。『J論』ではこの夏の補強に注目し、それぞれの論者に持論を展開してもらった。今回は“下から目線”。残留を争う当事者となっている甲府の取材を続けている大島和人が、残留争いを補強の視点で考える。元ドイツ代表が来れば、現役セルビア代表も現れ、かつてJリーグで活躍した選手の帰還もあったこの戦線。すっかり感覚が麻痺しているが、実はちょっと異常なのではないだろうか。

【J1第21節プレビュー】最高の守備決戦。「盾」を破るのはどちらだ

前節の完封勝利でリーグ戦5試合連続無失点を達成したF東京。今節は最少失点で首位に立つ浦和を抑え、優勝争いの足掛かりをつかみに掛かる。また、2位の川崎Fは「神奈川ダービー」を迎えるなど、今節も各地で熱い戦いが繰り広げられそうだ。

タイでプレーする下地奨インタビュー。Jリーグ、南米、そしてバイト生活を経て辿り着いた境地

現在タイでプレーする下地奨。チームメイトには元日本代表の岩政大樹もいる。Jリーグ、南米、そしてバイト生活も経験。さまざまな境遇に身を置くことで彼なりに辿り着いた境地とは?

金銭問題? スポンサーの“嫌韓”? 韓国でも大きな衝撃を与えた鳥栖のユン前監督解任劇。決別の真相は未だ謎のまま

J1で首位に立つなど、結果を残しながらシーズン途中に解任したサガン鳥栖のユン・ジョンファン前監督。この事態は、ユン前監督の母国・韓国でも大きく報道されている。果たして、この人事の真相はどこにあるのだろうか?

ユン・ジョンファン監督退任の鳥栖。リーグ2連覇中の広島相手に勝利を掴めるか

前節の勝利でJ1首位に浮上したサガン鳥栖。攻守にハードワークする姿は真夏になっても健在。ユン・ジョンファン監督が退任する事態となったが、好調は維持したい。対する広島はリーグ再開後、元気がない。優勝争いに残っていくためにもここは落とせない。

2014J1 7月ベストイレブン

FootballLABが選ぶ7月のJ1のベストイレブンは下図の通りとなりました。

新着記事

↑top