酒井高徳

20140906_aguirre2_getty

見どころなく、極めて低調だった新生日本代表。チームを“破壊”したアギーレ、驚きのスタメンに隠された意図とは?

アギーレジャパンにとって初陣となったウルグアイ戦。日本は0-2と敗れた。低いパフォーマンスで終わってしまった理由は何なのか? また驚きのスタメンとも言えたが、それに隠された新監督の意図とは?

20140906_daihyo_getty

外国人記者が見たアギーレの初陣。「ゴールのにおいが全くないし運もない!」「このレベルでDFのミスは絶対にダメ」

ウルグアイ代表に0-2と敗戦した日本代表。現地で取材したチェーザレ・ポレンギ氏とショーン・キャロル氏に話を聞いた。

20140625_daihyo2_getty

日本対ウルグアイ。新スタイルの意図は見えたが、攻守で課題。チームレベルとしてもゼロからのスタート【どこよりも早い採点】

9月5日、日本対ウルグアイの一戦が行われ、0対2で敗れた。アギーレジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

20140905_honda2_getty

アギーレジャパン、初陣はウルグアイに0-2の敗戦

ハビエル・アギーレ新監督が率いる日本代表は5日、札幌ドームでウルグアイと国際親善試合に臨んだ。アギーレ監督体制での初陣となったが、日本は0-2でウルグアイに敗れた。

注目の初陣へメンバー発表控えるアギーレ監督。23人はどんな顔ぶれに? 柴崎、昌子、塩谷、米本の招集に期待

注目の初陣へメンバー発表控えるアギーレ監督。23人はどんな顔ぶれに? 柴崎、昌子、塩谷、米本の招集に期待

28日に初となるメンバー発表を控える日本代表のハビエル・アギーレ監督。田中順也の招集をスポルティングが発表するなど、既に様々な情報が飛び交っているが、どのような人選になるのだろうか?

「いかに勇気を持って前に出るか」。シュツットガルトでの4季目、超攻撃サッカーに挑む酒井高徳

「いかに勇気を持って前に出るか」。シュツットガルトでの4季目、超攻撃サッカーに挑む酒井高徳

シュツットガルトでの4シーズン目を迎えた酒井高徳。07年に同クラブを優勝に導いたアルミン・フェー監督のもと、2バックとも取れる攻撃的なサッカーに挑戦している。

日本代表が見ていなかった“相手の顔”。惨敗から残った希望とザックの遺産

日本代表が見ていなかった“相手の顔”。惨敗から残った希望とザックの遺産

グループC最下位で敗退が決定し、退任を表明したザッケローニ監督。3試合で1分2敗と結果を残せなかった要因とは? そして、ザッケローニ監督が4年間で残したものとは?

6選手が出場なしだった日本。“精鋭たち”を活用できなかったザック。ザックの信頼を得られなかった選手にも責任

6選手が出場なしだった日本。“精鋭たち”を活用できなかったザック。ザックの信頼を得られなかった選手にも責任

3試合で幕を閉じたブラジルW杯。6人の選手が出場機会なく大会を去り、自らが選んだ“精鋭”を活用できなかったザッケローニ監督だが、その責任は監督だけに押し付けるものではない。

ザンビア戦直前プレビュー。長谷部、長友、酒井高は欠場濃厚。“秘密兵器”齋藤学の起用はあるか?

ザンビア戦直前プレビュー。長谷部、長友、酒井高は欠場濃厚。“秘密兵器”齋藤学の起用はあるか?

日本代表は日本時間7日8時30分、ザンビア代表とW杯前最後となるテストマッチを行う。長谷部、長友、酒井高の欠場の可能性が高まるが、過去2試合で出場機会が無かった齋藤学の起用はあるのだろうか。

20140429_sakai

ブンデス日本人選手、第32節現地採点を振り返る。残留への大きな貢献を果たしたW酒井の安定感

ブンデスリーガには多くの日本人選手がいる。彼らが現地でどのような評価を受けているのか。先日行われた第32節の「Kicker」「Bild」の両誌の採点から読み解いていく。

ブンデス日本人選手、第31節現地採点を振り返る。残留へ貴重な勝利に貢献した酒井宏樹

ブンデス日本人選手、第31節現地採点を振り返る。残留へ貴重な勝利に貢献した酒井宏樹

ブンデスリーガには多くの日本人選手がいる。彼らが現地でどのような評価を受けているのか。先日行われた第31節の「Kicker」「Bild」の両誌の採点から読み解いていく。

新着記事

↑top