酒井宏樹

20131208_sakaig

パス本数下回るも走力で圧倒したシュトゥットガルト。酒井高徳はなぜ酒井宏樹より1.5キロも多く走れたのか?

日本人サイドバックがあいまみえたシュトゥットガルト対ハノーファーの一戦。シュトゥットガルトを勝利に導いた要因の一つに走行距離がある。相手よりも走れた要因はどこにあったのか? また酒井高徳はなぜ酒井宏樹より1.5kmも多く走れたのか?

20131204_sakai1

ライバル復帰も替える理由はない――。成長を続ける酒井宏樹が勝ち取った『信頼感』

フランクフルト戦に勝利し、連敗を止めたハノーファー。日本人SB酒井宏樹はこの日も先発フル出場、勝利に貢献した。成長を続ける酒井はチーム内での存在感も大きくなり、監督からの信頼も勝ち得た。ライバルであるチェルンドロが復帰したが、彼をすぐ替える理由はない。

柿谷の同点ゴールを演出した酒井宏樹のクロスのメカニズムを徹底分析

柿谷の同点ゴールを演出した酒井宏樹のクロスのメカニズムを徹底分析

19日に行われたベルギー代表対日本代表の試合で、前半終了間際に生まれた柿谷曜一朗の同点ゴール。酒井宏樹の見事なクロスからこの得点は生まれているが、何故柿谷は上背のあるベルギーディフェンスをかいくぐって“頭”で得点することができたのか。酒井のクロスのメカニズムに迫る。

攻撃停滞の要因はクロスの質にあり。アジアを超えた戦いでザックジャパンに求められること

攻撃停滞の要因はクロスの質にあり。アジアを超えた戦いでザックジャパンに求められること

敗北したセルビア戦でザックジャパンの攻撃に迫力がなかった理由の一つとして、クロスの質が上げられる。単純な合わせるクロスは跳ね返された。アジアでは通用しても欧州ではそれは通用しない。どう改善すべきなのか?

新着記事

↑top