U-17

U16日本代表

久保建英ら擁するU-16代表の期待値と課題。日本サッカーの未来が懸かったU-17W杯アジア最終予選へ

日本サッカーの未来を見据える上で、育成年代での国際大会は極めて重要だ。U-17W杯は2011年以来出場できておらず、是が非でもアジア予選を勝ち抜かなければならない。アジア最終予選は今週にも始まる。小学生年代から注目されてきた久保ら擁するU-16代表の期待値と課題とは?(取材・文:元川悦子)

ジダン息子も活躍! U-17欧州選手権を制したフランス、将来有望な3人の注目株

ジダン息子も活躍! U-17欧州選手権を制したフランス、将来有望な3人の注目株

今年5月にブルガリアで行われたU-17欧州選手権は、フランスの優勝で幕を閉じた。トップチームでプレーする選手はまだ少ないものの、将来的に大きな可能性を秘めた選手が輝きを放っている。その中から、優勝国フランスで活躍した3人の有望選手を紹介しよう。

20140924_jo_ffa

サイ・ゴダードだけでない“ハーフ”の有望株。豪州の将来を担う“あしたのジョー”、日本代表の可能性も

日本が出場権を逃したU-17W杯。そのアジア予選で日本に勝利した豪州に、ハーフの加藤カレッティ丈という選手がいた。キャプテンとして豪州を牽引したが、母親は日本人。日豪両国で代表の可能性があるという。

Uー17W杯日本代表コーチが来シーズンJ3参戦するUー22選抜監督の有力候補に(前編)

Uー17W杯日本代表コーチが来シーズンJ3参戦するUー22選抜監督の有力候補に(後編)

来季、12チームでスタートするJ3に参戦するU-22選抜。その監督として有力候補に挙がっているのが、高畠勉氏だ。

Uー17W杯日本代表コーチが来シーズンJ3参戦するUー22選抜監督の有力候補に(前編)

Uー17W杯日本代表コーチが来シーズンJ3参戦するUー22選抜監督の有力候補に(前編)

来季、12チームでスタートするJ3に参戦するU-22選抜。その監督として有力候補に挙がっているのが、高畠勉氏だ。

新着記事

↑top