U-20イングランド代表

U-20イングランド代表

必然だったイングランド育成年代の躍進。積極的なインフラ整備、覇権奪回へのシナリオ

2017年はイングランドのユース年代が世界の舞台で輝いた。U-17、U-19、U-20と各年代の代表が欧州や世界を制し、国際大会で大きな存在感を発揮したのである。自国開催だった1966年のW杯以来、頂点から遠ざかっているイングランドが、A代表の明るい未来を予感させるまでになった要因とは何だったのだろうか。(取材・文:松澤浩三【イングランド】)

U-20W杯を制したU-20イングランド代表

イングランド、育成改革が結実しU-20W杯制覇。次なる課題は“ブラックホール”問題

2017 FIFA U-20W杯を制したイングランド。ユース世代の大会とはいえ、1966年以来となる世界王者に輝いた。その要因にはイングランドサッカー協会(FA)が進めてきた育成改革がある。だがその成果が出ているいっぽうで、世界最高峰のリーグをもつ“母国”には大きな問題が残存している。(取材・文:山中忍【イングランド】)

20170618_u20_getty

U-20W杯ベストイレブン。世界の舞台で輝いたスーパースターの卵たち【編集部フォーカス】

韓国で開催されたU-20W杯はイングランドの優勝で幕を閉じた。15歳の久保建英の出場や、バルセロナで活躍するイ・スンウの活躍、ビッグクラブ所属選手の参戦などで注目を集めた大会では、どんな選手たちが輝きを放ったのだろうか。大会中特に目立っていた11人をベストイレブンとして紹介する。

新着記事

FChan TV

↑top