U-20ワールドカップ

0528vsmexico02

「00ジャパン組」が牽引するU-20日本代表。強豪相手にも「自信しかなかった」理由とは?【U-20W杯】

U-20日本代表は26日、FIFA U-20ワールドカップ2019のグループリーグ第2節でメキシコと対戦し、宮代大聖の2ゴールなどで3-0と快勝。この試合では、宮代ら2000年以降生まれのいわゆる「00ジャパン組」の選手たちの活躍が目立ったが、大舞台で活躍できるのには理由があった。(取材・文:元川悦子【ポーランド】)

藤本寛也

藤本寛也には全てが見えていた。初戦ベンチの悔しさ、W杯でピッチ上の“王”になった日【U-20W杯】

U-20日本代表は26日、FIFA U-20ワールドカップ2019のグループリーグ第2節でメキシコに3-0の快勝を収めた。大会初勝利を挙げた若きサムライたちの中心に、藤本寛也がいた。初先発のチャンスを得た東京ヴェルディ育ちの司令塔は、出番のなかったエクアドル戦で描いていた自分なりのイメージをいかにしてピッチ上で表現していったのだろうか。(取材・文:舩木渉【ポーランド】)

U-20日本代表

U-20日本代表、完勝の要因。炸裂するゲーゲンプレッシング、取り戻した本来の姿と「授業料」【U-20W杯】

U-20日本代表は26日、FIFA U-20ワールドカップ2019のグループリーグ第2節でU-20メキシコ代表と対戦し、3-0で勝利している。フィールドプレイヤー10人全員がハードワークを惜しまず、グループリーグ突破に王手をかけた影山ジャパン。U-20メキシコ戦は、多くのものを取り戻せた試合でもあった。(取材・文:本田千尋【ポーランド】)

藤本寛也

U-20日本代表、強豪メキシコ戦へ。見えてきたチームの理想形、初勝利への鍵は?【U-20W杯】

U-20日本代表は26日、FIFA U-19ワールドカップ2019のグループリーグ第2節・メキシコ戦に臨む。ポーランドでの初勝利を掴むことができるだろうか。これまでの試合でのパフォーマンスや選手たちの言葉から、日本が理想的なプレーを見せられているかを測るバロメーターも見えてきた。(取材・文:舩木渉【ポーランド】)

山田康太

なぜそこに山田康太!? 同点弾を引き寄せた献身、W杯初戦サプライズ先発の理由【U-20W杯】

U-20日本代表は23日、FIFA U-20ワールドカップ2019のグループリーグ第1節に臨みU-20エクアドル代表と1-1で引き分けた。一時は敗戦の危機に瀕した若きサムライたちはいかにして持ち直し、勝ち点1をもぎ取るに至ったのか。1人の選手の起用法や鍵となったプレーから貴重なドローの背景を読み解く。(取材・文:舩木渉【ポーランド】)

190524_tagawa_getty

U-20日本代表、田川亨介の苦悩と希望。オウンゴール献上も前を向く、史上3人目の男の意地【U-20W杯】

FIFA U-20ワールドカップ2019が開幕。U-20日本代表対U-20エクアドル代表は、1-1のドローで勝ち点1を分け合った。史上3人目となる2大会連続出場を果たしたFC東京のFW田川亨介だが、この試合でオウンゴールを記録した。それでも先人たちに肩を並べるため、強い意志を示した。(取材・文:元川悦子)

新着記事

↑top