U-20W杯

U-20ワールドカップ

FIFA U-20W杯、主役候補はこの5人! 韓国の神童に名将お墨付きのDF、見逃してはならない若き大器たち【編集部フォーカス】

ポーランドで行われるFIFA U-20ワールドカップ2019が23日より開幕する。本大会へ向け期待感は高まるばかりであり、U-20日本代表の戦いぶりにも注目が集まる。そんな中、今大会も世界中で活躍が大いに期待されている若き大器たちが各国に存在している。今回はFIFA U-20ワールドカップで見ておくべき選手を5人紹介する。

190521_icatch_getty

U-20日本代表、U-20W杯メンバー21人はこれだ! MF・FW編、頂点を目指す選手たちを一挙紹介【編集部フォーカス】

U-20日本代表は23日からポーランドで開催されるFIFA U-20ワールドカップ2019に臨む。久保建英ら主力数名が選外となる中、チームはどのような戦いを見せるか。フットボールチャンネル編集部では、影山ジャパンの21人を紹介する。今回はMF・FW編。

190521_icatch_getty

U-20日本代表、U-20W杯メンバー21人はこれだ! GK・DF編、頂点を目指す選手たちを一挙紹介【編集部フォーカス】

U-20日本代表は23日からポーランドで開催されるFIFA U-20ワールドカップ2019に臨む。久保建英ら主力数名が選外となる中、チームはどのような戦いを見せるか。フットボールチャンネル編集部では、影山ジャパンの21人を紹介する。今回はGK・DF編。

190517_saito1_getty

久保建英と“同じで違う”センス。U-20日本代表のキーマン、斉藤光毅が欲するものとは?【西部の目】

間もなくFIFA U-20ワールドカップ2019が開幕する。U-20日本代表は才能豊かな選手たちが名を連ねたが、久保建英ら主力数名が選外となった。そんな中で注目は横浜FCのFW斉藤光毅だ。久保と同じ17歳の俊英は、来る世界大会へ野心を燃やしている。彼の貪欲さは、チームの勝利に不可欠な要素である。(取材・文:西部謙司)

堂安律

堂安律、日本代表で加速する成長。U-20W杯のリベンジへ、こだわり続ける「最後の質」

日本代表は13日、大分市内で練習を行った。この日から堂安律もチームに合流。オランダのフローニンゲンで2試合連続ゴール中の20歳は絶好調を維持している。16日に迎えるベネズエラ戦は特別な意味を持つ試合。この1年間の成長を証明し、世界に自らの存在を知らしめるチャンスだ。(取材・文:舩木渉)

U-20イングランド代表

必然だったイングランド育成年代の躍進。積極的なインフラ整備、覇権奪回へのシナリオ

2017年はイングランドのユース年代が世界の舞台で輝いた。U-17、U-19、U-20と各年代の代表が欧州や世界を制し、国際大会で大きな存在感を発揮したのである。自国開催だった1966年のW杯以来、頂点から遠ざかっているイングランドが、A代表の明るい未来を予感させるまでになった要因とは何だったのだろうか。(取材・文:松澤浩三【イングランド】)

久保建英

【U17】久保建英にとっての「戦い」。自分を見つめ、自分を高める16歳が挑む“2度目”のW杯

U-17W杯がインドで開幕を迎え、日本代表は8日にホンジュラス代表とのグループステージ初戦に臨む。今大会のキーマンと目される16歳の久保建英は、自身2度目の世界の舞台に向けて何を思うのか。彼が考える成長、そして自分との戦いが意味するものとは何だろうか。(取材・文:舩木渉【グワハティ】)

U-20W杯を制したU-20イングランド代表

イングランド、育成改革が結実しU-20W杯制覇。次なる課題は“ブラックホール”問題

2017 FIFA U-20W杯を制したイングランド。ユース世代の大会とはいえ、1966年以来となる世界王者に輝いた。その要因にはイングランドサッカー協会(FA)が進めてきた育成改革がある。だがその成果が出ているいっぽうで、世界最高峰のリーグをもつ“母国”には大きな問題が残存している。(取材・文:山中忍【イングランド】)

杉岡

杉岡大暉、U-20W杯で花開いた新たな可能性。完璧を目指す若きユーティリティの探求

高卒ルーキーながら湘南ベルマーレでレギュラーの座を確保した杉岡大暉は、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続けている。U-20W杯を経験して発見した自分の新たな可能性を信じ、鍛錬を続ける18歳の現在地、そして未来の理想像はどんなものなのだろうか。(取材・文:舩木渉)

新着記事

FChan TV

↑top