U-20W杯

久保建英

【U20】久保建英、15歳で経験したU-20W杯。悔しさの先に見えたもの…未来への決意

 日本のU-20W杯が終わった。第一目標だった決勝トーナメント進出はクリアしたものの、ベスト16でベネズエラ相手に敗退。延長戦までもつれた死闘の末、力の差を見せつけられた。15歳でU-20日本代表メンバーに選ばれた久保建英は、この大会で何を得たのか。悔しさの先に、当たり前のようで忘れがちなひとつの答えが見えた。(取材・文:舩木渉【大田】)

U-20代表の堂安律。小さなスペースを使いながら相手の守備ブロックを果敢に崩していった

【U20】日本、16強敗退も導き出した「正解」。全ての日本代表で採用すべき「崩しの型」【西部の目】

30日、FIFA U-20W杯決勝トーナメント1回戦の試合が行われ、日本はベネズエラを相手に延長戦の末0-1で敗れた。ベスト16で大会から去ることになったが、今回の日本チームは世界大会に臨む際に日本代表がどう戦うべきかの指針を示していたように思える。その意味で、今大会は意義深いものとなったのではないだろうか。(文:西部謙司)

U-20日本代表

【U20】英国人が見たベネズエラ戦「東京五輪へ決定力向上を」「日本は自信を持てばどんな相手でも戦える」

U-20日本代表は30日、韓国で開催されているU-20ワールドカップの決勝トーナメント1回戦でU-20ベネズエラ代表と対戦し、延長戦の末に0-1の敗戦を喫した。この試合中、イングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。

新着記事

↑top