U-21

3試合4得点、U-21代表を牽引する鈴木武蔵。フィジカルだけでない、世界で通用するFWとしての資質

3試合4得点、U-21代表を牽引する鈴木武蔵。フィジカルだけでない、世界で通用するFWとしての資質

ネパールに快勝し、決勝トーナメント進出を決めた手倉森ジャパン。FWとしてチームを牽引するのが鈴木武蔵だ。ジャマイカ人の父を持つハーフである彼はフィジカル面に注目がいきがちだが、当然それだけではない。鈴木の持つストライカーとしての資質に迫る。

U-21日本代表、敗戦の中でも示されたアンカー遠藤航の可能性。新境地開拓が日本の財産に

U-21日本代表、敗戦の中でも示されたアンカー遠藤航の可能性。新境地開拓が日本の財産に

韓国・仁川で開催されているアジア大会。U-21日本代表は、1次リーグ第2戦でイラクに1-3と敗れたが、この試合でアンカーに起用された遠藤航(湘南ベルマーレ)は大きな可能性を示した。

20140915_nakajima_getty

まるでW杯のオランダ代表――。初戦に快勝、手倉森ジャパンが見せたダイナミックなスタイル

アジア大会の初戦、クウェート戦。苦しむ時間帯がありながらも終わってみれば4-1。快勝でまずは1勝をあげた手倉森ジャパン(U-21日本代表)。守備的な布陣に見えたが実際には厚みのある攻撃を見せた。そのスタイルに迫る。

新着記事

↑top