UEFAヨーロッパリーグ

マンチェスター・ユナイテッド

マンU対AZ、互角だった戦いはなぜここまでの大差がついたのか。的中した采配、影の立役者は?【欧州EL】

ヨーロッパリーグ(EL)・グループリーグL組第6節、マンチェスター・ユナイテッド対AZが現地時間12日に行われ、4-0でホームチームが勝利を収めた。前半互角だった戦いは、後半に入り急速に動き始めた。その理由と影の立役者とは(文:小澤祐作)

1129Kamada_getty

鎌田大地がアーセナルを粉砕、その崩壊の要因とは? 逆転につなげたフランクフルトの変化

UEFAヨーロッパリーグ・グループF第5節、アーセナル対フランクフルトが現地28日に行われ、1-2でフランクフルトが逆転勝利を収めた。前半に1点を先行されたアウェイチームだったが、後半にMF鎌田大地の2得点で逆転。試合のターニングポイントはフランクフルトがハーフタイムに行った修正にあった。(文:加藤健一)

1107Nailes_getty

アーセナル、格下相手に無様な試合。出口のないビルドアップ、試合に水を差す愚行も…

UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループリーグF組第4節、ギマラエス対アーセナルの試合が現地6日に行われた。試合は1-1の引き分けに終わり、アーセナルは勝ち点を10とし、ギマラエスはEL初の勝ち点を獲得した。セットプレーからの1得点のみに終わったアーセナル、チームの機能不全は深刻さを増している。(文:加藤健一)

0830hasebe_getty

長谷部誠が感じた「自分たちのメンタリティ」。再び欧州への切符を掴んだフランクフルトに流れる「絶対的な自信」

ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ2ndレグ、フランクフルト対ストラスブールの試合が現地時間29日に行われた。3-0で勝利を収めたフランクフルトはEL本戦への出場権を獲得。この試合にフル出場した長谷部誠は「我慢しなければいけないゲーム」と話したが、フランクフルトは試合を終始圧倒。昨季に続いて欧州の舞台への切符を掴んだ。(取材・文:本田千尋【フランクフルト】)

0719chelsea_getty

チェルシーの昨季はどんなシーズンだったのか? ランパード監督就任が“運命”である理由【18/19シーズン総括(9)】

2018/19シーズンは、これまでスペインが握っていた欧州の覇権がイングランドへと移る結果で幕を閉じた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はチェルシーを振り返る。(文:プレミアパブ編集部)

0529arsenal

アーセナル、EL決勝予想スタメン。初のEL優勝、2度目の欧州タイトルを狙う11人は誰だ?【編集部フォーカス】

ヨーロッパリーグ(EL)決勝、チェルシー対アーセナルが現地時間29日に行われる。1993/94シーズンのUEFAカップウィナーズカップ優勝以来、2度目の欧州国際タイトルを狙うアーセナルはどのようなメンバーで臨むのだろうか。先発出場が予想されるアーセナルの11人を紹介する。

新着記事

↑top