宇佐美貴史

【識者の視点】代表監督最有力ハリルホジッチ氏の選手起用を読む。昇格組の湘南・松本からの招集も。意外な招集で序列崩す可能性あり

【識者の視点】代表監督最有力ハリルホジッチ氏の選手起用を読む。昇格組の湘南・松本からの招集も。意外な招集で序列崩す可能性あり

日本代表の後任監督にハリルホジッチ氏が就任することが濃厚だ。仮定の話にはなるが、果たしてどのようなメンバーが招集されるのか。氏の選手起用傾向から読み解くと、これまでとは異なる意外な選手が見えてくる。

将来プロ選手を目指す子どもたちのために。未来のJリーガーはどのようにして生まれる?

将来プロ選手を目指す子どもたちのために。未来のJリーガーはどのようにして生まれる?

今年も待ちに待った「明治安田生命Jリーグ」がいよいよ開幕します。2月19日に、リーグ開幕にさきがけて行われた、「2015Jリーグプレスカンファレンス」に出席をした選手や監督に、将来プロを目指すサッカー少年・少女たちにとって、どんなことを実行することがプロへの第一歩なのかを聞いてきました。

20141224_usami_getty

フットボールチャンネルが選ぶ2014年ベスト30。ガンバに三冠をもたらしたエース、宇佐美貴史(4位)

2014年、J1で印象に残った選手は誰だろうか。フットボールチャンネルでは植田路生(同サイト編集長)、チェーザレ・ポレンギ(同サイトマネージングエディター)、森哲也(フットボール批評編集長)、川口昌寿(フットボールサミット編集長)、ほか編集部による投票を実施し、ベスト30を選出した。4位はガンバ大阪の宇佐美貴史が選ばれた。

J2降格から三冠達成、花開いた「長谷川改革」。“西野流”とは異なるガンバが手にした強さ

J2降格から三冠達成、花開いた「長谷川改革」。“西野流”とは異なるガンバが手にした強さ

J2からの昇格1年目で三冠を達成した大阪の雄、ガンバ大阪。指揮官である長谷川健太監督は、いかにしてこのチームを作り上げてきたのか。「長谷川改革」に迫る。

新着記事

↑top