宇佐美貴史

8年ぶりのリーグ王座奪還へ。浦和、好調G大阪と首位決戦。満員の埼スタでシャーレを掲げるか

8年ぶりのリーグ王座奪還へ。浦和、好調G大阪と首位決戦。満員の埼スタでシャーレを掲げるか

かつて、浦和レッズとガンバ大阪の一戦はJリーグ屈指の好カードであり、『ナショナルダービー』と称されたこともあった。その後、浦和は残留争いを経験し、ガンバに至ってはJ2も経験した。紆余曲折を経た両者が今季最大の大一番を迎える。

もうすぐホンジュラス戦! 「日本代表Q&A」で代表の疑問を解決しよう

もうすぐホンジュラス戦! 「日本代表Q&A」で代表の疑問を解決しよう

フットボールチャンネル編集部では、「日本代表Q&A」と題し、今夜行われる日本代表対ホンジュラス代表の試合に向けてツイッターを使って質問を募集しました。

アジア杯へ最終テスト。「チャンスを与えられるべき選手」とは?“走れなくても世界クラス”宇佐美は招集なるか

アジア杯へ最終テスト。「チャンスを与えられるべき選手」とは?“走れなくても世界クラス”宇佐美は招集なるか

ホンジュラス戦とオーストラリア戦に向けたメンバー発表を行うハビエル・アギーレ監督。来年1月のアジア杯に向けて最終テストの2試合となるが、最後のチャンスを与えられる選手は誰なのだろうか?

「むっちゃ楽しかったですね」。Jでしのぎを削る92年組。宇佐美、柴崎、武藤…期待され続けたプラチナ世代がついに本領発揮

「むっちゃ楽しかったですね」。Jでしのぎを削る92年組。宇佐美、柴崎、武藤…期待され続けたプラチナ世代がついに本領発揮

ある世代に優秀な選手が集まることがある。小野伸二を筆頭とした黄金世代は、日本サッカー界が世界と伍して戦う上で重要な役割を担った。そして、彼ら以上の才能が集まったといわれるプラチナ世代も、ようやく期待に応えるパフォーマンスを見せ始めた。

猛追する浪速の青黒軍団~G大阪の中断前後比較~

猛追する浪速の青黒軍団~G大阪の中断前後比較~

6連勝を飾り2位に浮上したG大阪。W杯による中断明け以降の成績は11勝1分け1敗、36得点はリーグで最多で8失点は同最少と抜群の安定感を見せている。

20140926_oomiyasimizu

【J1第26節プレビュー】実力伯仲のライバル対決。順位逆転なるか

残り9試合となり、2位と勝点6差で浦和が首位。4連勝中と好調を維持しており、19節から守ってきたトップの座は、そう簡単には揺るぎそうにない。優勝へのカウントダウンも聞こえ始めた一方で、ACL出場権や賞金圏内、残留を懸けた戦いは今なお混戦模様。5位のG大阪は、勝点1差で4位の鳥栖とホームで戦う。17位の大宮は勝点3差で15位の清水と、12位の新潟は勝点2差で11位の名古屋と対戦。今節は、順位で逆転が可能な上記3つの「直接対決」を取り上げる。

アギーレジャパンに招集された皆川、されなかった宇佐美。日本の未来を担うストライカー対決の行方は?

アギーレジャパンに招集された皆川、されなかった宇佐美。日本の未来を担うストライカー対決の行方は?

9位・サンフレッチェ広島と7位・ガンバ大阪の勝点差は0。得失点差でガンバがリードしているが、広島が勝てばガンバを追い越す。広島には日本代表に招集された皆川がおり、ガンバには代表入りがならなかった宇佐美がいる。ふたりのストライカーはこの試合でどのようなプレーを見せるのだろうか。

注目の初陣へメンバー発表控えるアギーレ監督。23人はどんな顔ぶれに? 柴崎、昌子、塩谷、米本の招集に期待

注目の初陣へメンバー発表控えるアギーレ監督。23人はどんな顔ぶれに? 柴崎、昌子、塩谷、米本の招集に期待

28日に初となるメンバー発表を控える日本代表のハビエル・アギーレ監督。田中順也の招集をスポルティングが発表するなど、既に様々な情報が飛び交っているが、どのような人選になるのだろうか?

現在絶好調のG大阪、勢いそのままに6連勝目指す。まだ5勝の名古屋はリーグ戦8試合ぶりの勝利目指す

現在絶好調のG大阪、勢いそのままに6連勝目指す。まだ5勝の名古屋はリーグ戦8試合ぶりの勝利目指す

降格圏内に沈んでいたガンバ大阪が連勝を重ね、じわじわ順位を上げてきた。今節は2006年4月以来の6連勝を狙う。かつてガンバを率いた西野朗氏が監督を務める名古屋グランパスは、16位まで順位を下げた。是が非でも欲しい勝点3獲得のためにどのような戦いを見せるのか。

20140812_agire_kudo

アギーレ監督の言葉からメンバーをシミュレーション。トップ下廃止で本田は選外か。柴崎&宇佐美の選出とスタメン定着に期待

日本代表を率いるハビエル・アギーレ監督が来日会見を行った。そこでは、これからの4年間で目指すチーム作りのヒントがちりばめられていた。アギーレ監督の言葉をもとに、9月5日に迫った初戦のメンバーをシミュレーションする。

20140116_usami1_kd

攻撃陣好調もかつてとは違うスタイル。一時は降格圏のガンバ、宇佐美の復帰だけでないV字回復の理由

J1に返り咲いた今シーズン、序盤戦苦しんだガンバ大阪が復調の兆しを見せ始めている。宇佐美貴史の復帰は大きな要素だが、それだけではない。果たしてV字回復の要因はどこにあるのか?

20140505_endo

自慢のパスサッカーも影潜め、ついに降格圏まで転落。J1復帰のガンバ、なぜ勝てないのか?

J1に復帰したガンバ大阪だが、苦戦が続いている。前評判は高かったはずだが、攻守が噛み合わず、現在16位と降格圏に沈んでいる。しかも、以前との違いはパスサッカーで圧倒する姿すらないことだ。なぜ苦しんでいるのか? 番記者が分析する。

新着記事

↑top