V・ファーレン長崎

180221_nanimonotwi_getty

J新加入の外国人選手たち。複数のW杯戦士に母国で英雄視されるスターも【編集部フォーカス】

今季のJリーグが間もなく開幕する。どのチームも戦力補強に余念がなく、多くの選手が新天地を求めた。そして、日本に活躍の場を移した外国人選手も多い。その中にはワールドカップに出場した者や、母国で英雄視されるスターもいる。それぞれのチームで彼らはどのようなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。(データ提供:Wyscout)

2017年日本サッカー

2017年の日本サッカー界を月別に振り返る。中村俊輔の移籍で始まった1年【編集部フォーカス】

2017年も残すことあと1日となった。今年もサッカー界では様々な出来事があったが、日本サッカー界の主なニュースを月ごとに振り返ってみたい。

選手たちから胴上げされる高木監督

「無謀」な夢物語としか聞こえていなかったJ1昇格。高木琢也監督と長崎が歩んだ5年間

2017シーズンの明治安田生命J2リーグを2位で終え、J1昇格を決めたV・ファーレン長崎。ジャパネットの支援に注目が集まったが、J2屈指のチームを作り上げた高木琢也監督の功績も特筆すべきものがある。就任から5年、地元出身監督と長崎が歩んだ道程を改めて振り返りたい。(取材・文:藤原裕久【長崎】)

新着記事

↑top