ワルテル・マッツァーリ

インテル生命線のアウトサイドは未だ不安定。マッツァーリ監督が渇望する長友の完全復帰

インテル生命線のアウトサイドは未だ不安定。マッツァーリ監督が渇望する長友の完全復帰

インテルのサッカーはアウトサイドが重要だ。ここを多用するため、マッツァーリ監督はキープレイヤーを置きたい。長友が負傷で欠場している間、チームは苦しんだ。先週末の試合で復帰したが、監督はチームを機能させるために長友の完全復帰を願っている。

20131110_nagatomo1

前半苦しむも後半見事に修整を施した長友 継続したチャレンジで今季3得点目を呼び込む

9日、イタリアセリエA・インテルvsリヴォルノの試合が行われ、ホームのインテルが2-0で勝利した。日本代表の長友佑都はリーグ戦12試合連続となるスタメンで出場し、終盤には試合を決定づけるゴールを挙げた。長友が見せた修整力に迫る。

新着記事

↑top