長友佑都

代表戦の影響は? 負傷の長友、まさかの途中交代。クラブ関係者は「軽微」と言及

代表戦の影響は? 負傷の長友、まさかの途中交代。クラブ関係者は「軽微」と言及

1-1とボローニャと引き分けたインテル。長友佑都は先発出場したが、前半に負傷にそのまま交代。一体何が起こったのか、そして原因は何か? 現地記者が迫る。

なぜ勝てない?サポーターが日本代表・長友に厳しい質問

なぜ勝てない?サポーターが日本代表・長友に厳しい質問

11日に放送されたテレビ朝日『やべっちFC』で、インテルで活躍する長友佑都に対して「日本のサポーターが今、聞きたい質問」として直接質問をぶつけるという企画が放送された。

20131110_nagatomo1

前半苦しむも後半見事に修整を施した長友 継続したチャレンジで今季3得点目を呼び込む

9日、イタリアセリエA・インテルvsリヴォルノの試合が行われ、ホームのインテルが2-0で勝利した。日本代表の長友佑都はリーグ戦12試合連続となるスタメンで出場し、終盤には試合を決定づけるゴールを挙げた。長友が見せた修整力に迫る。

長友佑都・小川佳純も大学からプロへ! 明大サッカー部に見る“学生サッカーと文武両道”

長友佑都・小川佳純も大学からプロへ! 明大サッカー部に見る“学生サッカーと文武両道”

近年、大躍進を遂げ、古豪復活を強く印象づけている明治大学サッカー部。2009年の天皇杯では、モンテディオ山形に勝利し、学生サッカー史上初となるJ1クラブ撃破を成し遂げ、その勢いのまま翌年51年ぶりのインカレ優勝も果たした。その明治大学サッカー部を率いるのが神川明彦監督。大学職員として働く同氏は、チームの強化を図る一方、「学生としての本分」を大切に部員たちの指導を行ってきた。学業とサッカーの両立。そして文武両道の本当の意味とは――。大学でサッカーを続けることの意義を聞いた。

20131028_nagatomo1

失点絡むも地元紙は高評価。長友はいかにして“メッシ2世”を完璧に封じたのか?

ベローナ戦のパフォーマンスに地元紙は概ね高い採点をつけた。インテルの長友佑都は対峙したアルゼンチン期待の新星を完璧に封じたのだ。攻撃のタスクも担いながら難しい役割にどう対処したのか?

得点機演出の長友、“無駄走り”も納得。「パスが来ない時もある。走ることでチームの幅を広げられた」

26日に行われたセリエA第9節、インテル対ベローナの一戦は、4-2でホームのインテルが勝利した。日本代表の長友佑都は先発フル出場。得点に絡むなど勝利に貢献した。試合後の本人のコメントを紹介する。

新着記事

↑top