長友佑都

不運な誤審、勝ち切れなかったインテル。長友は後半空回り、カンビアッソと揉める場面も

不運な誤審、勝ち切れなかったインテル。長友は後半空回り、カンビアッソと揉める場面も

13日のキエーボ戦、インテルは1-1で引き分けた。長友佑都は先発フル出場、得点もマーク。だが、勝ち越しゴールが誤審により取り消され、チームもそのまま勝ち点1に終わった。

20140111_inter

必然だったインテルのコッパ・イタリア敗退。あまりに薄い選手層、長友の代役も不在

早期にも実現しそうだった、長友と本田のイタリアでの対戦だが、インテルのコッパ・イタリアでの敗退でおあずけとなった。この試合で明らかになったのはインテルの乏しいバックアップ体制だ。サイドが生命線であるにもかかわらず長友の代役はいない状態だ。

失点につながるミスも90分では“悪くなかった”長友。ザックも「過小評価されている」と高い評価

失点につながるミスも90分では“悪くなかった”長友。ザックも「過小評価されている」と高い評価

6日のラツィオ戦でインテルは0-1で敗れた。長友佑都は先発出場したが、失点につながるミスをしてしまった。90分トータルだと悪くない出来だったが、現地では厳しい評価となってしまった。

新着記事

↑top