カメルーン

cameroon

90年イタリア大会でアフリカ勢として初のベスト8進出を果たすなど、アフリカサッカーをリードしてきたカメルーン。しかしこの大会以外は目立った活躍を見せられず、前回大会は3連敗と、アフリカ最強の称号はすでに過去のものとなっている。加えて国際的な大会で内輪揉めが発生することも多く、チームが一枚岩になりきれない。だが、チームがひとつになれば大きなインパクトを残す可能性も秘めているのも事実。大会前も大会中も、何が起こるかわからないのが、カメルーンの魅力のひとつ。

注目の選手

etooサミュエル・エトー

サミュエル・エトー

史上最多4度のアフリカ年間最優秀選手にして、カメルーン歴代最多得点記録保持者。チャンピオンズリーグ優勝も3度経験するなど、カメルーンのみならず、アフリカ史上最高のストライカー。後に撤回したが、予選途中に代表引退を表明するなど周囲をヒヤヒヤさせる一面がある。それでも33歳になった今もその存在は大きく、エリア内では必ず仕事を果たす。
nkoulouニコラ・ヌクル

ニコラ・ヌクル

カメルーンの守備の要に成長した若きセンターバック。チームはアフリカ予選で8試合4失点と守備力の高さも示したが、最終ラインを統率するヌクルの働きが大きい。ブラジルはもちろんクロアチアとメキシコにも、試合を決められる選手がいる。ヌクルがいかに相手のストライカーをコントロールできるか。カメルーンの鍵を握るのはこの男かもしれない。

出場国の情報

過去成績 66年 参加辞退
70年 予選敗退
74年 予選敗退
78年 予選敗退
82年 グループリーグ敗退
86年 予選敗退
90年 ベスト8
94年 グループリーグ敗退
98年 グループリーグ敗退
02年 グループリーグ敗退
06年 予選敗退
10年 グループリーグ敗退
人口 2,050万人
首都 ヤウンデ
公用語 フランス語、英語
面積 47.5万㎢
一人当たりGDP 1,181ドル(149位)
通貨 CFAフラン

監督紹介

finkeフォルカー・フィンケ

フォルカー・フィンケ

1948年3月24日生まれドイツ出身。J1浦和の監督を務めたこともある、日本人にも馴染みのある人物。ショートパス主体のサッカーをカメルーン代表にも植え付け、着々とフィンケ色に染めている。予選の最中にはエトーとの確執もあったという。チームの成績に直結する存在だけに、いかにエトーを大会に集中させられるかも重要だ。ピッチ内外で最良の采配が求められる。

選手一覧

GK シャルル・イタンジュ CHARLES ITANDJE コンヤスポル
GK ロイク・フジュ LOIC FEUDJOU コトンスポート
GK サミー・エヌジョック SAMMY N'DJOCK フェトヒイェスポル
DF ブノア・アス=エコト BENOIT ASSOU-EKOTTO QPR
DF アンリ・ベディモ HENRI BEDIMO リヨン
DF オーレリアン・ジュジュ AURELIEN CHEDJOU ガラタサライ
DF ニコラ・ヌクル NICOLAS NKOULOU マルセイユ
DF アラン・ニョム ALLAN NYOM グラナダ
DF セドリック・ジェグエ CEDRIC DJEUGOUE コトンスポル
DF ダニー・ヌンク DANNY NOUNKEU ベシクタシュ
MF エヨング・エノ EYONG ENOH アンタリャスポル
MF ジャン・マクン JEAN MAKOUN レンヌ
MF ジョエル・マティプ JOEL MATIP シャルケ
MF ステファン・エムビア STEPHANE M'BIA セビージャ
MF エドガル・サリ EDGAR SALLI ランス
MF ランドリー・エンギュエモ LANDRY N'GUEMO ボルドー
MF アレクサンドル・ソング ALEXANDRE SONG バルセロナ
FW ヴァンサン・アブバカル VINCENT ABOUBAKAR ロリアン
FW マキシム・シュポ=モティング MAXIM CHOUPO-MOTING マインツ
FW サミュエル・エトー SAMUEL ETO'O チェルシー
FW バンジャマン・ムカンジョ BENJAMIN MOUKANDJO ナンシー
FW ピエール・ウェボ PIERRE WEBO フェネルバフチェ
FW ファブリス・オリンガ FABRICE OLINGA ズルテ・ワレヘム

新着記事

↑top