オーストラリア

australia

今回で3大会連続となるワールドカップ出場を果たすなど、世界の舞台で活躍してきたオーストラリア。ただハリー・キューウェル、ブレット・エマートン、マーク・シュウォーツァーといった黄金時代を支えたメンバーはもういない。世代交代が思うように進まず、チームの骨格はベテランが務める。厳しいグループに入ったサッカルーズ。安定感はあるが、勢いという部分では不安が残る。

注目の選手

timcahillティム・ケーヒル

ティム・ケーヒル

ドイツ大会ではジーコジャパンを奈落の底に突き落とす2ゴールを決めるなど、日本のファンにもお馴染みの選手。長身ではないが驚異的なジャンプ力で空中戦も得意とする。シャドーストライカーとしてエリア内で高い決定力を発揮する要注意人物。

出場国の情報

過去成績 66年 予選敗退
70年 予選敗退
74年 グループリーグ敗退
78年 予選敗退
82年 予選敗退
86年 予選敗退
90年 予選敗退
94年 予選敗退
98年 予選敗退
02年 予選敗退
06年 ベスト16
10年 グループリーグ敗退
人口 2,294万人
首都 キャンベラ
公用語 英語
面積 769万k㎡
一人当たりGDP 67,304ドル(5位)
通貨 オーストラリアドル

監督紹介

postecoglouアンジェ・ポステコグルー

アンジェ・ポステコグルー

1965年8月27日生まれギリシャ出身。前任のホルガー・オジェックが2013年10月に解任され、白羽の矢が立ったのがポステコグルー。Aリーグのブリスベン・ロアを率いてリーグ戦2連覇を達成したこともある。過去にはU-20オーストラリア代表監督を務めている。

選手一覧

GK ミッチェル・ランゲラク MITCHELL LANGERAK ドルトムント
GK マット・ライアン MATT RYAN クラブ・ブルージュ
GK ユージーン・ガレコビッチ EUGENE GALEKOVIC アデレード
DF イバン・フラニッチ IVAN FRANJIC ブリスベン・ロアー
DF ジェイソン・デイビッドソン JASON DAVIDSON ヘラクレス
DF ライアン・マッガワン RYAN MCGOWAN 山東魯熊泰山
DF マシュー・スピラノビッチ MATTHEW SPIRANOVIC ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ
DF ベイリー・ライト BAILEY WRIGHT プレストン
DF アレックス・ウィルキンソン ALEX WILKINSON 全北現代
MF マーク・ブレッシャーノ MARK BRESCIANO アル・ガラファ
MF ジェームズ・ホランド JAMES HOLLAND オーストリア・ウィーン
MF ミル・ジェディナク MILE JEDINAK クリスタル・パレス
MF マット・マッケイ MATT MCKAY ブリスベン・ロアー
MF マーク・ミリガン MARK MILLIGAN メルボルン・ビクトリー
MF マッシモ・ルオンゴ MASSIMO LUONGO スウィンドン・タウン
MF オリバー・ボザニッチ OLIVER BOZANIC ルツェルン
MF ダリオ・ヴィドシッチ DARIO VIDOSIC シオン
MF トミー・オアー TOMMY OAR ユトレヒト
MF ジェームス・トロイージ JAMES TROISI メルボルン・ビクトリー
FW ベン・ハロラン BEN HALLORAN デュッセルドルフ
FW アダム・タガート ADAM TAGGART ニューカッスル・ジェッツ
FW マシュー・レッキー MATHEW LECKIE FSVフランクフルト
FW ティム・ケイヒル TIM CAHILL NYレッドブルズ

新着記事

↑top