スウェーデン

sweden

プレーオフで難敵イタリアを退け、見事本大会行きの切符を掴んだ。絶対的エースのズラタン・イブラヒモビッチを欠いた中でチームは一丸となり、ポジションに関係なく全員がハードワークに徹する。強固な守備も持ち味であり、簡単に崩れることはない。プレーオフのイタリアとの第2戦では終始攻められ苦しい展開となっていたが、全員が体を張り、無失点で試合を終えることに成功している。本大会でもその勝負強さを発揮したいところだ。

注目の選手

エミル・フォシュベリ

エミル・フォシュベリ

所属するRBライプツィヒで培った豊富な運動量とハードワークができる同国代表の顔。2016/17シーズンにはブンデスリーガのアシスト王に輝くなど味方を生かすプレーも非常にうまい。ワールドカップの舞台で更なる飛躍が期待される選手の1人だ。

出場国の情報

過去成績 30年 不参加
34年 ベスト8
38年 ベスト4
50年 ベスト4
54年 予選敗退
58年 準優勝
62年 予選敗退
66年 予選敗退
70年 グループリーグ敗退
74年 ベスト16
78年 グループリーグ敗退
82年 予選敗退
86年 予選敗退
90年 グループリーグ敗退
94年 ベスト4
98年 予選敗退
02年 ベスト16
06年 ベスト16
10年 予選敗退
14年 予選敗退
人口 約1,012万人
首都 ストックホルム
公用語 スウェーデン語
面積 45万k㎡
1人あたりGDP 53,217ドル(世界12位)
通貨 スウェーデン・クローナ

監督紹介

ヤン・アンデション

ヤン・アンデション

1962年9月29日生まれスウェーデン出身。しばらく国際大会での成績が伴わなかった同国代表にハードワークという武器を植え付け、12年ぶりのワールドカップ出場に導いた。グループは前回大会王者のドイツ、メキシコ、韓国と決して楽ではないが、突破の可能性は十分にあり得る。絶対的エースだったイブラヒモビッチを欠く中でも選手全員をまとめ上げ、結果を残すことが求められる。

選手一覧

GK ロビン・オルセン ROBIN OLSEN コペンハーゲン
GK カール=ヨハン・ヨンソン KARL-JOHAN JOHNSSON ギャンガン
GK クリストファー・ノルドフェルト KRISTOFFER NORDFELDT スウォンジ―
DF ミカエル・ルスティグ MIKAEL LUSTIG セルティック
DF ビクター・リンデロフ VICTOR LINDELOF マンチェスター・ユナイテッド
DF アンドレアス・グランクビスト ANDREAS GRANQVIST クラスノダール
DF マーティン・オルソン MARTIN OLSSON スウォンジ―
DF ルドビク・アウグスティンソン LUDWIG AUGUSTINSSON ブレーメン
DF フィリップ・へランデル FILIP HELANDER ボローニャ
DF エミル・クラフト EMIL KRAFTH ボローニャ
DF ポントゥス・ヤンソン PONTUS JANSSON リーズ
MF セバスティアン・ラーション SEBASTIAN LARSSON ハル・シティ
MF アルビン・エクダル ALBIN EKDAL ハンブルガーSV
MF エミル・フォルスベリ EMIL FORSBERG RBライプツィヒ
MF グスタフ・スベンソン GUSTAV SVENSSON シアトル・サウンダーズ
MF オスカル・ヒリェマルク OSCAR HILIJEMARK ジェノア
MF ビクター・クラーソン VIKTOR CLAESSON クラスノダール
MF マルクス・ローデン MARCUS ROHDEN クロトーネ
MF ジミー・ドゥルマズ JIMMY DURMAZ トゥールーズ
FW マルクス・ベリ MARCUS BERG アル・アイン
FW ヨン・グイデッティ JOHN GUIDETTI アラベス
FW オラ・トイヴォネン OLA TOIVONEN トゥールーズ
FW イサーク・キーセ・テリン ISAAC KISE THELIN ワースラント=ベフェレン

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top