チェーザレ・ポレンギ

イタリア、ミラノ生まれ。1994年より日本に在住。その間、1年間シンガポールにてGoal.comアジア5ヶ国のエディションを設立、管理する。その後、日本に戻りGoalJapan編集長を経て、現在はフットボールチャンネルのマネージング・エディターとして活躍。毎週水曜日JSOPORTS「FOOT!」に出演中。またスカパーにてJリーグの試合を英語で実況・解説している。Twitter:@CesarePolenghi

ローマとデ・ロッシとマフィア・カピターレ。イタリアサッカーに忍び寄る新たなスキャンダルの種

ローマとデ・ロッシとマフィア・カピターレ。イタリアサッカーに忍び寄る新たなスキャンダルの種

イタリアサッカー界に新たなスキャンダルの可能性が浮上している。ローマのダニエレ・デ・ロッシが組織的犯罪の中心人物と友人関係にあることが明らかとなった。そして、その後のローマ戦では不可解な判定が続いていた…。

彼らが叫ぶ“WE”とは? “サンフレッズ”は地域アイデンティティーの破滅を意味するのか

彼らが叫ぶ“WE”とは? “サンフレッズ”は地域アイデンティティーの破滅を意味するのか

またしもサンフレッチェ広島から浦和レッズへ。石原直樹の移籍が決定的となっている。浦和のラインナップを見れば、そのほとんどがかつてライバルチームでプレーしていた選手だ。地域密着を掲げるJクラブにおいてアイデンティティーの破滅を意味するのだろうか。

アッレグリのユベントスは「本物」か? 国内では圧倒もCLで暗い影。欧州での奮起が証明の鍵

アッレグリのユベントスは「本物」か? 国内では圧倒もCLで暗い影。欧州での奮起が証明の鍵

コンテ監督がシーズン直前に電撃退任したユベントス。後を継いだアッレグリ監督は序盤こそ苦しんだものの、独自色を打ち出して向上。しかし、本当の強さを証明するためにはCLで奮起が求められる。

20141117_balo3_getty

「マリオ・バロテッリ」を紐解く5つのトピックス。過剰な好奇の目、活かしきれない才能…真の人物像とは?

稀有な才能を持ちながら活かし切れず、常に好奇の目に晒され、問題児とされてきたマリオ・バロテッリ。しかし、メディアを通した姿と本来の姿は同じなのだろうか?

20141116_mancini_getty

求められる「インテリスモ」。監督交代のインテル、マッザーリ解任の2つの理由とマンチーニに課せられた責任

長友佑都が所属するインテルが監督交代に踏み切った。ワルテル・マッザーリは14年の監督キャリアで初となる解任。後任には、かつてクラブを栄光に導いたロベルト・マンチーニが帰還した。

『キャプテン翼』は現実にあらず。“攻撃的サッカー”で4失点…日本に欠ける守備への理解。育成年代から改革を

『キャプテン翼』は現実にあらず。“攻撃的サッカー”で4失点…日本に欠ける守備への理解。育成年代から改革を

ゴールはサッカーの醍醐味であり、得点数の多い試合は“面白い”。しかし、それは同時に守備に問題を抱えていることも事実だ。国際大会を勝ち抜くには攻撃力以上に守備力が不可欠となる。

衰退のインテルとミラン。ブーイングを浴びるマッツァーリ、会長介入に惑わされるインザーギ。共通するのは深刻な経済難

衰退のインテルとミラン。ブーイングを浴びるマッツァーリ、会長介入に惑わされるインザーギ。共通するのは深刻な経済難

かつては世界のトップを争ったインテルとミラン。しかし、ファイナンシャル・フェアプレー導入後は衰退の一途を辿っている。ピッチ内外で混乱する現状から抜け出すために必要なこととは?

20141101_fctokyo_getty

ビッグクラブなき東京都。目指すべき未来はパリにあり。スターの獲得、新国立の活用…多様化する娯楽に対抗を

世界有数の大都市でありながら、サッカーでは影の薄い東京都。かつてはミラノを、現在ではロンドンをモデルとするも成功とは程遠い状況だ。しかし、参考とすべき最高の街がある。PSGをワールドクラスにしたパリだ。

インテル名誉会長モラッティの退任に見る“終わらないカルチョーポリ”。復権への唯一の道は代表者たちの「意思統一」

インテル名誉会長モラッティの退任に見る“終わらないカルチョーポリ”。復権への唯一の道は代表者たちの「意思統一」

マッシモ・モラッティがインテルの名誉会長を退いた。イタリアサッカー界において、強く惜しまれる存在であることは事実だが、ユベントスのアンドレ・アニェッリ会長から発せられた言葉には今なお残る険悪なムードが漂っていた。

日本代表は“守り切る”守備ができるか? イタリア人監督に聞くディフェンス文化と成熟度

日本代表は“守り切る”守備ができるか? イタリア人監督に聞くディフェンス文化と成熟度

日本代表は最近の3試合で9得点を奪っているが、同時に6失点を喫している。失点を振り返ってみると、そこに個人のミスが絡んでいることが少なくない。ザッケローニ監督と同じイタリア出身の二人が、日本代表のディフェンスについて語り合った。

新着記事

↑top