リー・スコット

ケビン・デ・ブルイネ

デ・ブライネの恐るべき能力とは? 対戦相手に与える恐怖とマンチェスター・シティにもたらす恩恵【デ・ブライネの取扱説明書・後編】

噛み砕いて考えれば考えるほど、グアルディオラのゲームモデルはシンプルそのものである。彼らがあれほど効果的に戦えるのは、同コンセプトを寸分の狂いもなく実行に移しているからこそだ。マンチェスター・シティの選手がどのように動き、どのようにパスを出しているのか、そしてその理由について明確に説明することを試みた『ポジショナルフットボール教典』から、「ケヴィン・デ・ブライネ」の章より一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:リー・スコット)

ケビン・デ・ブルイネ

デ・ブライネはどんな選手? マンチェスター・シティで発揮される驚異的ロングパス能力【デ・ブライネの取扱説明書・前編】

噛み砕いて考えれば考えるほど、グアルディオラのゲームモデルはシンプルそのものである。彼らがあれほど効果的に戦えるのは、同コンセプトを寸分の狂いもなく実行に移しているからこそだ。マンチェスター・シティの選手がどのように動き、どのようにパスを出しているのか、そしてその理由について明確に説明することを試みた『ポジショナルフットボール教典』から、「ケヴィン・デ・ブライネ」の章より一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:リー・スコット)

0101Fernandinho_getty

その「4番」は何を求められている?“黒い技巧”で悪名高い存在に…マンCに不可欠な男とは【ペップ流4番の役割・後編】

噛み砕いて考えれば考えるほど、グアルディオラのゲームモデルはシンプルそのものである。彼らがあれほど効果的に戦えるのは、同コンセプトを寸分の狂いもなく実行に移しているからこそだ。マンチェスター・シティの選手がどのように動き、どのようにパスを出しているのか、そしてその理由について明確に説明することを試みた『ポジショナルフットボール教典』から、「フェルナンジーニョの役割」の章より一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:リー・スコット )

0101Busquets_getty

いつも世界最高クラスがいる。グアルディオラが最重要視するポジションとは?【ペップ流4番の役割・前編】

噛み砕いて考えれば考えるほど、グアルディオラのゲームモデルはシンプルそのものである。彼らがあれほど効果的に戦えるのは、同コンセプトを寸分の狂いもなく実行に移しているからこそだ。マンチェスター・シティの選手がどのように動き、どのようにパスを出しているのか、そしてその理由について明確に説明することを試みた『ポジショナルフットボール教典』から、「フェルナンジーニョの役割」の章より一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編(文:リー・スコット )

0101FabinhoKlopp_getty

ファビーニョはなぜ不可欠なのか? リバプールを前進させるその能力【ファビーニョの取扱説明書・後編】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、ファビーニョの取扱説明書を一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:リー・スコット)

0101Fabinho_getty

ファビーニョはどんな選手? リバプールの心臓、カオスが生まれる瞬間に活きる能力とは【ファビーニョの取扱説明書・前編】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、ファビーニョの取扱説明書を一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:リー・スコット)

1230Vandijk2_getty

そのファン・ダイクの驚異的な凄さとは? 守備で発揮する圧倒的な支配力【ファン・ダイクの取扱説明書・後編】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、フィルジル・ファン・ダイクの取扱説明書を一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:リー・スコット)

1230Vandijk1_getty

ファン・ダイクはどんな選手? リバプールで活きるパス能力。その実力とは?【ファン・ダイクの取扱説明書・前編】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、フィルジル・ファン・ダイクの取扱説明書を一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:リー・スコット)

1228PepCity_getty

グアルディオラのプレッシング最新バージョンは? マンチェスター・シティで遂げた進化とは【プレッシングの進化・後編】

噛み砕いて考えれば考えるほど、グアルディオラのゲームモデルはシンプルそのものである。彼らがあれほど効果的に戦えるのは、同コンセプトを寸分の狂いもなく実行に移しているからこそだ。マンチェスター・シティの選手がどのように動き、どのようにパスを出しているのか、そしてその理由について明確に説明することを試みた『ポジショナルフットボール教典』から、「プレッシング」の章より一部抜粋で公開です。(文:リー・スコット)

1228PepBarca_getty

グアルディオラが与えた衝撃、「5秒ルール」が変えた世界。その構造とは?【プレッシングの進化・前編】

噛み砕いて考えれば考えるほど、グアルディオラのゲームモデルはシンプルそのものである。彼らがあれほど効果的に戦えるのは、同コンセプトを寸分の狂いもなく実行に移しているからこそだ。マンチェスター・シティの選手がどのように動き、どのようにパスを出しているのか、そしてその理由について明確に説明することを試みた『ポジショナルフットボール教典』から、「プレッシング」の章より一部抜粋で公開です。(文:リー・スコット)

リバプール

マネとサラーは驚異的に補完し合う。リバプールを背負う2人の異なる特徴とは?【クロップ流・偽ウイング(3)】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、リバプールにとって最も重要な役割であるウイングを分析した「偽ウイング」を一部抜粋して全3回で公開する。今回は第3回。(文:リー・スコット)

リバプール

マネとサラーはロッベンを超えた。リバプールのWGが得点を量産する理由とは?【クロップ流・偽ウイング(2)】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、リバプールにとって最も重要な役割であるウイングを分析した「偽ウイング」を一部抜粋して全3回で公開する。今回は第2回。(文:リー・スコット)

リバプール

「偽ウイング」とは何か? リバプールを最強にしたポジション。その重要な役割とは【クロップ流・偽ウイング(1)】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、リバプールにとって最も重要な役割であるウイングを分析した「偽ウイング」を一部抜粋して全3回で公開する。今回は第1回。(文:リー・スコット)

ユルゲン・クロップ

クロップはリバプールでどう変わった? 進化を知るための数値「PPDA」とは何か【クロップ戦術の進化・後編】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、「ゲームメーカーとしてのプレッシング」を一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:リー・スコット)

ユルゲン・クロップ

ゲーゲンプレッシングとは何なのか? リバプールで変貌するクロップ戦術を知るための前提とは…【クロップ戦術の進化・前編】

クロップの代名詞だった激烈なプレッシングにも変化が生じ、もはやアイデンティティの主要部分ではなくなっている。より効率的な形で試合のリズムをコントロールしようとしている最新のクロップ戦術を赤裸々にする12/14発売の『組織的カオスフットボール教典』から、「ゲームメーカーとしてのプレッシング」を一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:リー・スコット)

新着記事

↑top