大井義洋

1969年石川県金沢市生まれ。1993年慶応大学卒。同年(株)電通入社。2000年よりアジアのサッカーを担当。現在は中近東から東アジアまで年間3分の1はアジア各地でサッカービジネスに従事。アジアのサッカーより実はアジアのラーメンに精通

FIFAクラブワールドカップ2016で決勝進出を果たした鹿島アントラーズ

鹿島、FIFAクラブワールドカップ2016で躍進の秘訣。サッカー戦術解析モデルBuildup 6による分析

昨年日本で開催されたFIFAクラブワールドカップ2016で決勝進出を果たした鹿島アントラーズ。開催国枠での出場となったが、Jリーグチャンピオンシップからの勢いをもって臨んだ大会では、日本のサッカーファン・関係者に強烈な印象を残す戦いぶりを見せつけた。鹿島の強さはどこにあったのか。サッカー戦術解析モデルBuildup 6による分析で、その一端が見えてきた。(文:大井義洋)

新着記事

↑top