羽澄凜太郎

1993年1月25日生まれ。東京都多摩市出身。小学生の時は野球少年であったが小学6年の時に生で見たレアルマドリードの面々に感動し、本格的にサッカーを好きになる。中学卒業頃からライターを志すようになり、高校卒業後、専門学校東京スクールオブビジネスに入学。そこでマスコミやライターのノウハウを2年間学ぶ。この春、卒業も就職をせずに留学を決意。この夏よりロンドンにてFA Coaching licenseの取得を目指す。@randyrin

【独占インタビュー】ゲルト・エンゲルス「Jリーグは『もっと上に行く』というハングリーさが足りない」

【独占インタビュー】ゲルト・エンゲルス「Jリーグは『もっと上に行く』というハングリーさが足りない」

日本で長く指導者を務めたゲルト・エンゲルス。現在はモザンビーク代表監督を務めるかたわら、ロンドンにある日本人少年のためにサッカークラブのテクニカルアドバイザーを務めている。日本から遠く離れた氏が日本サッカーへ提言する。

【独占インタビュー】ゲルト・エンゲルス「18歳のドイツ人と日本人では10倍の経験値の差がある」

【独占インタビュー】ゲルト・エンゲルス「18歳のドイツ人と日本人では10倍の経験値の差がある」

日本で長く指導者を務めたゲルト・エンゲルス。現在はモザンビーク代表監督を務めるかたわら、ロンドンにある日本人少年のためにサッカークラブのテクニカルアドバイザーを務めている。日本から遠く離れた氏が日本サッカーへ提言する。

【独占インタビュー】ゲルト・エンゲルス「代表は新しい選手、新しいシステムを意識したほうが良い」

【独占インタビュー】ゲルト・エンゲルス「代表は新しい選手、新しいシステムを意識したほうが良い」

日本で長く指導者を務めたゲルト・エンゲルス。現在はモザンビーク代表監督を務めるかたわら、ロンドンにある日本人少年のためにサッカークラブのテクニカルアドバイザーを務めている。日本から遠く離れた氏が日本サッカーへ提言する。

【独占インタビュー】ゲルト・エンゲルス「フリューゲルスは本当に家族だった」

【独占インタビュー】ゲルト・エンゲルス「フリューゲルスは本当に家族だった」

日本で長く指導者を務めたゲルト・エンゲルス。現在はモザンビーク代表監督を務めるかたわら、ロンドンにある日本人少年のためにサッカークラブのテクニカルアドバイザーを務めている。日本から遠く離れた氏が日本サッカーへ提言する。

新着記事

↑top