海江田哲朗

1972年、福岡県生まれ。獨協大学卒業後、フリーライターとして活動。東京ヴェルディを中心に、日本サッカーの現在を追う。主な寄稿先に『フットボール批評』、『フットボールサミット』、『サッカーダイジェスト』など。著書に、東京ヴェルディの育成組織にフォーカスしたノンフィクション『異端者たちのセンターサークル』(白夜書房)がある。2016年初春に始動した『スタンド・バイ・グリーン ライター海江田哲朗のWEBマガジン』で、東京Vのマッチレポートやコラムを届けている。

テレビマンが見る2ステージ+ポストシーズン制の価値

テレビマンが見る2ステージ+ポストシーズン制の価値

Jリーグは数字が取れないと言われる。仮に2ステージ+ポストシーズン制が導入された場合、そうした現状を打破することはできるのだろうか? また地上波での露出増にどれほどの効果が期待できるのか? テレビ事情に詳しい元NHKのチーフプロデューサー・堀田壽一氏に率直な意見を聞いた。

鉄人の声を聞け プロ20年目の達観――服部年宏(FC岐阜)

鉄人の声を聞け プロ20年目の達観――服部年宏(FC岐阜)

Jリーグ20年目のシーズンを戦う39歳。1994年から13年間ジュビロ磐田に在籍し、東京ヴェルディ、ガイナーレ鳥取を経て、今季からFC岐阜でプレーする服部年宏。全てのクラブでキャプテンを務め、W杯からJ1・J2のみならずJFLまで知る男の目に現在のJリーグはどう映っているのか? 鉄人の声に耳を傾けてみたい。

futagawa

ベールに包まれた二川孝広の魅力と素顔

ガンバ大阪特集を行うにあたって、この選手のインタビューは外せない。どんな話になったのか、ちょっと覗いてみよう。

20130512_tokyo

応援タブーの境界線。窮屈な規制がサッカーをつまらなくする!?

Jリーグも開幕から20年を迎え、サポーターの応援文化も徐々に熟成されてきている。そこで、応援におけるタブーとスタジアムにおいてのマナーについて、海江田哲朗氏に迫ってもらった。

成功する助っ人、失敗する助っ人

成功する助っ人、失敗する助っ人 ~外国籍選手の成否を分けるものは何か?~(後編)

Jリーグに限らず、“助っ人”の活躍次第でチームの成績が左右されるケースが多い。そんな外国籍選手の補強で大切なことは何になるのだろう? また成功と失敗の背景にあるものとは? 2011シーズンの途中、アルビレックス新潟強化部長の神田勝夫氏、代理人である西真田佳典氏、稲川朝弘氏に話を聞いた。

成功する助っ人、失敗する助っ人

成功する助っ人、失敗する助っ人 ~外国籍選手の成否を分けるものは何か?~(前編)

Jリーグに限らず、“助っ人”の活躍次第でチームの成績が左右されるケースが多い。そんな外国籍選手の補強で大切なことは何になるのだろう? また成功と失敗の背景にあるものとは? 2011シーズンの途中、アルビレックス新潟強化部長の神田勝夫氏、代理人である西真田佳典氏、稲川朝弘氏に話を聞いた。

キングがヴェルディに残したもの

キングがヴェルディに残したもの~ともに歴史を築いた者たちの回想録~(後編)

Jリーグ元年、スター軍団として一世を風靡した「ヴェルディ川崎」。絶頂期のチームいたカズはどのような存在だったのか? またカズはヴェルディに何を残したのか?元チームメイトである武田修宏氏、元社長の坂田信久氏に話を聞いた。

キングがヴェルディに残したもの

キングがヴェルディに残したもの~ともに歴史を築いた者たちの回想録~(中編)

Jリーグ元年、スター軍団として一世を風靡した「ヴェルディ川崎」。絶頂期のチームいたカズはどのような存在だったのか? またカズはヴェルディに何を残したのか?元チームメイトである武田修宏氏、元社長の坂田信久氏に話を聞いた。

キングがヴェルディに残したもの

キングがヴェルディに残したもの~ともに歴史を築いた者たちの回想録~(前編)

Jリーグ元年、スター軍団として一世を風靡した「ヴェルディ川崎」。絶頂期のチームいたカズはどのような存在だったのか? またカズはヴェルディに何を残したのか?元チームメイトである武田修宏氏、元社長の坂田信久氏に話を聞いた。

異端の天才 金田喜稔の「超常識」

異端の天才 金田喜稔の「超常識」(後編)

『破天荒に生きた名手からの叱咤激励』
型破りなプレーヤーとして、破天荒な時代を駆け抜けた金田喜稔氏は、日本の現状をどのように捉えているのだろうか? 「異端の天才」と呼ばれた男の持論を聞いた。

異端の天才 金田喜稔の「超常識」

異端の天才 金田喜稔の「超常識」(前編)

『破天荒に生きた名手からの叱咤激励』
型破りなプレーヤーとして、破天荒な時代を駆け抜けた金田喜稔氏は、日本の現状をどのように捉えているのだろうか? 「異端の天才」と呼ばれた男の持論を聞いた。

新着記事

↑top