神尾光臣

1973年9月28日、福岡県生まれ。東京外国語大学外国語イタリア語学科卒。97年の留学中にイタリアサッカーの熱狂に巻き込まれ、2003年から本格的に取材活動を開始する。イタリア南部での活動を経て、2011年からミラノ近郊に拠点を移動。北はトリエステから南はシチリア島、時にはヨーロッパ他国にも飛び回り、プロビンチャで養った視点でビッグクラブの現実や欧州サッカーの潮流までも観察する。『Footballista』『エル・ゴラッソ』『スポーツナビ』『週刊サッカーダイジェスト』等に執筆・寄稿。たまに地元TVやラジオ相手にしゃべったりもするが、軽くネタキャラに扱われているのは内緒。

右サイド・長友佑都に求められる仕掛けの意識

右サイド・長友佑都に求められる仕掛けの意識

27日、セリエAの第22節、インテル対トリノの一戦が行われ、2-2の引き分けに終わった。長友佑都は先発フル出場を果たしたが、本来の動きにほど遠く、厳しい声も寄せられた。今後の彼の課題とは?

万全の状態ではない長友が先発出場した理由

万全の状態ではない長友が先発出場した理由

セリエA第21節、ローマ対インテルは1-1の引き分けに終わった。日本代表の長友佑都は約1ヶ月ぶりにケガから復帰し、先発出場を果たすも後半途中で交代。万全の状態ではない中、先発復帰したワケとは何か?

監督からの厚い信頼でチームへ帯同したインテル・長友

監督からの厚い信頼でチームへ帯同したインテル・長友。次節ローマ戦復帰へ!

長友は次節復帰とも言われているが、欠場の間にライバルたちも評価を上げてきた。今後はポジション争いが激化することも予想される。ストラマッチョーニ監督は長友をどう評価しているのか? また本人のケガの状態は? 監督・本人のコメントから検証したい。

欧州5大リーグで成功するために必要なこと~イタリア・セリエA編~

欧州5大リーグで成功するために必要なこと~イタリア・セリエA編~

『現地記者が分析する欧州リーグにおける日本人選手の適応条件』
今では多くの日本人選手が海を渡り、海外リーグへ挑戦するようになった。日本とは違う環境で成功するためには一体どんなことが必要なのだろうか? 欧州各国に滞在する現地記者が、欧州リーグで活躍するための適応条件を探った。今回はイタリア・セリエA編をお届けする。

長友佑都と森本貴幸の現在地

長友佑都と森本貴幸の現在地(後編)

『イタリア組の光と陰、そして未来』
言わずもがなセリエAは過酷なリーグだ。たった1試合のパフォーマンスでベンチに追いやられることもざらにある。そんな厳しいリーグで奮闘するジャポネーゼの現在地を探ると共に、彼らの未来を占う。

長友佑都と森本貴幸の現在地

長友佑都と森本貴幸の現在地(前編)

『イタリア組の光と陰、そして未来』
言わずもがなセリエAは過酷なリーグだ。たった1試合のパフォーマンスでベンチに追いやられることもざらにある。そんな厳しいリーグで奮闘するジャポネーゼの現在地を探ると共に、彼らの未来を占う。

『世界一のサイドバック』へ 手応えを掴んだ長友佑都

『世界一のサイドバック』へ 手応えを掴んだ長友佑都

インテル・ミラノに所属する長友は、負傷により年内最終節のベローナ戦を欠場した。ストラマッチョーニ監督は、大きく陣形を変えて長友の不在を埋めようとしたが、すでにその穴は簡単に埋まるようなものではなくなっていた。インテルにとって長友は既に重要なピースの一つであり、『世界一のサイドバック』という言葉も夢物語ではなくなってきている――。

長友奮闘もインテルはクローゼの一発に沈む

長友奮闘も、インテルはクローゼの一発に沈む

『サイドバックなので守備を重視しようと心がけた』
サイドアタックの強烈なラツィオに対し、4バックに変更して試合に臨んだインテル・ストラマッチョーニ監督。長友は前半右サイドバックとして出場し、後半開始から長友は左のサイドハーフにポジションを移した。長友のユーティリティ性が、監督の引き出しを増やしているのは間違いないだろう。

新着記事

↑top