河治良幸

東京都出身。サッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』で日本代表を担当し、プレー分析を軸にグローバルな視点でサッカーの潮流を見続ける。セガ『WCFF』の選手プロフィールを担当。著書に『勝負のスイッチ』『サッカーの見方が180度変わる データ進化論』『サッカー番狂わせ完全読本ジャイアントキリングはキセキじゃない』がある。TwitterIDは@y_kawaji

「4年前のような衝撃はない」。長友佑都はなぜアフリカ勢のフィジカルに通用するのか?

「4年前のような衝撃はない」。長友佑都はなぜアフリカ勢のフィジカルに通用するのか?

ガーナ戦に快勝したザックジャパンにおいて、存在感を示したのが長友佑都だ。フィジカルの強い相手に対しても競り勝ち、サイドを制圧した。決して上背はない長友だが、なぜアフリカ勢にも当たり負けしないのか。本人が語った。

有名選手は不在。ガーナ代表は本当に“二軍”なのか?

有名選手は不在。ガーナ代表は本当に“二軍”なのか?

今日、日本代表と対戦するガーナ代表。ビッグクラブでプレーする有名選手が不在で、一部では「二軍」とも報道されたが、果たして本当にそうだろうか。

グアテマラ戦で完封勝利に貢献。森重真人が示した“強さ”とは何か?

グアテマラ戦で完封勝利に貢献。森重真人が示した“強さ”とは何か?

グアテマラ戦で完封勝利したザックジャパン。無失点に貢献した一人がセンターバックとして先発した森重真人だ。吉田麻也と初のコンビとなった森重だが、ラインの乱れも少なく、一対一の強さも発揮した。

攻守で貢献度の高い岡崎慎司。若手攻撃陣の見本となることが出来るか?

攻守で貢献度の高い岡崎慎司。若手攻撃陣の見本となることが出来るか?

6日のグアテマラ戦。守備の課題が話題に上がる中、現代表で最多得点を記録する岡崎慎司は、そこだけに集中することへ警鐘を鳴らす。当然、前線からの守備も重要だが、そこからいかにしてゴールに結び付けられるのか、を強調する。

20130830_hasebe

長谷部・遠藤を超えるために――。9月の連戦でボランチの山口と青山に求められること

9月の連戦に向けた日本代表メンバー23人が発表された。これまで常連だった細貝と高橋が外れ、東アジア杯で結果を出した山口と青山がボランチとして招集された。彼らが不動のレギュラーである長谷部、遠藤を超えるためには何が必要なのだろうか。

酒井宏樹は日本代表SBの序列を覆せるか? シャルケ戦で見せたハノーファーでの進化に迫る

酒井宏樹は日本代表SBの序列を覆せるか? シャルケ戦で見せたハノーファーでの進化に迫る

8月24日のブンデスリーガ第3節、ハノーファーはシャルケを2-1で下した。この試合、目立った活躍を見せたのが酒井宏樹。得意のオーバーラップで積極的に攻撃に絡んだ。ドイツ2年目で見せた進化とは?

20130825_daihyo

ザックジャパン不動のレギュラーである遠藤と長谷部。ボランチの“聖域化”は正しいのか?

来年に迫ったW杯までにザックジャパンは何を整備すべきなのか。強豪国との差を埋めるためには多くの課題がある。重要なのはすべてにおいてのレベルアップ。これまで軸となっていた部分にもその余地がないか検証する必要がある。

攻撃面でヘルタを牽引する細貝萌。日本代表でのポジション奪取を期待させる万能ボランチへの進化

攻撃面でヘルタを牽引する細貝萌。日本代表でのポジション奪取を期待させる万能ボランチへの進化

今季から1部に昇格したヘルタ・ベルリンが2試合を終えて1勝1分と順調な滑り出しを見せている。好調なチームの要として機能しているのが細貝萌だ。日本代表でのポジション奪取も狙う細貝だが、そこへ向けたボランチとしての進化も見える。

選手たちが語るザックジャパン守備崩壊の経緯。失点の責任は吉田麻也だけにあるのか?

選手たちが語るザックジャパン守備崩壊の経緯。失点の責任は吉田麻也だけにあるのか?

守備崩壊、という言葉があてはまったウルグアイ戦のザックジャパン。ミスの連発だったが、先制点は特にそれが表れている。試合の流れを左右する1点目。何が問題だったのか?

守備が課題のザックジャパン。強力攻撃陣のウルグアイを相手にどう守るべきなのか?

守備が課題のザックジャパン。強力攻撃陣のウルグアイを相手にどう守るべきなのか?

本日、ウルグアイと親善試合を行う日本代表。見どころは多々あるが、注目すべきは強力なウルグアイの攻撃陣にどう対応するかではないだろうか。コンフェデでは守備の課題が露呈した。強豪国が相手だけに、どれほど改善されたのか、見極める一戦となる。

20130811_hosogai

日本代表の“ドイツ組”はW杯で輝くことが出来るか? 試練のシーズンで長谷部・岡崎らに求められること

いよいよブンデスリーガの13-14シーズンが開幕した。ドイツには多くの日本人選手がおり、それぞれに課題を克服しなければならない。それが日本代表を飛躍させることにもなるだろう。

20130810_bie_hara

グアルディオラ新監督率いる新生・バイエルン。そのスタイルが故に生じる“付け入る隙”とは?

9日に行われたブンデスリーガ開幕戦で、昨季の王者バイエルンはボルシアMGに3-1と快勝した。しかし、ディフェンス面ではグアルディオラ監督が目指すスタイルから生じる隙が垣間見られた。

ブンデスリーガの“主力組”内田・清武・乾・酒井高。さらに飛躍するための今季の課題とは?

ブンデスリーガの“主力組”内田・清武・乾・酒井高。さらに飛躍するための今季の課題とは?

いよいよブンデスリーガの13-14シーズンが開幕する。ドイツには多くの日本人選手がおり、それぞれに課題を克服しなければならない。それが日本代表を飛躍させることにもなるだろう。内田、清武、乾、酒井高徳に求められるものとは何か?

期待の“東アジア組”森重・青山・山口の長所から読む。W杯までに日本代表が成長すべき要素

期待の“東アジア組”森重・青山・山口の長所から読む。W杯までに日本代表が成長すべき要素

14日のウルグアイ戦へ向けての日本代表のメンバーが発表された。優勝した東アジア杯に出場した選手はそのうち10人。彼らの選出の理由とは? 3人にピックアップして検証する。

東アジア杯MVPはなぜ山口螢だったのか? ザックジャパンにもたらした計り知れない貢献度を検証する

東アジア杯MVPはなぜ山口螢だったのか? ザックジャパンにもたらした計り知れない貢献度を検証する

東アジア杯のMVPはセレッソ大阪の山口螢に決まった。本人も受賞には謙遜していたが、彼はチームに大きな貢献をしたことは間違いない。ザックジャパンで活かされた山口の特徴を分析する。

新着記事

↑top