河治良幸

東京都出身。サッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』で日本代表を担当し、プレー分析を軸にグローバルな視点でサッカーの潮流を見続ける。セガ『WCFF』の選手プロフィールを担当。著書に『勝負のスイッチ』『サッカーの見方が180度変わる データ進化論』『サッカー番狂わせ完全読本ジャイアントキリングはキセキじゃない』がある。TwitterIDは@y_kawaji

金崎夢生が酒井高徳から受けた“ブンデスリーガの洗礼”

金崎夢生が酒井高徳から受けた“ブンデスリーガの洗礼”

23日に行われたブンデスリーガ第23節・シュツットガルト対ニュルンベルクの試合は、ブンデスリーガの舞台で初めて日本人選手4人が出場した記念すべき試合となった。そこで初スタメンとなった金崎が、酒井高徳から受けた洗礼とは?

金崎夢生、“殊勲のデビュー戦”に見る戦術効果を徹底分析

金崎夢生、“殊勲のデビュー戦”に見る戦術効果を徹底分析

17日に行われたニュルンベルク対ハノーファー戦で金崎夢生がブンデスリーガデビューを果たした(試合は2-2)。後半途中出場、31分のプレーではあったが、同点弾の起点になるなど、ニュルンベルクに戦術的なプラス効果をもたらした。“金崎効果”を戦術的視点から徹底分析する。

快勝したラトビア戦。ザックが試したかったことと、日本代表が得た収穫とは?

快勝したラトビア戦。ザックが試したかったことと、日本代表が得た収穫とは?

6日のラトビアとの親善試合、日本代表は3-0と快勝した。ザッケローニ監督はこの試合、2つのテストをした。それは何か? またW杯へ向けて得た収穫とは何か? 現地取材した記者が分析する。

ザッケローニの3-4-3は日本の武器になり得るのか?

ザッケローニの3-4-3は日本の武器になり得るのか?(第4回)

第1回、第2回では、3バックを再考するとともに、代表的な「3-4-3」の実例を検証した。最終回となる今回は、「3-4-3」を代表で完成させる難しさと、選手たちに求められる能力について考えていく。

2013年の幕開けとなるラトビア戦。日本代表の予想される布陣は?

2013年の幕開けとなるラトビア戦。日本代表の予想される布陣は?

6日19時20分にキックオフとなる、キリンチャレンジカップ2013 日本代表対ラトビア代表。日本代表としては2013年初めての試合で、W杯最終予選へ向けた貴重な調整試合となる。練習取材を続ける河治良幸氏に、ラトビア戦の布陣を予想してもらった。

ザッケローニの3-4-3は日本の武器になり得るのか?

ザッケローニの3-4-3は日本の武器になり得るのか?(第3回)

第1回、第2回では、3バックを再考するとともに、代表的な「3-4-3」の実例を検証した。第3回以降では、ザッケローニの「3-4-3」のメカニズムと、ストロングポイントとウィークポイントを、「4-2-3-1」と比較しながら検証していきたい。

ザッケローニの3-4-3は日本の武器になり得るのか

ザッケローニの3-4-3は日本の武器になり得るのか?(第2回)

ザッケローニは「必要なときまでとっておく」と、「3-4-3」の可能性を捨ててはいない。はたしてこのフォーメーションは日本の武器となり得るのか? フットボールチャンネルでは、「3-4-3」の特性と日本代表における可能性を4回に分けて検証する。今回は、3バックの再考とともに代表的な「3-4-3」の実例を検証していく。

ザッケローニの3-4-3は日本の武器になり得るのか

ザッケローニの3-4-3は日本の武器になり得るのか?(第1回)

ザッケローニは「必要なときまでとっておく」と、「3-4-3」の可能性を捨ててはいない。はたしてこのフォーメーションは日本の武器となり得るのか? フットボールチャンネルでは、「3-4-3」の特性と日本代表における可能性を4回に分けて検証する。まず今回は、3バックの再考とともに代表的な「3-4-3」の実例を検証していく。

ラトビア戦メンバー選考から見えるザック・ジャパンの未来像

ラトビア戦メンバー選考から見えるザック・ジャパンの未来像

2月6日に行われるラトビア戦の日本代表メンバーが発表された。親善試合であったにも関わらず、これまで主力を担ってきた海外組の多くが招集され、逆に昨季Jリーグで活躍した豊田陽平などは落選となった。このメンバー選考に隠された意図とは何か?

プレミア流 ワイドアタックの戦術的進化

プレミア流 ワイドアタックの戦術的進化(後編)

『マンU、トッテナム、アーセナル、ニューカッスルに見る“オープンスペース”有効活用法』
サイドからクロスを上げ、ゴール前では屈強な男たちが肉弾戦を繰り広げる。プレミアリーグでよく見る光景だ。昔からのスタイルではあるが、近年では戦術的な“崩し”が見られる。重要なのはクロスを上げる、そしてフィニッシュに持ち込むまでの過程だ。プレミアでの実例からワイドアタックの真髄を紐解いていく。

プレミア流 ワイドアタックの戦術的進化

プレミア流 ワイドアタックの戦術的進化(前編)

『マンU、トッテナム、アーセナル、ニューカッスルに見る“オープンスペース”有効活用法』
サイドからクロスを上げ、ゴール前では屈強な男たちが肉弾戦を繰り広げる。プレミアリーグでよく見る光景だ。昔からのスタイルではあるが、近年では戦術的な“崩し”が見られる。重要なのはクロスを上げる、そしてフィニッシュに持ち込むまでの過程だ。プレミアでの実例からワイドアタックの真髄を紐解いていく。

新着記事

FChan TV

↑top