西部謙司

1962年9月27日生まれ、東京都出身。学研『ストライカー』の編集記者を経て、02年からフリーランスとして活動。95年から98年までパリに在住し、ヨーロッパサッカーを中心に取材。現在は千葉市に住み、ジェフ千葉のファンを自認し、WEBスポーツナビゲションでは「犬の生活」を連載中。サッカーダイジェスト、フットボリスタなどにコラムを執筆中。『ちょいテク 超一流プレーヤーから学ぶちょっとスペシャルなワザ』監修(カンゼン)、「サッカー右翼サッカー左翼」(カンゼン、)近著に『戦術リストランテⅣ』(ソル・メディア)、「ゴールへのルート」(Gakken) 、共著の『サッカー日本代表の戦術が誰でも簡単に分かるようになる本』(マイナビ)、『FCバルセロナ』(ちくま新書)がある。

東アジア杯を制し力を示したリーガーたち。ザックジャパンへ“当確”と言える選手は?

東アジア杯を制し力を示したJリーガーたち。ザックジャパンへ“当確”と言える選手は?

東アジア杯の最終戦で韓国を下し、大会を制したザックジャパン。この大会の日本代表は海外組を招集できず、Jリーグでプレーする選手たちで構成されていた。大会を終え、今後も代表に食い込めそうな選手は誰なのか?

豪州戦2得点の大迫よりも豊田、齋藤がW杯メンバーに残れる理由

豪州戦2得点の大迫よりも豊田、齋藤がW杯メンバーに残れる理由

東アジア杯の豪州戦、日本は3-2で勝利した。この大会のテーマは新戦力の発掘にある。果たして、この試合でW杯メンバーに食い込めそうな選手は出たのか。攻撃陣、守備陣、共に検証する。

コンフェデと同じ役割を新戦力に課したザック。レギュラー陣を脅かす存在と言えるのは誰か?

コンフェデと同じ役割を新戦力に課したザック。レギュラー陣を脅かす存在と言えるのは誰か?

従来とはがらりとメンバーを変えた東アジア杯でのザックジャパン。しかし、選手に与えた役割はコンフェデと同様のものだった。レギュラー陣と同じ役目をさせることで、どれだけできるかを試したザッケローニ監督だが、果たしてそのお眼鏡に適った選手はいただろうか?

サッカー戦術サミット 一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

サッカー戦術サミット 一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

日本を代表する選手たちのサッカーIQを探求する。
著者 西部謙司

まるで罰ゲームだったイラク戦。勝ち点3と引き換えに失ったものとは?

まるで罰ゲームだったイラク戦。勝ち点3と引き換えに失ったものとは?

11日のイラク戦。アウェイで0-1と勝利さえした日本だが、内容は満足いくものではなかった。厳しい環境の中の試合とあって、選手のコンディション面を考えても不安は残った。コンフェデに向け、果たしてこの試合の収穫はどれほどあっただろうか。

PKに臨む本田

豪州戦で見えたW杯までの成長曲線――。本田の決定力向上に日本代表の未来がある

引き分けに持ち込みW杯出場を決めたオーストラリア戦。常に試合を支配する強さが見えた一方で、W杯へ向けた課題も見つかった。

日本代表の核となる個性 本田圭佑の戦術力を読み解く

日本代表の核となる個性 本田圭佑の戦術力を読み解く

日本代表の中心に成長した本田圭佑。彼のプレーヤーとしての個性はどのようなものなのか。日本代表における戦術的な役割について考察する。

歯車が狂ったザックジャパン。本田と岡崎の復帰で何が変わるのか?

歯車が狂ったザックジャパン。本田と岡崎の復帰で何が変わるのか?

さまざまな課題が噴出したブルガリア戦。だが、その中でも収穫はあった。そして4日にはオーストラリアとの大一番が待っている。本田と岡崎が戻ってくるが、彼らが果たしてきた役割とは何だったのか。

20130528_bay

技術はまだバルサが上? 強かったが戦術的新機軸はなかったCL決勝でのドイツ対決

完成度の高いチーム同士の対決となった今季のチャンピオンズリーグ決勝。“ドイツ時代の到来”とまで言われたバイエルンとドルトムントの勝ち上がりだったが、彼らはいかにして戦術を磨き上げたのか?

20130511_bay

ブンデスリーガ時代の到来か? CL決勝ドイツ対決から考察する欧州サッカーの覇権争い

今季のチャンピオンズリーグ決勝はドイツ対決となった。今後、欧州サッカーはドイツを中心に回っていくのだろうか。CLの歴史を振り返り、時代と共に移ろいゆく欧州サッカーの覇権争いを検証すると共に未来を占う。

なぜジェフ千葉はJ2で苦戦を続けるのか? 方向性なきクラブが持つ不安材料

なぜジェフ千葉はJ2で苦戦を続けるのか? 方向性なきクラブが持つ不安材料

毎年のように昇格候補にあげられながらJ2に“残留”してしまうジェフ千葉。J1クラスの戦力を有しながら、今季も苦戦している。同じ過ちを繰り返すのはなぜなのか? クラブの抱える問題点に迫った。

時代の終焉か? “バルサであること”に失敗したチームの未来

時代の終焉か? “バルサであること”に失敗したチームの未来

CL準決勝、バイエルンに大敗したバルサ。この敗戦は近年のヨーロッパで最も成功を収めてきたバルサ時代の終焉を予感させるものだった。完璧でなければ強さを維持できないバルサというチームの難しさとは?

確立された対バルサ戦術とメッシ封じ。「バルサ対策」への「対策」は可能か?

確立された対バルサ戦術とメッシ封じ。「バルサ対策」への「対策」は可能か?

数年前と比べバルセロナを相手にしても互角、あるいはそれ以上の戦いができるチームが増えてきた。徐々に確立されてきたバルサ対策とはどんなものか? そしてバルサはそれを打ち破ることができるのか?

「日本人らしいサッカー」とは何か?

「日本人らしいサッカー」とは何か?(その4・南アW杯ベスト16とその先)

オシム、岡田武史が目指した日本人らしいサッカーの先に何が見えたのか? そもそも日本人らしいサッカーとは何なのか? 今改めて問いたい。我々はどんなサッカーを求め、何を目指すのか、と。

『眼・術・戦』 ヤット流ゲームメイクの極意

眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意

日本サッカー界最高峰の“頭脳”を持つ、国内屈指のプレーメーカー・遠藤保仁が語るプレー理論

新着記事

FChan TV

↑top