西部謙司

1962年9月27日生まれ、東京都出身。学研『ストライカー』の編集記者を経て、02年からフリーランスとして活動。95年から98年までパリに在住し、ヨーロッパサッカーを中心に取材。現在は千葉市に住み、ジェフ千葉のファンを自認し、WEBスポーツナビゲションでは「犬の生活」を連載中。サッカーダイジェスト、フットボリスタなどにコラムを執筆中。『ちょいテク 超一流プレーヤーから学ぶちょっとスペシャルなワザ』監修(カンゼン)、「サッカー右翼サッカー左翼」(カンゼン、)近著に『戦術リストランテⅣ』(ソル・メディア)、「ゴールへのルート」(Gakken) 、共著の『サッカー日本代表の戦術が誰でも簡単に分かるようになる本』(マイナビ)、『FCバルセロナ』(ちくま新書)がある。

「日本人らしいサッカー」とは何か?

「日本人らしいサッカー」とは何か?(その3・岡田監督の試みと挫折)

オシム、岡田武史が目指した日本人らしいサッカーの先に何が見えたのか? そもそも日本人らしいサッカーとは何なのか? 今改めて問いたい。我々はどんなサッカーを求め、何を目指すのか、と。

「日本人らしいサッカー」とは何か?

「日本人らしいサッカー」とは何か?(その2・オシム監督とアジアカップ)

オシム、岡田武史が目指した日本人らしいサッカーの先に何が見えたのか? そもそも日本人らしいサッカーとは何なのか? 今改めて問いたい。我々はどんなサッカーを求め、何を目指すのか、と。

「日本人らしいサッカー」とは何か?

「日本人らしいサッカー」とは何か?(その1)

オシム、岡田武史が目指した日本人らしいサッカーの先に何が見えたのか? そもそも日本人らしいサッカーとは何なのか? 今改めて問いたい。我々はどんなサッカーを求め、何を目指すのか、と。

【秋春制を考える】原博実技術委員長に聞く日本サッカーの強化ビジョン

【秋春制を考える】原博実技術委員長に聞く日本サッカーの強化ビジョン(後編)

「(いまは)もうワンランク上がるための議論をタブーなくやるチャンス」
日本サッカー協会・原博実技術委員長(強化担当)は順風満帆な日本代表の活躍を評価しながらも、現状に満足することなく、日本サッカー全体がさらに上を目指すために危機意識をもって改革に取り組もうとしている。2011年8月初旬、原技術委員長が考える日本サッカーの強化ビジョンについて話を伺った。

【秋春制を考える】原博実技術委員長に聞く日本サッカーの強化ビジョン

【秋春制を考える】原博実技術委員長に聞く日本サッカーの強化ビジョン(前編)

「(いまは)もうワンランク上がるための議論をタブーなくやるチャンス」
日本サッカー協会・原博実技術委員長(強化担当)は順風満帆な日本代表の活躍を評価しながらも、現状に満足することなく、日本サッカー全体がさらに上を目指すために危機意識をもって改革に取り組もうとしている。2011年8月初旬、原技術委員長が考える日本サッカーの強化ビジョンについて話を伺った。

インタビュー『高橋秀人、サッカーを探求する』

インタビュー『高橋秀人、サッカーを探求する』(後編)

「早く指導者になりたい」
語り出したら止まらない。分析眼は鋭く、話は極めて論理的。まさに「プロフェッサー」の異名に相応しい頭脳と探究心を持つ高橋秀人。FC東京と日本代表でさらなる飛躍を誓う彼にたっぷりサッカーの真髄について語ってもらった。

インタビュー『高橋秀人、サッカーを探求する』

インタビュー『高橋秀人、サッカーを探求する』(前編)

「早く指導者になりたい」
語り出したら止まらない。分析眼は鋭く、話は極めて論理的。まさに「プロフェッサー」の異名に相応しい頭脳と探究心を持つ高橋秀人。FC東京と日本代表でさらなる飛躍を誓う彼にたっぷりサッカーの真髄について語ってもらった。

ジェフ 静かなる改革

ジェフ 静かなる改革~新シーズンに向けた社長の思考と決断~

J1昇格プレーオフ決勝で大分トリニータに敗れ、あと一歩で昇格を逃したジェフユナイテッド千葉。来季のJ2での戦いは、4年目を迎えることになる。名門復活に向けた社長のビジョンとは? 島田亮代表取締役に話を伺った。

ミシャ体制で2年目を迎えた浦和レッズに感じる、大いなる可能性

ミシャ体制で2年目を迎えた浦和レッズに感じる、大いなる可能性

ミハイロ・ペトロヴィッチが監督に就任し、2年目を迎える今季の浦和レッズ。昨季はリーグ3位と結果は残したが、世界的にも稀なスタイルはまだ完成には至っていない。レッズの課題とは何か? そしてそこから見えてくる可能性とは?

日本サッカーの生きる道

日本サッカーの生きる道―日本が世界一になるための真のポテンシャルを読み解く(後編)

日本は世界一になることができるのか? 日本の真の可能性を読み解くために、まずは巷で囁かれる日本サッカーについての定説や常識を疑ってみることから始めたい。そして世界と日本のバルセロナ化の未来についても考察していく。

日本サッカーの生きる道

日本サッカーの生きる道―日本が世界一になるための真のポテンシャルを読み解く(前編)

日本は世界一になることができるのか? 日本の真の可能性を読み解くために、まずは巷で囁かれる日本サッカーについての定説や常識を疑ってみることから始めたい。そして世界と日本のバルセロナ化の未来についても考察していく。

遠藤保仁の「戦術眼」

ガンバ大阪・遠藤保仁の「戦術眼」(後編)

『天才プレーメーカーの真価を読み解く』
ガンバ大阪や日本代表でチームを指揮する遠藤保仁。彼の卓越したプレービジョンとインテリジェンスを考察していく。

遠藤保仁の「戦術眼」

ガンバ大阪・遠藤保仁の「戦術眼」(前編)

『天才プレーメーカーの真価を読み解く』
ガンバ大阪や日本代表でチームを指揮する遠藤保仁。彼の卓越したプレービジョンとインテリジェンスを考察していく。

スペシャルインタビュー 宮間あや

スペシャルインタビュー・宮間あや(岡山湯郷ベル)【サッカー批評 issue57】

『なでしこプレーメーカの知性と感性』
「見た人にも何かを感じてもらえたら」女子サッカー日本代表を牽引する“頭脳”は、ロンドン五輪にどのような価値を感じているのか。また大会にかける思いとは。宮間あやの胸中に迫った。

日本は「アジアのバルセロナ」を超えられるか?

〔アジアカップ総括〕日本は「アジアのバルセロナ」を超えられるか?【サッカー批評 issue50】

『カタールで見えた日本のクオリティと課題』
サウジアラビア戦を除き、接戦に次ぐ接戦でアジアカップを制した日本代表。準備不足やコンディションの問題があるなかで最高の結果を残したことは称賛に値するが、まだまだ改善の余地はある。今大会で見えた日本のクオリティと課題を考察する。

新着記事

FChan TV

↑top