西部謙司

1962年9月27日生まれ、東京都出身。学研『ストライカー』の編集記者を経て、02年からフリーランスとして活動。95年から98年までパリに在住し、ヨーロッパサッカーを中心に取材。現在は千葉市に住み、ジェフ千葉のファンを自認し、WEBスポーツナビゲションでは「犬の生活」を連載中。サッカーダイジェスト、フットボリスタなどにコラムを執筆中。『ちょいテク 超一流プレーヤーから学ぶちょっとスペシャルなワザ』監修(カンゼン)、「サッカー右翼サッカー左翼」(カンゼン、)近著に『戦術リストランテⅣ』(ソル・メディア)、「ゴールへのルート」(Gakken) 、共著の『サッカー日本代表の戦術が誰でも簡単に分かるようになる本』(マイナビ)、『FCバルセロナ』(ちくま新書)がある。

20140906_aguirre2_getty

見どころなく、極めて低調だった新生日本代表。チームを“破壊”したアギーレ、驚きのスタメンに隠された意図とは?

アギーレジャパンにとって初陣となったウルグアイ戦。日本は0-2と敗れた。低いパフォーマンスで終わってしまった理由は何なのか? また驚きのスタメンとも言えたが、それに隠された新監督の意図とは?

20140720_robben

ブラジルW杯から読み解く戦術の潮流。オランダ対メキシコ戦で見えたハンドボール化する未来型サッカー

W杯は、様々なスタイルのサッカーがぶつかり合う、いわば見本市的な大会だ。ブラジル大会でも、チリ、メキシコなどが興味深いサッカーを展開している。2014年W杯を通して、現代サッカーの戦術的潮流を探った

20140719_zak

ザックジャパンはなぜ攻撃偏重のスタイルだったのか?“自分たちのサッカー”から考える日本の進むべき道

2014年ブラジルW杯。日本はグループリーグ1分2敗、勝ち点1の最下位で大会から姿を消した。攻撃的スタイルを貫いたものの得点は3試合で2得点しか奪えなかった。この敗北を受けて、日本サッカーは方向転換をすべきなのだろうか。今大会を通じて見えた日本の課題を考える。

勝機なし、無謀な戦いだったコロンビア戦。必然の完敗も、“日本らしさ”見せた試合は今後の試金石に

勝機なし、無謀な戦いだったコロンビア戦。必然の完敗も、“日本らしさ”見せた試合は今後の試金石に

コロンビアに敗れたザックジャパン。果たしてこの戦いに勝機はあったのか。思い出されるのは2012年のブラジル戦だ。あのときと同様、カウンターが得意のチームに“自分たちのサッカー”を挑み、完敗した。

パワープレーそのものが問題ではない――。ザック采配2つの疑問。不可解な遠藤先発落ちと交代枠余り

パワープレーそのものが問題ではない――。ザック采配2つの疑問。不可解な遠藤先発落ちと交代枠余り

日本が引き分けてしまったギリシャ戦。ザッケローニ監督はコートジボワール戦と同じく長谷部と山口のボランチを送り出した。得点が欲しい試合で遠藤をベンチスタートにしたのはなぜなのか? 交代枠を使いきらなかったことへも疑問がある。

20140616_kagawa_getty

守備固めも逃げ切りも出来ず。選択肢の少なさが招いたコートジボワール戦敗北。裏目に出た遠藤投入が唯一の手

ザックジャパンがコートジボワールに敗れた要因は何なのか? 守備の脆弱性が出たことは間違いないが、それをカバーする選択肢はあまりにも少なかった。

20140614_abe

日本代表は進化してきたのか? 1ランク上のステージでブラジルW杯を戦いザックジャパン

4度のW杯を経験し、日本代表はどのように変わってきたのか。変遷を辿りながら進化の過程を考察していく。(『フットボールサミット第21回 遠藤保仁、W杯を語る』より)

仮想コートジボワールとして最適だったザンビア。大久保1トップ、ザックの構想外で先発争いはさらに混迷

仮想コートジボワールとして最適だったザンビア。大久保1トップ、ザックの構想外で先発争いはさらに混迷

なんとか逆転勝利したザンビア戦。守備での不安は残ったが、仮想コートジボワールとして適した相手だったのではないか。注目の1トップ争いはさらに混迷の様相。ザックは大久保の1トップをあまり考えていないのかもしれない。

【W杯】コスタリカ戦での“調整”は予定通り。決定打に欠いた大迫と柿谷、収穫は大久保の存在感

コスタリカ戦での“調整”は予定通り。決定打に欠いた大迫と柿谷、収穫は大久保の存在感

キプロス戦に続いてテストと調整だったコスタリカ戦。果たして試合勘で不安視されていた選手たちの仕上がり具合はどうだったのか。また、この試合から見えてくるザンビア戦の展望とは?

遠藤保仁はなぜボールを奪われないのか? 今野泰幸が語るヤットのすごさ

遠藤保仁はなぜボールを奪われないのか? 今野泰幸が語るヤットのすごさ

視界に遠藤保仁がいる。ボランチ、あるいはトップ下、フォワードとして。ピッチ上の遠藤とはどのような存在なのか。数々のシーンでともにプレーしてきた、今野泰幸の経験とともに紐解いていく。(『フットボールサミット第21回 遠藤保仁、W杯を語る』より)

予定通り“確認”できたキプロス戦。今後の注目は齋藤学。得意のドリブルが禁止になる可能性も

予定通り“確認”できたキプロス戦。今後の注目は齋藤学。得意のドリブルが禁止になる可能性も

キプロス戦は強化ではなく調整と確認のための試合だった。選手起用も予定通り。この先の2試合でほぼすべての選手を使っていくだろう。注目は齋藤学。スーパーサブである彼をどこでどう使うのか?

日本代表はW杯でどう戦うべきか? 武器と3つの弱点から見る“勝負のポイント”

日本代表はW杯でどう戦うべきか? 武器と3つの弱点から見る“勝負のポイント”

前回の南ア大会では守備的な戦い方でグループリーグを突破した日本代表だが、今大会でそれ以上の成績を残すためには何が必要なのだろうか。日本代表が勝つためのポイントを提示する。

20140503_real

貧乏でも強豪になれるか?CLに見る、“お金がなくても強かったクラブ”の成功例を読み解く

潤沢な資金があれば、当然優秀な選手を集め、クラブを強くすることができる。その一方で、資金面で劣るクラブが躍進する例もある。下剋上に成功したチームを、歴史と共に振り返る。

【現代サッカー最先端戦術】ゴール奪うポジションでなぜ? FWに守備が求められる理由

【現代サッカー最先端戦術】ゴール奪うポジションでなぜ? FWに守備が求められる理由

近年ボランチといえば、戦術の方向性を示す存在だ。多くの場合、技術と戦術眼に長けた選手が配置されている。それだけ彼らのいるエリアは重要で、翻れば、そこを制すことが勝利にも繋がる。そのための守備戦術とはどのようなものなのか? 現代サッカーで重要なハーフウェイラインの攻防について考察する。

W杯で勝ち抜くためにどう戦うべきか? グループ3戦の展望から考察する日本代表のテーマ

W杯で勝ち抜くためにどう戦うべきか? グループ3戦の展望から考察する日本代表のテーマ

日本がW杯で対戦するのはコートジボワール、ギリシャ、コロンビアだ。ブラジル大会は日本代表にとってどのような舞台となるのか? グループCの未来を考察する。

新着記事

↑top