西部謙司

1962年9月27日生まれ、東京都出身。学研『ストライカー』の編集記者を経て、02年からフリーランスとして活動。95年から98年までパリに在住し、ヨーロッパサッカーを中心に取材。現在は千葉市に住み、ジェフ千葉のファンを自認し、WEBスポーツナビゲションでは「犬の生活」を連載中。サッカーダイジェスト、フットボリスタなどにコラムを執筆中。『ちょいテク 超一流プレーヤーから学ぶちょっとスペシャルなワザ』監修(カンゼン)、「サッカー右翼サッカー左翼」(カンゼン、)近著に『戦術リストランテⅣ』(ソル・メディア)、「ゴールへのルート」(Gakken) 、共著の『サッカー日本代表の戦術が誰でも簡単に分かるようになる本』(マイナビ)、『FCバルセロナ』(ちくま新書)がある。

日本サッカーの生きる道

日本サッカーの生きる道―日本が世界一になるための真のポテンシャルを読み解く(後編)

日本は世界一になることができるのか? 日本の真の可能性を読み解くために、まずは巷で囁かれる日本サッカーについての定説や常識を疑ってみることから始めたい。そして世界と日本のバルセロナ化の未来についても考察していく。

日本サッカーの生きる道

日本サッカーの生きる道―日本が世界一になるための真のポテンシャルを読み解く(前編)

日本は世界一になることができるのか? 日本の真の可能性を読み解くために、まずは巷で囁かれる日本サッカーについての定説や常識を疑ってみることから始めたい。そして世界と日本のバルセロナ化の未来についても考察していく。

遠藤保仁の「戦術眼」

ガンバ大阪・遠藤保仁の「戦術眼」(後編)

『天才プレーメーカーの真価を読み解く』
ガンバ大阪や日本代表でチームを指揮する遠藤保仁。彼の卓越したプレービジョンとインテリジェンスを考察していく。

遠藤保仁の「戦術眼」

ガンバ大阪・遠藤保仁の「戦術眼」(前編)

『天才プレーメーカーの真価を読み解く』
ガンバ大阪や日本代表でチームを指揮する遠藤保仁。彼の卓越したプレービジョンとインテリジェンスを考察していく。

スペシャルインタビュー 宮間あや

スペシャルインタビュー・宮間あや(岡山湯郷ベル)【サッカー批評 issue57】

『なでしこプレーメーカの知性と感性』
「見た人にも何かを感じてもらえたら」女子サッカー日本代表を牽引する“頭脳”は、ロンドン五輪にどのような価値を感じているのか。また大会にかける思いとは。宮間あやの胸中に迫った。

日本は「アジアのバルセロナ」を超えられるか?

〔アジアカップ総括〕日本は「アジアのバルセロナ」を超えられるか?【サッカー批評 issue50】

『カタールで見えた日本のクオリティと課題』
サウジアラビア戦を除き、接戦に次ぐ接戦でアジアカップを制した日本代表。準備不足やコンディションの問題があるなかで最高の結果を残したことは称賛に値するが、まだまだ改善の余地はある。今大会で見えた日本のクオリティと課題を考察する。

日本代表のチーム作りに潜在する2つの難問

日本代表のチーム作りに潜在する2つの難問【サッカー批評 issue54】

『ザッケローニのチーム設計が導き出す答えとは?』
一見順風満帆に見える日本代表だが、内包する課題も存在する。もしそれらの問題が表面化したときに何が起こるのか。2012年、新たなシーズンを前にそれらの難題を直視しておく必要がある。

ビエルサ監督

スペクタクル・ビルバオの神秘【欧州サッカー批評 6】

『奇才マルセロ・ビエルサはいかにして“芸術作品”を作り上げるのか?』

11-12シーズン、ビルバオを躍進させたマルセロ・ビエルサ。異端の戦術家はいかにして新しい独特のスタイルを選手に浸透させているのか。ビルバオに3年間滞在し、ビエルサの手法を現地で見てきた倉本和昌氏(ベルマーレフットボールアカデミー南足柄U-15監督)の話をもとに、ベールに包まれたその手腕に迫る。

新着記事

FChan TV

↑top