西部謙司

1962年9月27日生まれ、東京都出身。学研『ストライカー』の編集記者を経て、02年からフリーランスとして活動。95年から98年までパリに在住し、ヨーロッパサッカーを中心に取材。現在は千葉市に住み、ジェフ千葉のファンを自認し、WEBスポーツナビゲションでは「犬の生活」を連載中。サッカーダイジェスト、フットボリスタなどにコラムを執筆中。『ちょいテク 超一流プレーヤーから学ぶちょっとスペシャルなワザ』監修(カンゼン)、「サッカー右翼サッカー左翼」(カンゼン、)近著に『戦術リストランテⅣ』(ソル・メディア)、「ゴールへのルート」(Gakken) 、共著の『サッカー日本代表の戦術が誰でも簡単に分かるようになる本』(マイナビ)、『FCバルセロナ』(ちくま新書)がある。

【W杯】コスタリカ戦での“調整”は予定通り。決定打に欠いた大迫と柿谷、収穫は大久保の存在感

コスタリカ戦での“調整”は予定通り。決定打に欠いた大迫と柿谷、収穫は大久保の存在感

キプロス戦に続いてテストと調整だったコスタリカ戦。果たして試合勘で不安視されていた選手たちの仕上がり具合はどうだったのか。また、この試合から見えてくるザンビア戦の展望とは?

遠藤保仁はなぜボールを奪われないのか? 今野泰幸が語るヤットのすごさ

遠藤保仁はなぜボールを奪われないのか? 今野泰幸が語るヤットのすごさ

視界に遠藤保仁がいる。ボランチ、あるいはトップ下、フォワードとして。ピッチ上の遠藤とはどのような存在なのか。数々のシーンでともにプレーしてきた、今野泰幸の経験とともに紐解いていく。(『フットボールサミット第21回 遠藤保仁、W杯を語る』より)

予定通り“確認”できたキプロス戦。今後の注目は齋藤学。得意のドリブルが禁止になる可能性も

予定通り“確認”できたキプロス戦。今後の注目は齋藤学。得意のドリブルが禁止になる可能性も

キプロス戦は強化ではなく調整と確認のための試合だった。選手起用も予定通り。この先の2試合でほぼすべての選手を使っていくだろう。注目は齋藤学。スーパーサブである彼をどこでどう使うのか?

日本代表はW杯でどう戦うべきか? 武器と3つの弱点から見る“勝負のポイント”

日本代表はW杯でどう戦うべきか? 武器と3つの弱点から見る“勝負のポイント”

前回の南ア大会では守備的な戦い方でグループリーグを突破した日本代表だが、今大会でそれ以上の成績を残すためには何が必要なのだろうか。日本代表が勝つためのポイントを提示する。

20140503_real

貧乏でも強豪になれるか?CLに見る、“お金がなくても強かったクラブ”の成功例を読み解く

潤沢な資金があれば、当然優秀な選手を集め、クラブを強くすることができる。その一方で、資金面で劣るクラブが躍進する例もある。下剋上に成功したチームを、歴史と共に振り返る。

【現代サッカー最先端戦術】ゴール奪うポジションでなぜ? FWに守備が求められる理由

【現代サッカー最先端戦術】ゴール奪うポジションでなぜ? FWに守備が求められる理由

近年ボランチといえば、戦術の方向性を示す存在だ。多くの場合、技術と戦術眼に長けた選手が配置されている。それだけ彼らのいるエリアは重要で、翻れば、そこを制すことが勝利にも繋がる。そのための守備戦術とはどのようなものなのか? 現代サッカーで重要なハーフウェイラインの攻防について考察する。

W杯で勝ち抜くためにどう戦うべきか? グループ3戦の展望から考察する日本代表のテーマ

W杯で勝ち抜くためにどう戦うべきか? グループ3戦の展望から考察する日本代表のテーマ

日本がW杯で対戦するのはコートジボワール、ギリシャ、コロンビアだ。ブラジル大会は日本代表にとってどのような舞台となるのか? グループCの未来を考察する。

NZ戦で明暗分かれた当落線上の選手たち。W杯へ“当確”の選手とチャンス逃した選手は?

NZ戦で明暗分かれた当落線上の選手たち。W杯へ“当確”の選手とチャンス逃した選手は?

ニュージーランド戦はW杯メンバー発表前の最後の試合だった。この試合で当落線上の選手たちはふるいにかけられる。この試合で見えた本大会に連れて行くメンバーとは?

強豪相手にも示した高い組織力。ベルギー戦で現れた日本代表の序列を覆す新戦力とは?

強豪相手にも示した高い組織力。ベルギー戦で現れた日本代表の序列を覆す新戦力とは?

ザックジャパンがベルギーに快勝した。タレント揃いのチームだったが、日本の守備陣は破綻することなく、組織的に対処していた。そして見えてきた序列を覆しそうな存在。彼らのパフォーマンスから読み解く。

20131117_honda

明確だった守備戦術。オランダ戦でザックジャパンがリズムを掴めたのはなぜか?

強豪オランダと引き分けた日本。後半は流れを掴み、日本のペースとなった。試合のターニングポイントはどこにあるのか? また失点した前半も守備は悪くなかった。一体どのようにして守っていたのか? 検証する。

ガンバ再建のビジョン――長谷川健太が語るチーム改革論

ガンバ再建のビジョン――長谷川健太が語るチーム改革論

2012年、J2に降格したガンバ大阪の再建を託された長谷川健太監督。指揮官が掲げる改革のビジョンとは、どのようなものか? 監督としての哲学とともに、これまでと合わせて話を聞いた。

遠藤保仁――ガンバ・スタイルの真髄

遠藤保仁――ガンバ・スタイルの真髄

ガンバを象徴する攻撃サッカーは、どのようにして生まれたのか。クラブに在籍して13シーズン目、主将・遠藤保仁に話を聞いた。

最も難しい方法で漫然と攻撃していたザックジャパン。解決されない香川・不調時の「穴」

最も難しい方法で漫然と攻撃していたザックジャパン。解決されない香川・不調時の「穴」

ベラルーシに敗れた日本。アウェイとはいえ、明らかに攻めのリズムがなく、内容的に乏しい試合だった。ある程度ボールはキープできるが、そこから相手を崩せない。ザックジャパンの攻撃が停滞した要因はどこにあるのか?

W杯ベスト16進出に黄信号? セルビア戦に敗れたザックジャパンに漂う閉塞感の理由に迫る

W杯ベスト16進出に黄信号? セルビア戦に敗れたザックジャパンに漂う閉塞感の理由に迫る

11日に行われた国際親善試合で、日本代表はセルビアに0-2で敗れた。W杯では勝ち点を奪わなければならないレベルの相手に、ある程度自分たちの形で戦うことはできたものの結果は得られず、代表には閉塞感が漂っている。

ブレない信念――樋口靖洋が語る監督哲学

ブレない信念――樋口靖洋が語る監督哲学

21試合13勝3敗5分で首位(2013年8月20日時点)。好調な横浜F・マリノスを率いる指揮官・樋口靖洋が描くチームの理想とはどのようなものか? 監督のサッカー哲学を聞いた。

新着記事

↑top