Kozo Matsuzawa / 松澤浩三

岡崎

岡崎慎司、トップ下起用で巡らす葛藤。ストライカーの矜持と結果への焦り【現地レポート】

昨季のプレミアリーグ優勝を果たしたレスターが、不振に陥っている。22試合を終えて15位。降格圏が近づいてきている。レスターの指揮官クラウディオ・ラニエリは、日本代表FW岡崎慎司をトップ下で起用して崩壊した守備の改善を図った。今季は様々な役割を与えられている岡崎だが、「絶対逃げずにやりたい」と強い気持ちを口にしている。その裏には、日本代表への思いがあった。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

ユルゲン・クロップ

リバプール、クロップの人心掌握術で日々進化。若き力で悲願のプレミア初優勝を目指す【欧州主要クラブ中間査定】

 2016/17シーズンの欧州サッカーも前半戦を終えた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はリバプールを振り返る。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

岡崎

レスター、指揮官ラニエリの謎采配で優勝チームは迷走。岡崎はトップ下起用に光明【欧州主要クラブ中間査定】

2016/17シーズンの欧州サッカーも前半戦を終えた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はレスター・シティを振り返る。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

岡崎

岡崎も危惧したレスター残留争い。“奇跡の優勝”に燃え尽きた昨季王者の混迷【現地レポート】

昨季のプレミアリーグで奇跡の優勝を遂げたレスター・シティだが、今季は一転して残留争いに巻き込まれている。日本代表の岡崎慎司はこの状況を前々から危惧しており、それは現実のものとなってしまった。残留争いの混迷に陥った昨季王者は、優勝に燃え尽きてしまったのだろうか。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

クロップ

好調リバプールに浸透する“クロップ・イズム”。現地記者が見た“兄貴分”の人心掌握術とは

リバプールは現地時間26日に行われたサンダーランド戦に勝利し、リーグ2位を維持した。今季開幕前の下馬評は低かったリバプールだが、勝利を重ねるごとに優勝候補へと挙げられるようになった。何よりもリバプールにとってユルゲン・クロップ監督の存在が好調の大きな要因である。“兄貴分”として知られているクロップ監督の人心掌握術を、現地記者が分析する。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

岡崎慎司

岡崎はなぜレスターで再評価を勝ち得たのか? 日本代表FWがジレンマの中で導き出した答え【現地レポート】

レスター・シティの岡崎慎司が、イングランドで再び評価を高めている。今季のリーグ序盤戦は出場機会が激減し、日本代表でも徐々に立場を危うくしている岡崎だが、今では英国メディアやレスターのクラウディオ・ラニエリ監督から高い評価を得ている。その裏には、日本代表のストライカーが抱えるジレンマの中で導き出された答えがあった。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

岡崎

岡崎の出番はなぜ激減したか? 日本代表FWが語る“現在地”と王者レスターに生じた変化【現地レポート】

昨季プレミアリーグ優勝を果たしたレスター・シティで主力としてプレーした日本代表FW岡崎慎司。しかし今季は出場機会が激減し、チャンピオンズリーグでもいまだプレーできていない。なぜ岡崎の出場機会は減ってしまったのだろうか? 日本代表ストライカーは自らの“現在地”を語るとともに、優勝を遂げたチームに生じた変化、そして出場機会奪取に向けた思いを口にした。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

ウォルシュ

レスターの補強方針はブレたか? 敏腕スカウト長は退団も…クラブに受け継がれたリクルート戦略

レスター・シティは、この夏の移籍市場で多くの資金を投じて補強を進めた。わずか一夏で3度のクラブ移籍金記録を塗り替え、2倍近くの資金を費やしている。これまではスカウト長を務めていたスティーブ・ウォルシュが無名ながら安くて有能な選手を獲得し、奇跡の優勝を成し遂げるチームを作り上げていたが、同氏は今夏でクラブを去ってしまっている。しかし、ウォルシュが退団してもクラブにはリクルート戦略は受け継がれていた。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

レスター

レスターが払った奇跡の代償…岡崎も期待の新戦力とクラブの補強戦略が迎える第2章【現地レポート】

昨季はおとぎ話のような優勝を果たしたレスター・シティ。しかし、エンゴロ・カンテはチェルシーに移籍し、数々の有望選手を発掘してきたスカウト長のスティーブ・ウォルシュもエバートンに引き抜かれてしまった。奇跡の代償を払うことになったレスターは新戦力としてナンパリス・メンディを獲得しているが、日本代表の岡崎慎司も大きな期待を寄せている。ミラクルレスターは、間もなく開幕するプレミアリーグでどんな第2章を迎えるのだろうか。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

クロップ

リバプール、クロップの掌握術で高まる来季への期待。“発展途上のチーム”は台風の目に!?【15/16シーズン査定】

2015/16シーズンも各国リーグで最終節を終え、シーズン終幕を迎えた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はリバプールを振り返る。
(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

岡崎

岡崎慎司、現地メディアから称賛の理由。英国で好まれる“勇敢なファイター”が放つ危険な香り【現地レポート】

今季のプレミアリーグ優勝を果たしたレスター・シティで、日本代表FW岡崎慎司は高い評価を得ている。リーグ戦では5得点という成績だったが、なぜ岡崎はここまでの評価を受けているのだろうか。その理由は、英国で好まれるプレースタイルにあった。
(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

岡崎

岡崎慎司、4番手からレギュラーへ。成長続けた9ヶ月間。転機を導いた心境の変化【現地レポート】

レスター・シティは、今季のプレミアリーグで奇跡ともいわれる優勝を遂げた。その中で、日本代表の岡崎慎司は主力として活躍を見せていた。加入当初は本人も「4番手」と語っていたが、先発を勝ち取ってチームに欠かせない存在となっている。ゴールを奪えないことへのもどかしさを感じながらも、30歳のストライカーは9ヶ月間で確かな成長を続けていた。
(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

20160430_Okazaki_Getty

岡崎慎司、奇跡的な優勝目前も「悔しい」。レスター1年目で味わった“屈辱”【現地レポート】

レスター・シティは、現地時間5月1日に行われるマンチェスター・ユナイテッド戦に勝利すれば悲願のプレミアリーグ優勝が決まる。達成すれば「世紀の大番狂わせ」と言われる快挙だが、その中で岡崎慎司は悔しさを口にしている。奇跡の優勝を目前に控える裏で、日本代表のストライカーは“屈辱”を味わっていた。
(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【レスター】)

岡崎 吉田

吉田が見た岡崎の凄さ。プレミアの“先輩”が与えた「日本人歴代最高選手」という称号【現地レポート】

プレミアリーグで首位を走るレスター・シティにおいて、岡崎慎司はレギュラーとして欠かせない存在となっている。日本代表のチームメイトであり、プレミアリーグの“先輩”でもある吉田麻也は“新参者”の岡崎をどう見ているのだろうか。レスター対サウサンプトンの一戦で日本人対決は実現しなかったが、吉田は岡崎を「日本人歴代最高選手」と称えている。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三)

新着記事

↑top