森哲也

『フットボール批評』(カンゼン)編集長。1978年、“瀬戸内海のガラパゴス”こと淡路島生まれ。兵庫県立津名高校、四天王寺大学卒。177cm、68kg、MF。国際Aマッチ出場0試合、0得点。既婚。猫が大好きなのに猫アレルギー。推しメンは満島ひかりさん。昨年は小澤一郎氏著『サッカー選手の正しい売り方』、松本育夫氏著『人の心に火をつける』、風間八宏&木崎伸也氏著『革命前夜』(すべてカンゼン)などの書籍編集も担当する。大学時代、『神戸新聞の100日』(角川書店)という本に出会い、自らの魂を燃やし続けられるような仕事をしようと決意。メディアを通してサッカー界に貢献できるよう、この身を捧げる所存です。「気高い魂がなければ批評はできない」がモットーです。

2013シーズンのJリーグを占う。各クラブの戦力補強診断 ~川崎フロンターレ編~

2013シーズンのJリーグを占う。各クラブの戦力補強診断 ~川崎フロンターレ編~

フットボールチャンネルでは、1月下旬から2月上旬にかけて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、昨シーズン途中から風間監督がチームを率い、攻撃的なスタイルを構築途中の川崎フロンターレを占う。

森哲也 編集戦記

祖母井秀隆GMが語る「地域に愛されるクラブのつくり方」【森哲也 編集戦記】

おいでやす、サッカー批評編集長の森です。先日発売になった『サッカー批評issue60』(双葉社)、みなさんもうご覧になっていただけましたでしょうか? 今回は特集企画ではありませんが、ぜひ読んでいただきたい記事を紹介したいと思います。

森哲也 編集戦記

なぜJクラブの社長はいつも悪者にされるのか?

なぜJクラブの社長はいつも悪者にされるのか? そんな素朴な疑問が本日発売の『サッカー批評issue60』(双葉社)の特集「Jクラブ社長の教科書」の着火点となっています。

木村元彦氏による人気連載! FC東京戦記【森哲也・編集戦記】

木村元彦氏による人気連載!FC東京戦記【フットボールサミット第10回】

『フットボールサミット第10回――内田篤人が愛される理由。』、おかげさまで大変好評をいただいています。そんな本誌には特集記事以外にも濃厚な連載記事もいくつか掲載されています。その中から本日は今回で第5回目となる木村元彦氏の人気連載「ポポリズム―美しいフットボールに人生を捧ぐ―」を少しだけ紹介したいと思います。

新着記事

↑top