元川悦子

1967年、長野県生まれ。94年からサッカー取材に携わり、ワールドカップは94年アメリカ大会から2014年ブラジル大会まで6回連続で現地に赴いた。「足で稼ぐ取材」がモットーで、日本代表は練習からコンスタントに追っている。著書に『U-22』(小学館)、『黄金世代』(スキージャーナル)、「いじらない育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」(NHK出版)、『僕らがサッカーボーイズだった頃』シリーズ(カンゼン)などがある。

栗原勇蔵

日本代表チームメートが語る本田という存在(前偏)

日本代表の中核を担う本田圭佑。
同じチームでプレーするメンバーは、その存在感をどのように感じているのだろうか。
日本代表選手たちの証言をもとに、その影響力について迫っていく。

本田が進化を続ける理由 ~藤田俊哉が回想するルーキー時代と人間像~

本田が進化を続ける理由 ~藤田俊哉が回想するルーキー時代と人間像~(後編)

同時期に名古屋グランパスに加入した藤田俊哉と本田圭佑。すでにプロキャリア10年を重ねていた藤田の目にルーキーの本田はどのように映っていたのか。名古屋時代から現在までの成長について話を聞いた。

藤田俊哉氏

本田が進化を続ける理由 ~藤田俊哉が回想するルーキー時代と人間像~(前編)

同時期に名古屋グランパスに加入した藤田俊哉と本田圭佑。すでにプロキャリア10年を重ねていた藤田の目にルーキーの本田はどのように映っていたのか。名古屋時代から現在までの成長について話を聞いた。

ハーフナー家の絆 ~親子ニ代で日本人になるということ~

ハーフナー家の絆 ~親子ニ代で日本人になるということ~(後編)

ハーフナー・ディドはどのような思いで日本人となったのか。日本で2人の息子、マイク(フィテッセ)とニッキ(名古屋グランパス)を育て、親子二代でプロとして活躍している一家の話を聞いた。

ハーフナー家の絆 ~親子ニ代で日本人になるということ~

ハーフナー家の絆 ~親子ニ代で日本人になるということ~(前編)

ハーフナー・ディドはどのような思いで日本人となったのか。日本で2人の息子、マイク(フィテッセ)とニッキ(名古屋グランパス)を育て、親子二代でプロとして活躍している一家の話を聞いた。

ブラジルまでの次なる航路 ~日本代表選手の証言から紐解く指標~

ブラジルまでの次なる航路 ~日本代表選手の証言から紐解く指標~

昨年10月に行われた欧州遠征。
勝利したフランス戦。敗北したブラジル戦。リベリーやベンゼマ、ネイマール、カカといった欧州屈指の選手と対峙したとき、ピッチ上で戦った選手たちは何を感じていたのか。選手たちの証言をもとに、日本代表の収穫と未来を考える。

酒井高徳、飛躍の原点を語る

酒井高徳、飛躍の原点を語る【ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.27】

現在シュツットガルトのレギュラーとして活躍する酒井高徳。少年時代は決して恵まれた体格ではなかった彼は、いかにして成長し、ブンデスリーガの強豪でポジションを掴むまでになったのか。
『ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.27』「僕らがサッカーボーイズだった頃」にて、酒井高徳本人、父・一幸さん、そして少年時代のコーチ今鷹昭三氏がインタビューに答えた。

「売国奴」と呼ばれて――。

「売国奴」と呼ばれて――。(後編)【サッカー批評 isuue59】

『韓国五輪代表フィジカルコーチを務めた日本人、池田誠剛が語る「日韓戦の真実と葛藤」』
日本人で初めて韓国五輪代表のフィジカルコーチを務めた池田誠剛氏。「売国奴」「非国民」――ロンドン五輪の日韓戦後は様々な誤解もあり、一部の人から心ない誹謗中傷を受けた。彼はなぜ韓国に渡ったのか? そしてロンドンで去来した複雑な想いとは?あの日の舞台裏をいま、振り返る。

「売国奴」と呼ばれて――。

「売国奴」と呼ばれて――。(前編)【サッカー批評 isuue59】

『韓国五輪代表フィジカルコーチを務めた日本人、池田誠剛が語る「日韓戦の真実と葛藤」』
日本人で初めて韓国五輪代表のフィジカルコーチを務めた池田誠剛氏。「売国奴」「非国民」――ロンドン五輪の日韓戦後は様々な誤解もあり、一部の人から心ない誹謗中傷を受けた。彼はなぜ韓国に渡ったのか? そしてロンドンで去来した複雑な想いとは?あの日の舞台裏をいま、振り返る。

新着記事

↑top