元川悦子

1967年、長野県生まれ。94年からサッカー取材に携わり、ワールドカップは94年アメリカ大会から2014年ブラジル大会まで6回連続で現地に赴いた。「足で稼ぐ取材」がモットーで、日本代表は練習からコンスタントに追っている。著書に『U-22』(小学館)、『黄金世代』(スキージャーナル)、「いじらない育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」(NHK出版)、『僕らがサッカーボーイズだった頃』シリーズ(カンゼン)などがある。

「サッカー人生を10年前からやり直したい」。海外組の意識の高さに大きな衝撃を受けた前田遼一

ザックジャパンで長く1トップのレギュラーだった前田遼一。彼が代表に定着したのはザッケローニ体制になってからだった。アジアカップ優勝にも貢献するが、そこで彼が感じたのは海外組との違いだ。彼らから受けた刺激が前田の意識を変えることになった。

今だから分かる、アジアカップ時の言葉に隠された本田圭佑の実現力

ザックジャパンが苦戦の末手にしたアジアカップ。本田圭佑はその大会でMVPを獲得したが、まったく満足していなかった。彼は常に上を見ていた。そして振り返ると、今の本田に通じる実現力が言葉に表れている。

キャプテン・長谷部誠が真のリーダーになった日

キャプテンとしてザックジャパンを牽引する長谷部誠。彼が真のリーダーとなったのはいつだったのか。あの激闘のアジアカップが変化の時だったのではないだろうか。

香川が回想するザックジャパン。アジアカップで見せた眩い輝き、その後に続く不完全燃焼の始まり

日本代表が優勝した2011年のアジアカップ。その後、チームが波に乗るきっかけとなった大会だが、香川真司は怪我もあり、途中で中東の地から去っている。香川にとってアジアカップはどんな大会だっただろうか。本人の言葉から振り返る。

吉田麻也が回想するザックジャパン。「トゥーさん(闘莉王)はビルドアップ能力も高い。自分は足りないところ多い」

ザックジャパンのベースが出来たアジアカップ。この大会でレギュラーに定着し、優勝に貢献したのが吉田麻也だ。彼の言葉からこの大会を振り返る。

李忠成にとって試練の半年。アジアカップの輝きを再び取り戻すことができるか?

しばらく代表から遠ざかっているが、ザックジャパンが波に乗るきっかけを作った一人が李忠成であろう。アジアカップで劇的な決勝ゴール。優勝を決めたチームは自信を深めた。だが、本人はその後不調に陥った。

遠藤が回想するザックジャパン、アルゼンチン・韓国戦。発言から見えるベルギー遠征との共通点

ザックジャパンを支え続けた男、遠藤保仁。彼はチームのスタートをどう回想するのか。遠藤の発言からは興味深い事実が浮かび上がる。アルゼンチン、韓国との連戦とオランダ、ベルギーとの連戦の共通点だ。

内田が回想。ザックジャパン、アルゼンチン戦の勝因。3年前から指摘されていた“シュート意識の欠如”

ザックジャパンはどのようにチームがスタートしたのか。初戦となったアルゼンチン戦で歴史的な勝利を飾ったが、その要因は何だったのか。内田篤人が回想する。そして驚くべきことに、ザッケローニ監督はチームの弱点を早々と見抜いていたのだ。

松井大輔が回想するザックジャパン。「ザックさんは攻撃のことはそんなに指示はしなかった」

ジュビロ磐田への加入が噂されている松井大輔。彼がザックジャパンの主力だったことをどれだけの人が覚えているだろうか。かつて松井が語ったことからザックジャパンの初期を振り返りたい。そこからチームの骨格が見えてくるはずだ。

絶対的司令塔・遠藤保仁のルーツに迫る! 二人の兄の背中を追いかけながらサッカーに明け暮れた少年時代

最新号の『ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.31』(小社)では、サッカーとの出会い、そして少年時代のお話などについて、ガンバ大阪の遠藤保仁選手にインタビューを行っている。二人の兄の背中を追いかけながら、遠藤選手はどんな少年時代を過ごしたのか、そのルーツに迫る。

W杯まであと7ヵ月。岡崎慎司が語る代表への強い思い「あのチームで勝ちたい」

先日のブンデスリーガで2得点。岡崎慎司が得点感覚を取り戻した。W杯まで7ヵ月に迫り、そこに懸ける思いは日に日に増している。南アのときに苦しい経験をしているだけに、ブラジル大会への思いは強い。

“ジョーカー”起用も代表の活性化を感じた遠藤「この2試合に関してはいい効果が生まれた」

11月の欧州遠征でまさかの2試合連続スタメン落ちの遠藤保仁。だが、後半からプレーした彼がチームに活力をもたらしたのは間違いなく、それは本人も認めるところだ。試合内容に手放しで満足しているわけではないが、手応えも感じている。

11月遠征好成績も満足していない代表キャプテン・長谷部「ブラジルやウルグアイの方が強さを感じた」

オランダ戦、ベルギー戦と結果を出したザックジャパン。チームの調子は上向いたがキャプテンの長谷部誠に浮ついた様子はない。反省すべきところは反省し、チームのさらなる成長を考えている。

日本代表のボランチ後継者問題に終止符を打った山口螢。自己分析は謙遜「まだあの2人が不動」

オランダ戦、ベルギー戦で2戦との出場した山口螢。2試合ともパフォーマンスは高く、信頼できる新戦力の台頭はザックジャパンにとって大きなプラスだ。日本代表は不動のボランチがいるが、その代役となる存在がいなかった。山口の成長はチームの成長と言えるが、本人は「まだまだ」と謙遜する。

「アザールのプレー分かっていた。総合力で勝てた」ベルギー戦の勝因を分析する内田。走力の重要性も再確認

オランダ戦で痛恨のミス。同点ゴールに絡むなど挽回はしたかったが、ベルギー戦ではまさかの出場なし。そんな中ではあるが、ベンチにいたことで冷静にチームを見ることができたようだ。勝利したベルギー戦で内田が感じた、代表に必要なこととは何か?

新着記事

↑top