元川悦子

1967年、長野県生まれ。94年からサッカー取材に携わり、ワールドカップは94年アメリカ大会から2014年ブラジル大会まで6回連続で現地に赴いた。「足で稼ぐ取材」がモットーで、日本代表は練習からコンスタントに追っている。著書に『U-22』(小学館)、『黄金世代』(スキージャーナル)、「いじらない育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」(NHK出版)、『僕らがサッカーボーイズだった頃』シリーズ(カンゼン)などがある。

グアテマラ戦で連携面の課題を露呈した大迫勇也「自分も1回やれば大丈夫。大事なのはガーナ戦」

9月の連戦ではザックジャパンの1トップを二人のFWが争っている。柿谷曜一朗と大迫勇也。グアテマラ戦では前後半でそれぞれが45分ずつプレーしたが、大迫の出場した前半はチームが無得点と課題を残した。本人はどうとらえているのか。

シュートゼロ、不完全燃焼の香川「シュートを打ててない自分に腹立たしい。ムカついてる」

3-0と快勝したグアテマラ戦。まずまずの動き、キレを見せた香川真司だったが、本人は不満を持っている。チャンスはつくったが、シュートはゼロ。試合後のコメントからは反省点ばかりを口にした。

納得の移籍を果たした長谷部誠。キャプテンとしてザックジャパンを上昇気流に乗せられるか?

今夏、ニュルンベルクへの移籍を果たした長谷部誠。本人のコメントからも気持ちが上向いていることが伺える。帰国したキャプテンは、日本代表の課題についてどう取り組もうとしているのか?

長友が語るザックジャパンの課題。攻守両面で足りない連動性をどう高めていくのか?

8月のウルグアイ戦はケガのため欠場した長友佑都。9月の連戦は出場出来る見込みだが、ザックジャパンの中心メンバーである彼にかかる期待は大きい。強豪国との差を埋めるために、今の代表の課題をどう克服していこうと考えているのか?

ザックジャパン1トップ候補の柿谷曜一朗。今後のカギを握る“周囲との連携”をどう深めていくのか

9月の日本代表戦でも1トップとしての期待がかかる柿谷曜一朗。ウルグアイ戦でも明らかになった課題は、周囲との連携だ。期待の天才が長く主力を務めてきた選手たちと呼吸を合わせていくことは、今後のザックジャパンのカギを握ると言っていいだろう。

今野泰幸に聞く。今、日本代表の守備陣に足りないことは何か?

9月に連戦を行う日本代表。守備の再構築は課題の一つだが、DFのレギュラーとして代表を支える今野泰幸はどう課題に取り組もうとしているのか? 本人を直撃した。

ザックジャパンはスタイルを変えるべきなのか? 遠藤保仁が語る失点増加の要因

9月に行われる日本代表の2試合。ザックジャパンのテーマとなるのは、やはり守備の再構築だろう。チームの要であるボランチ、遠藤保仁はチームの課題をどう分析しているのか?

いま注目のC大阪・柿谷曜一朗 超実践的フェイントと少年時代のエピソード

現在、Jリーグでチームの好調を支え、今年7月には初めて日本代表に選出されたセレッソ大阪の若きエース、柿谷曜一朗。そこで今回は、今注目の柿谷特集をお届け。柿谷が過ごした少年時代のエピソードとは?

日本代表が強豪国との差を埋めるために――。本田が語った“フィニッシュ”の本当の意味

強豪国との差を埋めるために何をすべきなのか。攻撃主体のスタイルの変更も一部で叫ばれる中、ザックジャパンの中心選手である本田圭佑が語った。

柿谷曜一朗が語るザックジャパンに“化学変化を起こせる”自信。期待の新星は代表の救世主となれるか?

東アジア杯で結果を出し、14日に行われたウルグアイ戦でも1トップに抜擢された柿谷曜一朗。まだ周囲と十分にフィットしているとは言えないが、本人の言葉からは“合わせられる”という自信が感じられる。

岡崎慎司が語るザックジャパンの目指すべきスタイル「点を取って勝つサッカーの方がいい」

ここ最近、失点が増え、強豪相手に結果も出ていない日本代表。攻撃陣はザックジャパンの再生をどう考えているのか。ウルグアイ戦で動きのキレは見られたものの得点を奪うことが出来なかった岡崎慎司。攻撃のキーマンは思う日本代表のビジョンとは?

内田篤人が語る日本代表ディフェンス強化プラン「守備は個人での努力次第。意識して毎日やるしかない。俺らはそんなに強くない」

ウルグアイ戦でまたも守備が崩壊したザックジャパン。しかし、落ち込んでばかりもいられない。来年に迫ったW杯までにレベルアップを図るのは当然のこと。右サイドバック、内田篤人は日本代表の強化プランをどう考えているのか?

ポゼッションへの固執はあるのか――。遠藤保仁が考えるザックジャパン守備再生へのビジョン

ウルグアイ戦でまたも守備が崩壊したザックジャパン。失点を減らすことは近々の課題だが、チームの要である遠藤保仁はどうとらえているのか? 新戦力との融合を図りつつも、不動のボランチはビジョンを膨らませている。

失意の4失点。今野泰幸がウルグアイ戦で感じた“世界との差”

4失点と守備が崩壊したウルグアイ戦。センターバックを務めた今野泰幸は何を思うのか。試合前から強力FWを警戒していた今野だったが、対峙してみて改めてその凄さを実感したようだ。

ウルグアイに翻弄されたザックジャパン守備陣。吉田麻也が犯したミスとは何か?

14日に行われたウルグアイ戦。日本代表はまたも守備陣が崩壊し、4失点。とりわけ吉田麻也はミスが多く、コンフェデの汚名返上とはならなかった。一体、吉田の何が悪かったのか?

新着記事

↑top