元川悦子

1967年、長野県生まれ。94年からサッカー取材に携わり、ワールドカップは94年アメリカ大会から2014年ブラジル大会まで6回連続で現地に赴いた。「足で稼ぐ取材」がモットーで、日本代表は練習からコンスタントに追っている。著書に『U-22』(小学館)、『黄金世代』(スキージャーナル)、「いじらない育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」(NHK出版)、『僕らがサッカーボーイズだった頃』シリーズ(カンゼン)などがある。

「セルビアに勝ちきる力がなければW杯で16強はムリ」と危機感を募らせる岡崎慎司

セルビア戦で右MFとしてスタートし、終盤は1トップで奮闘した岡崎慎司。「こうした相手に勝ちきる力がないとW杯でベスト16にいけない」と話す岡崎が語る、チームが抱える課題とは?

敗戦も自信を失わない遠藤「ある程度の相手にはゲームを支配できる自信がある。局面崩すには『遊び心』必要」

欠場と思われたセルビア戦に出場した遠藤保仁。敗戦を遠藤はどうとらえているのか。試合後の本人の口からは前向きな言葉が多く聞かれた。

自己採点は及第点も失点を猛省する吉田麻也。「もっとシュート打たないと」攻撃陣に苦言も

11日、セルビア代表と戦い、2-0で敗れた日本代表。スタンコビッチの引退試合を兼ねたゲームだったため普通の試合とは明らかに違ったが、攻守ともに問題が浮き彫りとなった試合となった。守備崩壊とまで言われるザックジャパン。試合後、吉田麻也がセルビア戦を振り返った。

3バックに自信を見せる長友「インテルでもやっていて好きなシステム。経験積んだし問題ない」

長友佑都にとってセルビア戦は特別な試合となる。旧友スタンコビッチの引退試合だからだ。だが、本人はもちとん緩んだ気持ちはない。そして、試行すると思われる3-4-3へも自信をのぞかせた。

「誰と組んでもしっかりできる」。新コンビへ自信を見せる長谷部。キャプテンとして代表を牽引できるか?

明日、セルビアと戦う日本代表。遠藤保仁の欠場が濃厚で、ボランチは馴染みの薄いコンビで臨むことになりそうだ。カギを握るのはもちろん長谷部誠だ。キャプテンとして、またボランチの主軸としてチームをどう牽引していくのか。試合直前の本人を直撃した。

「山口君はボランチとしていい選手」。細貝が語る代表レギュラーへの決意。新コンビ結成も?

ヘルタ・ベルリンで地位を確立し、代表へ合流した細貝萌。これまでベンチスタートが多かった細貝だが、当然レギュラーの座は狙っている。欧州遠征では山口も選出されており、彼とのコンビも考えられる。10月シリーズでの決意を聞いた。

「クラブの延長線上に代表がある」。岡崎慎司が語る自らに足りない“仕掛ける”意識

新天地マインツで華々しいデビューを飾った岡崎慎司だが、ここ最近は勝ち星に見放されている。苦戦の要因は一体何なのか? 本人の言葉を紐解くと、クラブと代表で共通する課題があるようだ。

代表での“切り替え”を図りたい清武と長谷部。2人の日本代表が語るニュルンベルク絶不調の原因

ニュルンベルクが絶不調に陥っている。6日の試合ではホームで5失点の大敗、順位も16位となっている。日本代表の清武弘嗣と長谷部誠はこの状況をどうとらえているのか。2人に話を聞いた。

韓国代表コーチの提言。W杯抽選会にフィジカルコーチが同行すべき理由

W杯は総力戦だ。すべての面で入念な準備をしなくてはならない。コンディション調整もその一つ。韓国代表でフィジカルコーチを務める池田誠剛氏は、12月のW杯本大会抽選にもフィジカルコーチが同行すべきと説く。その理由とは?

「中村俊輔は睡眠薬を使用してでも調整した」韓国代表コーチが提言する、代表で結果を出すための高い意識

代表チームで難しいのは、コンディションのバラつきを調整することだ。クラブでの出場機会は選手によって異なる。最高のパフォーマンスを出すために何をすべきなのか。韓国代表でフィジカルコーチを務める池田誠剛氏が提言する。

欧州組中心でサプライズ選出も今回が最後か。10月連戦、ザックジャパンに招集されるメンバーは?

10月に欧州遠征を行うザックジャパン。3日にメンバー発表となるが、一体どんな選手たちが選出されるのか。日本代表の今後の日程、海外組の状況からどういうメンバー構成になりそうか、見えてきた。

最激戦区・2列目に挑む工藤壮人。ザックジャパンへの生き残りを懸けた“タフな戦い”

ザックジャパンにとって新戦力の工藤壮人。ゴールも奪い、結果を残している柏レイソルのエースだが、まだ適応しきっていない部分もある。クラブでの過密日程など厳しい戦いが続き、さらに工藤が挑むのは日本代表で最も層の厚い2列目。工藤はこのタフなサバイバルを乗り越えることが出来るか?

“早熟の天才”宇佐美貴史は古巣ガンバで輝きを取り戻せるか

ドイツで志半ばに終わり、帰国した宇佐美貴史。だが、それを引きずることなく、ガンバでは活躍を見せている。「天才」と称された男は、再び輝くために自ら課題に向き合い、そしてチームの勝利に貢献しようとしている。

恩師・海外組からの刺激を成長に変える森重真人。定着を目指すザックジャパンで目指す未来

7月からザックジャパンに呼ばれ、安定感を見せた森重真人。しかし本人は「まだ定着していない」と謙遜する。日々、成長を続ける森重が受けてきた刺激とは何か? そしてザックジャパンでどのような未来予想図を描いているのか?

川島永嗣が語る“原点回帰”と“リスタート”。ザックジャパンが進むべき道とは何か?

2試合で1失点。守備の再構築がテーマにあったザックジャパンだが、数字だけを見ると及第点と言えるかもしれない。ここ最近の失点増加、そして修正を図った9月の連戦をGK川島永嗣はどう見たのか?

新着記事

↑top