永田淳

1980年生まれ。愛知県出身。小学3年からサッカーを始め、主にDFやMFとしてプレー。法政大学卒業後、商社勤務を経てフリーライターに。現在はG大阪・神戸を中心に少年~トップまでカテゴリーを問わず取材、寄稿。日本サッカー協会B級ライセンスを保持し、少年クラブ指導者としても活動している。TwitterID:@j_nagata

サッカーの真髄は“視覚能力”にあり! 「判断力」をつけるための眼のトレーニングとは?

J2優勝の原動力、ガンバ大阪・宇佐美貴史選手が語るドリブルへのこだわりとは?

各世代の日本代表にも選ばれてきた宇佐美貴史選手(ガンバ大阪)。今年6月、古巣のガンバ大阪に復帰すると、チームのJ2優勝、J1昇格に大きく貢献した。宇佐美選手の特長といえば、相手選手を翻弄するドリブルテクニック。そのフェイントはどうやって習得してきたのか、かつて本人が語ったドリブルへのこだわりを紹介する。

独占インタビュー 西野朗『超攻撃の美学、勝負師の哲学』(後編)

独占インタビュー 西野朗『超攻撃の美学、勝負師の哲学』(後編)【サッカー批評issue 56】

『ガンバ・スタイルを築き上げた指揮官の回想』
昨季でガンバ大阪の監督を退任した西野朗氏。10年におよぶ長期政権の中で築き上げた勝負師としての哲学はいかなるものなのか。今だからこそ話せることがあるはずだ。氏を直撃した。

独占インタビュー 西野朗

独占インタビュー 西野朗『超攻撃の美学、勝負師の哲学』(前編)【サッカー批評issue 56】

『ガンバ・スタイルを築き上げた指揮官の回想』
昨季でガンバ大阪の監督を退任した西野朗氏。10年におよぶ長期政権の中で築き上げた勝負師としての哲学はいかなるものなのか。今だからこそ話せることがあるはずだ。氏を直撃した。

新着記事

↑top