小川由紀子

学生時代からブリティッシュロックを愛好し、1992年に渡英。音楽三昧のロンドン生活の傍ら、人々の生活や文化に深く根付いたフットボールに魅せられ、1996年の欧州選手権開催に盛り上がる中、フットボール取材を開始。サッカー界が金満ワールドに染まりきる前の、古き良き時代の最後の名残を慈しむ。その後フランスに渡り、現在はパリを拠点に、フランスリーグを中心とした欧州サッカーやバスケットボール、自転車ロードレースなどの取材、執筆に勤しむ。

勝利のためには時に非常采配も――。フランス在住記者が迫る、次期代表監督ハリルホジッチの知られざる人物像

勝利のためには非情采配も――。フランス在住記者が迫る、次期代表監督ハリルホジッチの知られざる人物像

日本代表新監督に内定したヴァヒド・ハリルホジッチ氏。すでに多くの報道があるため、おなじみの名前となっているが、その人物像はご存知だろうか? 過去の逸話から素顔を紐解く。

PSGに訪れた「ターニングポイント」。批判の中、逆境のチェルシー戦が生んだ団結力

PSGに訪れた「ターニングポイント」。批判の中、逆境のチェルシー戦が生んだ団結力

フランスでは圧倒的な戦力を持つPSGだが、今季はライバルに後れを取り批判にさらされていた。しかし、チャンピオンズリーグ(CL)の舞台で昨季に続いて相見えたチェルシーとの一戦で団結力を見せた。

規約違反はないが…。ニース移籍も即退団のベン・アルファ。有能な選手を潰した“お偉いさん方”

規約違反はないが…。ニース移籍も即退団のベン・アルファ。有能な選手を潰した“お偉いさん方”

ニースに加入したアテム・ベン・アルファだが、数日後にまさかの退団。イングランドの2クラブでプレーしたためとされているが、1つはU-21であり、ルール違反ではない。才能の流出が嘆かれるフランスは、自らの手で有能な選手を手放した。

上位陣大変動のリーグ1。“大穴”リヨンが首位浮上。若手の躍進と脇を締めるベテランの融合

上位陣大変動のリーグ1。“大穴”リヨンが首位浮上。若手の躍進と脇を締めるベテランの融合

リーグ1首位に浮上したかつての王者リヨン。開幕前に好成績を予想する声は少なかったが、アレクサンドル・ラカゼットを筆頭に若手の急成長と新加入クリストフ・ジャレら脇を締めるベテランが融合して快進撃を見せている。

ドメネク、アンリもその“被害者”。「言葉の暴力」に「虐殺」で応じた仏誌銃撃事件。改めて問われる『表現の自由』の意味

ドメネク、アンリもその“被害者”。「言葉の暴力」に「虐殺」で応じた仏誌銃撃事件。改めて問われる『表現の自由』の意味

フランスで残忍なテロ事件が発生した。際どい風刺イラストを掲載し続けた週刊誌が銃撃され、編集長ら12人が射殺された。スポーツの場では、同週刊誌を支持するメッセージが掲げられているが、改めて「表現の自由」の意味が問われている。

研究熱心だが勝負弱い。マリノス内定のモンベール監督の実像に迫る。日本への適応性は?

研究熱心だが勝負弱い。マリノス内定のモンベール監督の実像に迫る。日本への適応性は?

横浜F・マリノスの新指揮官にフランス人のエリック・モンベール氏が内定しているようだ。母国では、『指揮官』より『研究者』『育成者』として評価が高いが、果たして日本のサッカーメンタリティとフィットするだろうか。

2部ニームに「八百長」、マルセイユに「移籍金絡みの賄賂」。2大汚職が同時に勃発したフランス

2部ニームに「八百長」、マルセイユに「移籍金絡みの賄賂」。2大汚職が同時に勃発したフランス

フランスサッカーに陰を落とす2つの事件が同時に勃発した。2部ニームは、降格回避のために八百長に手を染めた疑惑が浮上。マルセイユは選手獲得の際に違法な取引があったことが疑われている。

総工事費3000億円超! ユーロ開催に向けてスタジアム改築ラッシュのフランス。公的資金援助で国民は不満爆発…

総工事費3000億円超! ユーロ開催に向けてスタジアム改築ラッシュのフランス。公的資金援助で国民は不満爆発…

2016年のユーロ開催地となるフランス。会場となる10カ所では大規模なスタジアム建設・改築が行われている。しかし、その多くがクラブではなく自治体の所有物であるため公的資金が投入されている。

『怒涛の』オールコートプレス。鬼監督ビエルサの下、快進撃を見せるマルセイユ。群雄割拠のリーグ・アンが熱い!

『怒涛の』オールコートプレス。鬼監督ビエルサの下、快進撃を見せるマルセイユ。群雄割拠のリーグ・アンが熱い!

プレシーズンではパリSGの1強と見られていたリーグ・アン。しかし、11節を終えてマルセイユが首位に立つなど混戦状態となっている。その原動力となっているのがマルセロ・ビエルサ監督が採用した3-3-3-1システムだ。

EURO開催国フランス、予選免除で親善試合も貴重な「実戦」。ゴール量産中のジニャックは2年後の本大会でも輝けるか

EURO開催国フランス、予選免除で親善試合も貴重な「実戦」。ゴール量産中のジニャックは2年後の本大会でも輝けるか

2016年の欧州選手権(EURO)はフランスで開催される。親善試合をこなしながら、レ・ブルーはどこまでチーム力を上げられるか。そして、国民の視線は一人のストライカーに注がれている。

「ダメチーム」から「ドリームチーム」へ。イブラ不在のPSG、今季不調もバルサ撃破で一気に格上げ

「ダメチーム」から「ドリームチーム」へ。イブラ不在のPSG、今季不調もバルサ撃破で一気に格上げ

チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節、PSGはホームでバルセロナを3-2で破った。リーグ戦は低調なスタートとなり、ズラタン・イブラヒモビッチも負傷離脱というなかでの金星に地元でも驚きの声が上がっている。

20140529deschamps_getty

もはやリベリーは必要ない? 若手中心でリスタートしたフランス代表。「ポグバマニア」なる熱狂的ファンも

2年後の自国開催となるユーロへ予選なしで挑むフランス代表。若手の力で8強入りを果たしたブラジルW杯では大きな可能性を示したが、親善試合のみというハンデを乗り切るため、デシャン監督は更なる底上げに着手している。

バスティアFWブランドンの“頭突き事件”。被害者となったPSGモッタの行き過ぎた挑発が原因か?

バスティアFWブランドンの“頭突き事件”。被害者となったPSGモッタの行き過ぎた挑発が原因か?

フランス・リーグアン第2節で起こった“お騒がせ事件”。バスティアのブランドンがPSGのチアゴ・モッタに試合後のトンネル内で頭突きをかましてしまった。なぜブランドンはこのような行為に至ったのだろうか?

PSGの独走に待ったをかけるのはマルセイユか。フランスに活気をもたらす狂気の男、ビエルサ

PSGの独走に待ったをかけるのはマルセイユか。フランスに活気をもたらす狂気の男、ビエルサ

他のビッグリーグより一足早く開幕したリーグアン。優勝候補は今季もパリ・サンジェルマンだが、注目はマルセイユだ。昨季は6位と落ち込んだが、今季はビエルサ新監督を招聘。狂気と言われる男の色が早くも出始めている。

20140727_james_getty

モナコは既に操り人形状態に。世界一の代理人が仕掛けたハメス・ロドリゲスの売却と今後の企み

今夏、もっとも高額での移籍となったハメス・ロドリゲス。ビッグディールが成立したのはサッカー界を牛耳る代理人の暗躍があった。モナコのフロントに入り込み、新シーズンに何を仕掛けようとしているのか?

新着記事

↑top