小川由紀子

学生時代からブリティッシュロックを愛好し、1992年に渡英。音楽三昧のロンドン生活の傍ら、人々の生活や文化に深く根付いたフットボールに魅せられ、1996年の欧州選手権開催に盛り上がる中、フットボール取材を開始。サッカー界が金満ワールドに染まりきる前の、古き良き時代の最後の名残を慈しむ。その後フランスに渡り、現在はパリを拠点に、フランスリーグを中心とした欧州サッカーやバスケットボール、自転車ロードレースなどの取材、執筆に勤しむ。

20140529deschamps_getty

もはやリベリーは必要ない? 若手中心でリスタートしたフランス代表。「ポグバマニア」なる熱狂的ファンも

2年後の自国開催となるユーロへ予選なしで挑むフランス代表。若手の力で8強入りを果たしたブラジルW杯では大きな可能性を示したが、親善試合のみというハンデを乗り切るため、デシャン監督は更なる底上げに着手している。

バスティアFWブランドンの“頭突き事件”。被害者となったPSGモッタの行き過ぎた挑発が原因か?

バスティアFWブランドンの“頭突き事件”。被害者となったPSGモッタの行き過ぎた挑発が原因か?

フランス・リーグアン第2節で起こった“お騒がせ事件”。バスティアのブランドンがPSGのチアゴ・モッタに試合後のトンネル内で頭突きをかましてしまった。なぜブランドンはこのような行為に至ったのだろうか?

PSGの独走に待ったをかけるのはマルセイユか。フランスに活気をもたらす狂気の男、ビエルサ

PSGの独走に待ったをかけるのはマルセイユか。フランスに活気をもたらす狂気の男、ビエルサ

他のビッグリーグより一足早く開幕したリーグアン。優勝候補は今季もパリ・サンジェルマンだが、注目はマルセイユだ。昨季は6位と落ち込んだが、今季はビエルサ新監督を招聘。狂気と言われる男の色が早くも出始めている。

20140727_james_getty

モナコは既に操り人形状態に。世界一の代理人が仕掛けたハメス・ロドリゲスの売却と今後の企み

今夏、もっとも高額での移籍となったハメス・ロドリゲス。ビッグディールが成立したのはサッカー界を牛耳る代理人の暗躍があった。モナコのフロントに入り込み、新シーズンに何を仕掛けようとしているのか?

20140706_vi

「我らのデビルズを誇りに思う」。ベスト8敗退も愛ある言葉で溢れるベルギー。「アドベンチャーは始まったばかり」

アルゼンチンに敗れ、ベスト8で散ったベルギー。国内メディアやファンからは、チームの奮闘に満足し、将来への期待を抱く声が溢れている。2年後のユーロへ向けて大きな成果を手にした。

20140705_bem

『レ・ブルーは人々のハートをつかんだ』。ドイツに敗戦も将来への光が見えたフランス。「98年W杯を、2年後のユーロで再現できる!」

ドイツに0-1で敗れ、ベスト8で大会を去ったフランス。82年大会のリベンジを果たすことは出来なかったが、若手中心のチームは将来への希望を残した。

20140705_bel

熱狂のベルギー、なんと教会ミサも中止。アルゼンチンへ過剰な警戒なし「俺たちにはアザールがいる」

ベスト8進出にベルギーは熱狂している。教会のミサも中止にし、国民をあげて応援している。勝っても負けてもお祭りだ。選手たちも過剰な警戒心はない。自信を持ってアルゼンチン戦に臨むようだ。

“因縁”のフランス対ドイツ。フランス人の記憶に残る82年大会の暗い過去。若きレ・ブルーはトラウマ克服なるか

“因縁”のフランス対ドイツ。フランス人の記憶に残る82年大会の暗い過去。若きレ・ブルーはトラウマ克服なるか

日本時間5日午前1時にキックオフとなるフランス対ドイツ。フランスにとって、ドイツとのW杯の対戦は“因縁”をもって伝えられている。1982年スペイン大会で起こった暗い過去とは? 

「歴史はふたたび動き出した」。98年の再現なるか? 采配光るデシャン監督のもと、南ア大会の悪夢消し去るフランス

「歴史はふたたび動き出した」。98年の再現なるか? 采配光るデシャン監督のもと、南ア大会の悪夢消し去るフランス

ナイジェリアを破ってベスト8入りを果たしたフランス。南アフリカ大会で醜態を晒したチームに対して関心を失っていたフランス国民も98年以来の優勝へ期待を高めている。

パリ祭パレードの日程変更も? 「優勝」の2文字がちらつき始めたフランス。一方で“ビギナーズラック”への不安も

パリ祭パレードの日程変更も? 「優勝」の2文字がちらつき始めたフランス。一方で“ビギナーズラック”への不安も

日本時間7月1日午前1時にキックオフとなるフランス対ナイジェリア。グループリーグの順調な戦いぶりから優勝への期待も高まるフランスだが、一方で若いチームに不安の声もある。

好調のフランス。メディアは過熱、選手は冷静、ファンの意見は割れる。ベスト16での勝利、約半分は悲観的

好調のフランス。メディアは過熱、選手は冷静、ファンの意見は割れる。ベスト16での勝利、約半分は悲観的

エクアドルに引き分けたが、グループを1位で突破したフランス。過熱するメディアをよそに選手たちは冷静にとらえている。面白いのはファンの反応だ。好調なチームだが、ナイジェリア戦に向けては約半分が「勝てない」と思っている。

話題の中心はコロンビア。引き立て役に過ぎなかった日本。フランス人の認識は“駄目プレーの代名詞=日本人”

話題の中心はコロンビア。引き立て役に過ぎなかった日本。フランス人の認識は“駄目プレーの代名詞=日本人”

日本対コロンビアの一戦はフランスでは、あまり関心を呼ばなかったようだ。特に日本は引き立て役に過ぎず、話題の中心はコロンビア。彼の国がどのような認識なのかを思い知らされたW杯だった。

20140622_de

「クラクラする!」。2連勝のフランス、国内は歓喜ムード一色。レ・ブルーを取り巻く環境に見られる“変化”

スイスに5-2と快勝したフランス。メディアや国民からはポジティブな声が聞こえる。数年前、殺伐とした空気で批判ばかりされていたレ・ブルーとは大違いだ。長く地下にいるようだった代表は変わりつつある。

20140622_okubo

フランスメディアが見た日本。皮肉たっぷりの評価。「寝てしまった方、ご安心を。何も見逃していません」

フランスによる日本対ギリシャの評価は実に厳しいものだった。「つまらない」「記憶にない」などの声が並ぶ。ポゼッションで上回った日本に対しては、「活かしきれていない」と指摘されている。

意外とゲンを担ぐフランス。3-0、エース・ベンゼマの活躍に国内は超ポジティブな空気

意外とゲンを担ぐフランス。3-0、エース・ベンゼマの活躍に国内は超ポジティブな空気

W杯初戦でホンジュラスを下し、順調な滑り出しを切ったフランス。国内はポジティブな空気が蔓延している。それは3-0というスコア。そしてベンゼマという絶対的エースの活躍によるものだ。この国は意外とゲンを担ぐ。

新着記事

↑top