小澤一郎

1977年9月1日生まれ、京都市出身。早稲田大学卒。スペインでサッカージャーナリストとしての活動を開始し、2010年3月に帰国。日本とスペインの両国で育成年代の指導経験があり、現場視点からの執筆を得意とする。著書に『スペインサッカーの神髄』(サッカー小僧新書)、『サッカー選手の正しい売り方 移籍ビジネスで儲ける欧州のクラブ、儲けられない日本のクラブ』(カンゼン)、Twitterのアドレスは@ichiroozawa。有料メールマガジン『小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」』も好評配信中。

ネグレド、トーレス、ジョレンテ、ビジャ……豊富なFWの駒を揃えるスペイン代表。スペインと日本の違いから見るストライカーの育成法とは?

ネグレド、トーレス、ジョレンテ、ビジャ……豊富なFWの駒を揃えるスペイン代表。スペインと日本の違いから見るストライカーの育成法とは?

5月13日に発表となったブラジルW杯スペイン代表のメンバーには、6人のFWが選出された。ビジャ、トーレス、ジョレンテなど様々なタイプのストライカーが名を連ねるスペイン代表。そこで今回は、そのスペインではどのようにして「ゴールを決められる選手」を育成しているのか。『サッカーの新しい教科書』の著者・坪井健太郎氏にお聞きした、スペイン独自の育成術をご紹介します。

【検証】移籍金ビジネス。代理人に聞く、Jクラブが選手の“売って”儲ける方法

【検証】移籍金ビジネス。代理人に聞く、Jクラブが選手の“売って”儲ける方法

契約満了の選手が移籍する際には移籍金が発生しないFIFAルールがJリーグでも2009年から採用されている。導入から5年目となる今日、Jクラブはこのルールにどのように対応しているのか。多数の選手のエージェントを務める稲川朝弘氏へインタビューを敢行した。

20140415_balcerona_yamakaz

バルサ移籍禁止処分問題。無効化されるグレーゾーン、久保君らスペイン在住の日本人選手に与える影響

バルセロナに科された移籍禁止処分。FIFA規約のグレーゾーンで認めてきたスペインサッカー界だが、今回の処分でドラスティックに変わることが既定路線となっている。久保健英君らスペイン在住の日本人選手に与える影響とは?

20140322_esp

連覇の確率は70%、3つの要素で読む王者の戦術。スペイン代表が仕掛ける“二重の嘘”とは?

2014年W杯で戦術のトレンドは変わるのか? バルセロナが栄華を極めた時流に乗り、最先端となっているスペイン代表の戦術について、この国で指導者を務める坪井健太郎氏に解説してもらった。

バルサは伝統を捨てたのか? 経営面から見る胸スポンサーを導入せざるを得なかった理由

バルサは伝統を捨てたのか? 経営面から見る胸スポンサーを導入せざるを得なかった理由

2006年、バルサ100年以上の誇りに終止符が打たれた。ユニフォームの胸部分に初めてロゴが入れられたのだ。今やバルサの経営に欠かせない収入源となった胸スポンサーから、バルサの経営に迫る。

魔法のサッカーコーチング

畑喜美夫×幸野健一 両氏が語る、いまサッカー界の育成に必要なこと -“選手が主役”の指導法「ボトムアップ理論」が子どもの自立を促す!

体罰や暴力問題のない世界で、子どもたちが主体的になって、「個」と「組織力」を伸ばしていく育成。こういった育成は、子どもたちの“自立”を伸ばすことにつながるといわれる。今回は、それを数十年前から提唱し続けてきたお二人に話を聞いた。

ひとりは、先日発刊された『子どもが自ら考えて行動する力を引き出す 魔法のサッカーコーチング ボトムアップ理論で自立心を養う』の著者で、安芸南高校サッカー部監督の畑喜美夫氏。もうひとりはJリーガー・幸野志有人選手(現・V・ファーレン長崎)の父としても知られ、サッカー界の育成における問題を解決すべくサッカー・コンサルタントとして活動する幸野健一氏。両氏の言葉に耳を傾けたい。

20130916_saito

齋藤学の成長曲線――横浜F・マリノス期待の若手が語るJ1優勝への視座

7月の東アジア杯で見事なゴールを決め、輝かしいA代表デビューを飾った齋藤学。横浜F・マリノスで中村俊輔らベテラン勢に囲まれながらもスタメンの座を勝ち取った23歳が、今シーズンJ1優勝のために必要なことを語ってくれた。

20130829_kubo

バルサの下部組織に所属する久保健英君。大きく成長した“2つの要素”に迫る

海外の強豪チームを招いて行われた『U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013』で、FCバルセロナに所属する久保健英君が見事な活躍を見せた。大きく成長を遂げた“2つの要素”とは?

CEサバデルに移籍した田邉草民 レギュラー奪取のために必要とされる要素は?

CEサバデルに移籍した田邉草民 レギュラー奪取のために必要とされる要素は?

日本人オーナーとなったスペイン2部・CEサバデルに、FC東京の田邉草民が移籍した。田邊は技術的に高いレベルの選手だが、現状ではレギュラー奪取は難しそうだ。その理由とは?

“ネイマールフィーバー”に沸くバルセロナに学べ! 日本の報道に足りないストーブリーグを盛り上げる姿勢

“ネイマールフィーバー”に沸くバルセロナに学べ! 日本の報道に足りないストーブリーグを盛り上げる姿勢

ネイマールのバルセロナへの移籍が決定した。現地では相当な盛り上がりを見せているが、フィーバーを狙っている節もある。日本では、ストーブリーグにはサッカーの話題が少なくなってしまう。移籍報道のあり方などまだまだ欧州に足りない点は多い。

20130511_mou

モウリーニョの挑発行動から見えた『モウリーニョvsカシージャス』の結末は?

CL準決勝でドルトムントに敗れたレアル・マドリード。その後、モウリーニョ監督が引き起こした内戦が激化している。その顛末を追い、そこに到った理由を探る。

「余命5年」 “ 死”に近づくリーガ・エスパニョーラ

「余命5年」 “ 死”に近づくリーガ・エスパニョーラ

不健全なクラブ経営は、リーガ・エスパニョーラの「寿命」を縮めている。
増え続けるクラブの負債、300名を超す選手への給与未払い。
経営破綻寸前のクラブを抱えるリーガはこれからも存続し続けられるのか?
バルセロナ大学経済学部教授であり、国内の複数クラブの経営アドバイザーを務めるホセ・マリア・ガイ氏がリーガの現状と未来について語る。

鈴木政一監督率いるU-18日本代表を見る上で、必要な物差しとは?

鈴木政一監督率いるU-18日本代表を見る上で、必要な物差しとは?

3大会連続でW-20ワールドカップ出場を逃している日本。2015年のU-20W杯出場を目指し、U-18代表監督にジュビロ磐田で黄金期を築いた鈴木政一氏が就任した。鈴木監督の目指すチーム作りと、アンダーカテゴリ代表に求められる役割に迫る。

優秀な若手がJリーグに来なくなる? TC請求権とは何か?

優秀な若手がJリーグに来なくなる? TC請求権とは何か?

FIFAの移籍規則に記載されている、23歳以下の選手に対するTC(トレーニングコンペンセーション)の支払義務。一方Jリーグはローカルルールで運用されている。両者を比較すると育成機関に入る金額に大きな差がある。このトレーニングコンペンセーションを分析する。

サッカーの現場に体罰はあるのか?『小澤一郎の育成指導をさぐる旅』

サッカーの現場に体罰はあるのか?『小澤一郎の育成指導をさぐる旅』

『ジュニアサッカーを応援しよう』誌上で小澤一郎氏がレポートしている「育成指導を探る旅」。今回は、JFAが示した「サッカーの指導現場において、今後一切の暴力を根絶する」をテーマに、指導現場における暴力について考えていく。

新着記事

FChan TV

↑top